それを嫌いになれないから

音楽、芝居、文学、自分が楽しめることを綴る場所

映画『blank13』を見ました。

 映画『blank13』を鑑賞しました。監督・齊藤工、主演・高橋一生の映画です。

 全体的にとても静かな映画でした。回想シーンも葬式のシーンも主人公のコウジ(高橋一生)は大きく感情を顕にする様子もなく、他の登場人物も基本的には静かでした。特に会話があるわけでもなく、すべてが淡々と描かれる。コウジと父親(リリー・フランキー)の再開のシーンもこれといって言葉を交わすわけではなく、沈黙が多い。これこそまさに、現実の日常を切り取ったというような画でした。だからこそ、借金取りの声には迫力があったし、兄(斎藤工)がキレたシーンは失踪した父に対する家族の唯一の叫びで、とても切なく感じました。

 静かな家族に対して、葬式の参列者が亡き父との思い出を語る様子は賑やかで、家族が静かに苦しんでいた13年間に対して、父の13年間は賑やかなものだったように思われました。それが対比的に描かれながらも、そんな父も、失踪したことに罪の意識は感じていたようで、作文を大切に持っていたというシーンは唯一救いでした。最後のコウジの言葉が重く響きました。嫌いだけど、償いを歌ったり作文を大切にしていてよかったと。コウジはどこかで父のことを信じていたんでしょう。信じてよかった父だと思ったから、少し悲しいと感じたのでしょう。13年間苦しんで、父を憎んできた彼にとって、父の死を悲しいと感じられたことは、幸福なことだったのではないでしょうか。

 1時間ちょっとという長くはない映画(もともと短編映画の予定だったとか)ですが、その中に、現在と過去が描かれ、濃密な映画でした。面白いのが、ずっとコウジ目線の映画なので回想シーンはコウジのいる時間しか描かれないし、失踪していた13年間の父親の様子は参列者の言葉でしか語られません。彼のいないところで、兄や母(神野三鈴)がどう思っていたか、参列者の言うこと以外に父が何をしていたか、観客にも分かりません。コウジが感じたものがすべて。観客としては、ほぼ完全にコウジ目線で見ることができ、本当はどうだったかとかを考えずに、コウジの気持ちに寄り添うことができました。

 最初の火葬についての描写は、考えさせられました。「人間は火葬する唯一の動物」確かになと思いました。埋葬自体、人間しかしないと思いますが、土葬はあまりしないよなと。蝉を焼いているのはなんだか違和感でした。そんな哲学的なことも投げかけながら、葬式のシーンはコメディタッチで死を重く描かないというギャップ。それでいて、映像や音楽はとても美しく、主題歌『家族の風景』(笹川美和)は優しく物語の世界観になじんでいます。

 コウジが複雑な心境で父親を見送ったように、この映画を見終わった感情も複雑でした。面白かったけど、いろいろ考えさせられたし、一概に感動したというのとは何か違う。しかし、良い映画でした。