それを嫌いになれないから

音楽、芝居、文学、自分が楽しめることを綴る場所

『THE YOUNG LOVE DISCOTHEQUE』に新しい楽しさを感じた

 行ってきました。2018年3月10日。屋良朝幸プロデュースの音楽エンターテイメント『THE YOUNG LOVE DISCOTHEQUE』。

 東京はもっとディスコっぽかったようですが、大阪の会場はサンケイホールブリーゼだったので、気分としては舞台を観に行くような感覚でした。実際は立ち上がって一緒に叫んだり踊ったりして騒いでまるでライブのよう。しかし、「いろんな時代のディスコを旅する」という設定のもと、キャストはその時代の人々に扮したり、ちょっとした小芝居というかほとんどコントのようなやりとりもあったりして、舞台要素も少しばかり入っていました。でも基本はライブかな。ライブだと思って楽しみました。それもジャニーズのライブというよりは、ロックバンドなどのライブ。みんなで手拍子したり腕上げたり、もちろんディスコなので踊ったり。そういう楽しいエンターテイメントでした。

 だから、大阪公演の初日だったこともあり、私も、会場にいる他のみなさんもほとんどが初見で、始まった最初はどうしていいか迷いました。しかし、前説(?)で浜中文一さんがまず出てきて「自由に踊ったりして楽しんで」と言ってくださったことや、手拍子やダンスのレクチャーなどもあり、だんだんとこの空間での楽しみ方が分かってきました。それは私だけでなく、会場全体としてもだんだんとノッてきているのが分かるくらいに、盛り上がっていきました。

 開演前は、DJのU-ICHIさんがジャニーズの曲をいろいろと流してくださるのですが、どれも凄くかっこいい。その後、登場した浜中さんがそれに合わせて田原俊彦さんの『抱きしめてTONIGHT』を歌おうとするのですが、歌い始めると曲を止められます。ここからはもう浜中さんの独壇場です。浜中さんの良さ全開のボケが公演中のいたるところに見られて本当に面白かったです。U-ICHIさんは喋らないのかディスクを擦って返事をします。それがまた面白い。「今日はジャニーズの曲やらないから、俺が歌おうと思った」という浜中さんの言葉でジャニーズの曲は一切なしというのに驚きました。だからこその開演前のジャニーズの曲たちがとてもよいアクセントでした。

 前述のとおり、いろんな時代のディスコを体験するという設定があるので、始めはまず近未来のディスコという設定でした。あくまで設定(屋良さんも自虐的に強調されてました)。腕に巻いている赤いバンダナ。これが時空を越えるアイテムという設定。みんなでこれを天にかざすとミラーボールが光り、1970年代のディスコに変わります。その後1980年代、1990年代と旅をしていきます。

 屋良さん、浜中さん、ラッパーのいつかさんはハンドマイクを持って歌うシーンも多めですが、ダンスもキレッキレで素晴らしかったです。ダンスメインかと思っていたので、歌もしっかりあって少し驚きました。浜中さんのソロがたくさんあるのは嬉しかったです。

 関西ジャニーズJr.の草間リチャード敬太さんのサックスも良かったですね。思ったよ吹けるんだと思った(私、一応吹奏楽経験者)のと、何より彼のビジュアルにサックスはよく似合う。これからもっともっと極めてほしいなと思いました。サックスだけじゃなくて、リチャードさんはこの空間によく合ってました。ハットも似合ってた。そしてダンスが妖艶でかっこよかったです。ジャニーズらしいキラキラアイドルもいいですが、こういうかっこよさが本当によく似合っていていました。かっこよかったです。

 そういえば、大阪公演ということで関西Jr.が数人見学に来ていたそうで、途中屋良さんからそんな話がありました。「リチャード頑張ってるでしょ。Jr.何人か来てるんだよね。末と真鳥と.....あと誰?」(客席から「古謝!」)「古謝!?全然見えない。あとで楽屋来てね。お菓子あげるから」

 浜中さんは全編通して、仕切り役的な立ち位置で、タイムスリップした屋良さんと観客に説明をしていました。これがまあ、仕切りのくせにボケまくるからずっと面白いわけですが。自虐もあれば、普通に弄られるところもあり、完全にお笑い要因です。70年代シーンのダンスレクチャーでは恥ずかしがる客席に対してどんどん切り込み、『YMCA』を『YARA』に(このRのフリが難しい)替え歌。サビは浜中さんの思いつき(なのかな?)替え歌で面白いけど、屋良さんへの愛に溢れていました。最後のメンバー紹介では「世界イケメンランキング第5位」ってもう意味が分かりませんが面白かったです。

 1990年代パートでの浜中さんのソロ曲は浜中さんのための世界という感じでした。MCハマーのような衣装で登場。ゲストパフォーマーchoreOringzの2人(いっぺいさんとゆうすけさん)を呼び寄せ、黒字で「MC浜ぁ」と書かれた白Tを着せてバックダンサーに任命。スクリーンにはカラオケを模したようにタイトル『浜中 in the world』とクレジット「作詞 ともゆき ぶんいち」の文字が。完全にMCハマーのパクリで「センキューJAPAN」を連呼していました。この歌詞がまた可笑しくて。出身は大阪豊中。名付け親は寺のおじゅっさん。マジで卍な名前ありがとう。センキューおじゅっさん。センキュー卍。ジャニーズ入所は1999年。同郷はNEWSの加藤シゲアキ。幼稚園の頃は俺のほうがモテてた。センキューシゲアキ。センキューチャンカパーナ。センキューチュムチュム(ちゃんとチャンカパーナとチュムチュムのダンス取り入れていました)。屋良にやらされた。俺のソロこんなん。バラード歌いたい。でも大好き。みたいな、だいたいこんな感じの歌詞で歌い踊る浜中さん。自己紹介からだんだん自虐に走りプロデュースした先輩をディスり、でも最終的にはそんな屋良さんに愛の告白。腹抱えて笑いました。ぜひ正確な歌詞をどこかでご披露いただきたいです。できることならもう一度聞きたい。それくらい面白かったです。

 でも何が凄いってこれだけ面白い浜中さんですが、めちゃくちゃかっこよかったんです。衣装も髪型も表情も、そして何よりダンスがかっこよかった。歌い踊る浜中さんやはり最高です。これ以上なんと言えばいいのか、もうとにかくかっこよかったです。

 エンドロールでは稽古風景のメイキングのような映像が流れていました。スタッフクレジットが全て流れ終わったあと、その映像が全画面になり、メイキングのように見せかけ、メンバーひとりひとりをアップで映して紹介する映像、粋で素敵でした。最後の屋良さんがカメラに向かってジャニーズっぽい甘い言葉を言おうとすると、先輩に対する言葉とは思えない罵声を浴びせる浜中さんに大笑いしました。

 その後、アンコールもしてくださり、2時間弱の公演でしたが、体感としては3時間くらいしっかりライブしたような疲労感と幸福感を感じました。本当に楽しかったです。この1回限りではなく、ぜひ今後も続いて行ってくれたらいいなと思いました。できることならもう一度あの空間を味わいたい。本当に楽しかったです。屋良さん、ぜひ第2弾お願いします。