それを嫌いになれないから

音楽、芝居、文学、自分が楽しめることを綴る場所

初めて見たレキシ稲穂の海 @METROCK大阪2018

 2018年5月19日と20日、大阪堺市の海とのふれあい広場にて開催された『OSAKA METROCK2018』に参加してきました。まだまだフェス初心者でメトロックは初参加でしたが、とても楽しかったです。

 これは一応都市型フェスに分類されるのでしょうか。堺駅まではアクセスがいいし、駅からはシャトルバスがひっきりなしに出ていて、感じ方は人それぞれですが私はスムーズに感じていて非常にストレスフリーでした。

 今回、このメトロックに参加した理由は主に2つ。1つは単純にフェスというものに参加したかったということ。会場も近く、JポップやJロックが好きな私には最適なフェスでした。そしてもう1つはもちろん出演アーティスト。今回、主に見たかったのはキュウソネコカミ岡崎体育ゲスの極み乙女。、そしてレキシでした。体育さん以外は今回初めて見ました。

 

メトロック大阪1日目

 まずトップバッターだったキュウソネコカミ。会場に着いた時点ですでに多くの人が集まっていたBAY FIELD。メトロックもキュウソも初めてで着いたばかりということもあり、少しビビって後ろの方で観ました。今思えば、もっと前に行けばよかったなと後悔しています。しかし、それでも存分に楽しむことができました。「MEGA SHAKE IT」での掴みはバッチリで、好きな曲もたくさん聴けて、新曲「The Band」も聴けて、初っ端から弾けまくって本当に楽しかったです。次の機会にはもう少し前に行ってみようかな。セイヤさんを支える自信はないけど(笑)

 次に行ったのはGREEN HILL、岡崎体育さんです。体育さんは昨年の昨年のフェスで初めて見ました。楽しいことは間違いないので前のほうに行きました。OPで「今日は何できた?阪神?阪急?JR?俺は宇治から近鉄」みたいなこと歌っていていきなり大笑い。みんなで足踏みして飛んで踊って「うんぱっぱのぶんぶん」やって、びっくりするほど短い持ち時間でしたが、とても楽しかったです。

 その後はエレファントカシマシへ。とてもかっこよかった。エレカシを生で聴ける日が来るとは。感動でした。この辺りから(というか一日中)寒くて、温かいものを求めて歩き回っている時にNulbarichを少し聴いたのかな。綺麗な音楽で少し気になりました。それからトリのback numberへ。帰りのことを考えて5~6曲聴いて途中で抜けてしまったのですが、さすがの盛り上がりで凄かったです。バスに並んでいると「青い春」が聴こえてきて悔しかったのですが、「高嶺の花子さん」や「MOTTO」は聴けたので大満足で一日目は終了しました。

 

メトロック大阪2日目

 2日目は早めに会場に到着したので、まずグッズの購入に向かいました。目当てはレキシ。他の列に比べるとまだ空いていたのですが、私が並んだ後くらいから列がどんどん長くなる。早めに行って本当に良かったです。買うのはやはり稲穂!思ったより長くてしっかりした作りでビックリしたのですが、並んでいるときから稲穂を持った方々が戻ってくる光景は音楽フェスとは思えない面白さですね。鞄から稲穂が生えていたり、腰から吊るされていたり、一日中稲穂が溢れていました。

 まずBAY FEILDでKANA-BOONを鑑賞。そういえば前説の弘中アナ可愛かったなあ。「フルドライブ」をバンドでコピーしたことがあったので本物は最高でした。続いてKEY TALKも観ました。こちらは全く曲を知らなかったのですが、最後の曲なんて言うんだろう(「MONATER DANCE」ですかね?)とても楽しかったです。それから会場内をウロウロしているときにNeighbors Complainを少し見ましたが、ちょっと気になりました。フェスは、知らないけどいいなと思えるバンドに出会えるのが楽しいですね。

