それを嫌いになれないから

音楽、芝居、文学、自分が楽しめることを綴る場所

ジャニーズWESTライブツアー WESTival 参戦レポ

 2018年3月28日大阪城ホールにて、ジャニーズWESTのライブツアー『WESTival』に昼の1部と夜の2部の両部とも参戦してきました。

 ジャニーズWESTのライブの何が良かったって一緒に楽しめること。「観る」とか「聴く」というより、一緒に「遊ぶ」という感じ。予習不足でも大丈夫。『おーさか 愛・EYE・哀』から始まり、いきなり全力で一緒に踊っていました。『PARA!PARA!チャーハン』も気づけばノリノリで踊れていました。『関ジャニ∞村上信五ジャニーズWEST桐山照史中間淳太のレコメン』内で生まれた桐山照史さんのコール&レスポンス「わんは元気ぞ!うぬは?」「元気ぞ!」を一緒にできたのは嬉しかったです。映像や執事のゲームコーナー、MCでは面白要素満載で終始笑っていられました。藤子(藤井流星さん)はめちゃくちゃ可愛いし、濵子(濵田崇裕さん)は面白いし、桐爺(桐山さん)の下ネタには本当に笑わされました。一緒に踊って、歌って、叫んで、笑って、同じ空間で同じように楽しめることが何よりも嬉しかったです。

 もちろん魅せるところもありました。『Evoke』をはじめとするダンス曲はそれまでのおちゃらけモードとは一変して凛々しくかっこいい。『Evoke』前のソロダンスコーナーはまさに魅せるシーン。映像とリンクした動きは美しかったです。特に濵田崇裕さんと重岡大毅さんの照明を操るような動きは感動しました。『PARA!PARA!チャーハン』前の映像もとてもかっこよかったです。笑いとのギャップがあるからこそ、かっこいいところがなおさらかっこよく、その緩急が心地よかったです。

 ユニットは今回とてもいいなと思いました。メンバーと曲の組み合わせも最高。それをライブで見たらその演出でさらに良いものになっていました。特に桐山さんと重岡さんの『乗り越しラブストーリー』は素晴らしかったです。アルバムを聴いているときから曲は気に入っていました。ピアノと三線の組み合わせが意外ながらも、とても調和していて美しいハーモニー。その優しいサウンドに乗せて優しいメロディーで歌われる重岡さんの書いた詞がとにかく素敵。2部の曲前のMCでも話していましたが、重岡さんの言葉のチョイスは面白いながらも、飾らない言葉で耳なじみがよく、とても可愛らしい。その歌詞とサウンドとのバランスが最高でとても好きな一曲です。ライブでは重岡さんがピアノ、桐山さんが三線を生演奏し、弾き語りスタイルでの披露で、この演出もとても好きです。これは1部で話していましたが、重岡さんが泣きそうになりながら、実はずっと桐山さんと楽器を使ってユニット曲をしたいと思っていた、とお話しされていて、技術的には上手いとは言い難いかもしれませんが、お二人が一生懸命演奏している姿が胸に響きました。三線のことはよく分かりませんが、ピアノ経験者としましては、重岡さんのピアノが想像以上にお上手で驚きました。アレンジされた間奏のピアノソロなんて、凄いと思いました。テンポは乱れ気味でしたが、桐山さんの三線がそれにしっかり合わせてくれるので、どこか味があって、結果的にとてもよかったです。2部では、さらにアレンジを加え、アドリブっぽい演奏になっており、演奏している二人が本当に楽しそうで、温かい空気に包まれました。

 1部も2部も外周がとても近く、ジャニーズWESTのメンバーも関西ジャニーズJr.たちも肉眼でしっかり見ることができました。実際に見たらみんな本当にかっこいい。メンバーは割と通過するだけのことが多かったのですが、2部で、『ホルモン~関西に伝わりしダイアモンド~』のラップソロから『アカンLOVE~純情愛やで~』にかけて濵田さんが目の前でした。『ホルモン』の後半から完全にバテて、踊るのをあきらめてる濵田さんがおかしくもあり、愛おしかったです。『アカンLOVE』のアドリブダンスも目の前で見られて幸せでした。Jr.に関しては1部と2部の記憶が混在していますが、Jr.の河下楽くん、奥村颯太くん、岡佑吏くん、道枝駿佑くんが近くでノリノリで踊っていて可愛いなと思いました。1部では末澤誠也さんが、私の前の席の方にファンサービスしていて、自分じゃないのにドキッとしました。林真鳥さんも近くでずっと踊っていた時がありましたが、かっこよかったですね。古謝那伊留さんがいつも反対側で目の前は駆け抜けていくだけなのが残念でしたね。でもJr.コーナーの『Gravity』ではバク宙が見られて感動でした。春松竹で虜になってしまった小島健くんは2部のアンコールで1曲分くらい目の前で踊ってくれて(おそらく)ビバもしてくれて、ますますファンになりそうです。

  公演の最後の「ジャニーズWEST」コールは、重岡さんがマイクを通さず地声で叫ぶのに感動しました。城ホールのサイズだからこそ成せる業。2部ではダブルアンコールまで応えてくださって、師匠(濵田さん)の登場で一本締めを経験でき、最高の締めくくりでした。

 1日に2公演も入らせてもらって本当に贅沢な1日を過ごしました。楽しいライブでした。とりあえず今はずっと『乗り越しラブストーリー』を聴いていますが、また機会があればぜひジャニーズWESTのライブに参戦したいと思います。