それを嫌いになれないから

音楽、芝居、文学、自分が楽しめることを綴る場所

私が娯楽を楽しむためのジャニヲタセブンルール

 面白い記事を発見しました。

moarh.hatenablog.jp

 以前から好きでよく拝見しているあややid:moarh)さんの記事です。ジャニヲタのセブンルール、面白い。録画で1.3倍速再生(RULE1)や好きな気持ちをお金で解決する(RULE6)など共感するところも多々ありました。「行かずに後悔より行って後悔」(RULE4)や「アイドルを生活の中心に置かない」(RULE7)も似たようなことを私も最近考えていたので、なるほどなと思いました。一方で私は違うかなというところももちろんあって、それもひっくるめて興味深く、自分ならどうだろうと考えてみました。

 嵐から始まり関ジャニ∞、関西ジャニーズJr.、浜中文一ジャニーズWEST、NEWS、その他のジャニーズも応援してきて、ジャニヲタ歴もそろそろ10年。お金も時間もあまり自由の効かない学生ジャニヲタが培った楽しく効率よくジャニヲタを続けるためのルールを切り取りました。御本家の番組も見たことないしパワーポイントも使えませんが見よう見真似でやってみます。

 

RULE1:テレビ番組は見たいものだけ見る

 毎日レギュラー番組のあるタレントたち。ゲスト出演も含めてそのすべてを追いかけるには時間がかかります。1.3倍速再生は当たり前。それでも録画はたまっていく一方。それに振り回されている自分が情けなくてすべてを追いかけるのはやめました。好きな番組だけ見ます。自動録画で色々録画されますが半分くらい見ずに削除しています。好きなものがジャニーズばかりではない私には、それくらいの割り切りがないと続きません。雑誌なんかも同じで、気になったときだけ買うようにしています。

 その代わりと言ってはなんですがラジオ番組は割と聞いています。耳だけなので移動中や作業中でも聴けますし、生放送も多くてテレビよりもリアルタイムな情報が入るので重宝しています。まあ、単純にラジオのほうが好きってだけなんですけどね。自分に合ったメディアの使い方が大切です。

 

RULE2:現場はネタバレレポで予習

 これは一回の公演を最大限に楽しむための方法です。中学生の時初めて関ジャニ∞のライブに行きましたが、お金もなく田舎だったので会場は遠い上に交通手段もない。勝手に行くわけにもいかず親に頼んで連れて行ってもらいました。このスタイルが高校時代も続きます。だから基本的にひとつのツアーで行けるのは一公演。その一公演で思う存分楽しむためには曲の予習はもちろん、どこでどんなことが起こるかを知っていないと大事なシーンを見逃す可能性があり、それが私は嫌なのです。

 昨年、試しにネタバレなしで行ってみて、確かに初見の衝撃や感動も素晴らしいものがあるなとは感じました。しかし終わってみたら興奮しすぎて記憶がない。後でレポを見たら見逃しているポイントも多々あり、そのことにひどく後悔しました。ネタバレを見て行っても初見と同じくらい感動して騒げるので、やはり私にはネタバレは必要だなと思いました。

 比較的自由になった今でも基本は同じものを何公演も観ることはないので、ライブやコンサートはもちろん舞台でもなるべくストーリーは頭に入れてから観に行くようにしています。

 

RULE3:正しく金を使う

 ジャニーズに限らずですが好きなものには正当な方法で代金を払いたいです。一番は新曲を必ず買うこと。何種類も買わなくていいからまず一枚。CDが買えないならダウンロードかレンタルでもいい。とにかくネットの違法動画やアプリで満足せず、作っている側にお金が入るようにしたいです。でないと音楽業界が廃れてしまいます。音楽だけでなく本も映画も然りです。

 中古屋も本当はよくないですよね。私もよく利用していますが、中古屋の利益は制作側には入らない。でも自分の財布事情もありますので、せめて新作はきちんと買う。新作の売り上げが次の作品に繋がるわけですから、とにかく好きなものの新作は買って私はこの作品が好きだということをきちんと形に表して伝えたいと思っています。過去の作品もできる限りレンタルなど金が入る方法をとる。それでも手に入らないものは中古屋でという妥協案です。それが正しく金を使う。

 

RULE4:物よりも記憶

 RULE3にも通じることですが金にも限りがあります。特にジャニーズはグッズだけでも魅力的でついつい欲しくなってしまいます。でも金がない。そこで私はライブや舞台などの体験に金を払うことを優先しています。