 さて、ここからは私のお目当てが怒涛の登場。まずはゲスの極み乙女。を観に行きました。色々あった話をネタにしていましたが、音楽に罪はないのでね。ちゃんMARIさんがとても可愛かった。あんなに可愛いのにキーボード弾いたらめちゃくちゃかっこいいっていうギャップにやられますね。勢いで割と前のほうまで行ってしかも下手側にいたので、ちゃんMARIさんガン見状態でした。最近の曲はあまり聴けていなかったのですが、以前の曲をたくさん聴けたので楽しかったです。「キラーボール」は本当に最高でした。ちゃんMARIさんかっこいい。

 その後はGREEN HILLへ。never young beachはガッツリ知っているわけではなかったのですが、気になっていたので観れるものは観ておけ、ということで行きました。レトロな雰囲気漂うサウンドにボーカル安部さんの声が心地よく、傾き始めた日が少し暑かったのですが、それさえもネバヤンのイメージに合っているような気がして、聴けて良かったと思いました。

 そしてついに大本命レキシです。BAY FIELDのステージに幟が上がると、暇だったこともあって1時間近く前から待機していました。そのおかげで信じられないくらい前にいたのですが、次々と集まってくる人に若干ビビりました。そしてその大半が稲穂を手にしていることにも。池田さんのキーボードのサウンドチェックに興奮しながら(別に本人いませんけどなんか湧きません?)、稲穂の手入れをしながら待ちます。

 そしてついに鳴り響く法螺貝とともにレキシ登場。初めてのレキシです。もう大興奮。一斉に稲穂が天にそびえ立ち「まだ早い」とお叱りを受けました。「稲穂持ってる奴がおかしい」ってそりゃ無いよ(笑)「KMTR645」でイルカとともにキュキュキューと一気に大盛り上がり。「KATOKU」ではダサく拳を突き上げ「SHIKIBU」ではブンブンと唱和。曲中も曲間も常に面白い池田さん。

 ついに稲穂の出番「狩りから稲作へ」で一斉に実り始める稲穂。曲中には西城秀樹さんを追悼し「ギャランドゥ」を稲穂に夢中~と替え歌。稲穂を持っていない人は手でやるんだよ→手稲→ていね~ていね~丁寧に~という流れで本日の大トリであるサカナクションの「新宝島」になるとバンドメンバーがノリノリでイントロを始め「やめなさい」と言いながらも歌うレキシクション。最高でした。「同じビクターだから追い出される。インディーズになっちゃう。カクバリズムとか...」とどんどん無茶苦茶なことを言い出す池田さんに大笑いしました。

 稲穂で最高に盛り上がると次に始まったのは「salt&stone」これまた大興奮。そして最後は「きらきら武士」で見事な青空のもと武士コール。池田さんのキーボードもキレッキレで最高にかっこよかったです。本当にずっと楽しくてずっと笑っていました。大満足でした。

 レキシの興奮冷めやらぬまま急いで移動してsumikaを観に行きました。昨年の他のフェスで観たときから気になっていたので予習のつもりで聴いていたらすっかりハマっていました。生で聴ける喜びが大きかったです。綺麗なサウンドで優しい音楽が多いイメージですが「ペルソナプロムナード」はとてもかっこよかったです。GREEN HILLのトリだったこともありアンコールが湧いていましたが、メンバーが登場して、演奏はできないとわざわざ説明してくれたことに優しさを感じました。

 そしてメトロック大阪の大トリ、サカナクションです。サカナクション凄いの一言です。前日同様途中で抜けたせいで「新宝島」を聴けなかったのは残念でしたが、最後に素晴らしい音楽を聴いて、私のメトロックは幕を閉じました。

 

 初めてのメトロック、初めて見るアーティストばかりで、とても新鮮で思う存分に楽しみました。行くまでは2日も野外で私は生きていけるのかとか、ワンマンのほうが好きなんじゃないかとか、いろいろと心配なこともありましたが、フェスやっぱり楽しかったです。来年も絶対行くと思います。ってか行きたいです。本当に最高な時間でした。