 大学生というのは時間はあるくせに金がない。でも社会人になれば金の自由は増えるでしょう。物はいつでも買えるけど(そうでないものもありますが)、ライブや舞台はその時しかない。そして今時間がある。だったら今は時間を有意義に使おうと思い、ライブや舞台に金をつぎ込んでいます。だからグッズもあまり買えていませんしCDも最近は一種類のみの購入ですが、現場に足を運べることにとても満足しています。

 

RULE5:思いは本人に確実に届ける

 ネット上に思いの丈を並べ立てる人がいます。私もブログを書いていますし、少し前まではジャニーズ用のTwitterアカウントを持っていました。でもネット上でいくら褒めても、それが必ずしも本人に届くとは限りません。意見や批評も同じです。ブログやTwitterはあくまで自己満足のため、同志と思いを共有するためのもので、タレントや制作側に思いを伝えるものではないという意識の元、良かったことはなるべく本人に伝わる手段で伝えるように心がけています。

 一番いい方法はファンレター。番組の意見投稿や、舞台などではアンケートの記入。それからラジオ番組のメール投稿が結構有効です。採用されることが前提とはなりますが、採用されれば確実に思いが本人に伝わりますし、伝わったことを自分の耳で確認できます。私も何度か感想メールが採用されて、本人のコメントももらえました。自分の思いが伝わったこと、それに対して本人のリアクションが聞けるというのはやはり嬉しいものです。

 

RULE6:裏事情は気にしない

 最近ジャニーズもいろいろと問題が多くて大変ですが、これらに毎度毎度一喜一憂していたら精神が持ちません。事務所や本人から説明があるならまだしも、根も葉もない噂を相手にしていると馬鹿みたいに思えてきます。

 だから事務所の派閥とかメンバーの仲とか業界での評判とかタレントの私生活とか、そういった裏事情は気にしないようにしています。タレントが今メディアやステージの上で見せる姿がすべてだと思ってそれを信じる。本人が発信しているものを好きか嫌いか、それだけでいいんじゃないかなと思います。

 今はTwitterをやめて情報源は専ら公式サイトからなので、テレビで取り上げられない限り週刊誌の話題なんかはあまり目に入りませんし、他人の憶測や悪口なんかも見えないので、快適なジャニヲタライフを過ごしています。

 

RULE7:自分が楽しめることが第一

 これまでのルールすべてに通じることですが、結局のところジャニーズは娯楽です。ジャニーズ以外に好きな音楽も芝居も文学もすべて娯楽です。「好き」が行き過ぎるとどうしても「見なければいけない」「買わなければいけない」と義務になりがちで、私も前はそうでした。でも所詮は娯楽なのだから無理にすることなんかないし、自分が楽しめることが一番なわけです。

 今ある金と時間で最大限に楽しむ。余計の情報はシャットアウト、苦手なものは無理して見ない、好きなところだけを信じて、好きなものだけをかいつまんで、自分が楽しめればそれでいい。楽しければその思いを言葉や形にして伝えればいい。そうしたらまた好きなものが生み出される。それがエンターテイメントの世界。今ではこれを一番の信念にしています。

 

私のジャニヲタセブンルール

 以上が私のセブンルールです。最近はジャニーズ以外でも、高橋優さんやレキシさんやグループ魂さんなど様々な音楽を聴きますし、フェスにも行きますし、舞台や映画も見ますし、本も読みますし、とにかく好きなものが多いです。そして悉く金と時間がかかる。だからジャニーズに限らずエンターテイメント全般において、好きなものをいかに楽しむかということを突き詰めていった結果こうなりました。せっかくの娯楽、楽しまなきゃ損ですから。

 とは言っても人それぞれですから、少しでも共感してくださる方がいれば嬉しい限りです。

 

 ところで、はてなブログ自体にはハッシュタグ機能は付いていませんよね?あややさんの記事のタイトルにあるハッシュタグTwitter用ということでしょうか。ブログにコメントができなくて、私がTwitterをやめているものですからコンタクトの取りようがなく(いや、私が労力をサボってるだけで本気で取ろうと思えば取れるわけですが)、無断で記事の貼付、引用、紹介をし、そしてパクってしまったこと、お詫びします。申し訳ありません。もしご本人様の目に留まり、問題があるようでしたらお申し付けください。

 

 以下、参考までに、上記のルールに関連する過去の記事です。良かったら読んでいってください。

〇初めてネタバレなしでライブを観た感想について

sky8ekj.hatenablog.com

Twitterとの付き合い方と快適なジャニヲタライフについて

sky8ekj.hatenablog.com