それを嫌いになれないから

音楽、芝居、文学、自分が楽しめることを綴る場所

初めての『If or...Ⅹ』に感動 ※千秋楽後に追記あり

 先日2月21日、大阪はサンケイホールブリーゼにて、村上信五さんの一人舞台『If or...Ⅹ』を観劇してきました。村上さんが『If or...』を始めて10年目という節目の公演でしたが、私にとっては初めての『If or...』でした。

 実際に観劇してみて、確かにこれはチケットが取れないのも当たり前だと思いました。大変面白かったです。こんなに楽しい舞台が毎年違う内容で上演されるのですから、そりゃ毎年行きたいわけですよね。私も例に漏れず、早速来年もぜひ行きたいと思ってしまいました。

 『If or...Ⅹ』の舞台は瀬戸内海、村上水軍の村上信衛門の物語。戦いに勝利した村上水軍が船上で宴をしていると海が荒れ始め、コクリュウ黒龍?って事だと思うが)とやらに飲み込まれた信衛門が目を覚ましたのは遥か未来の見慣れぬ浜。ハイテク軍に助けてもらいながらも、アナログ軍に捕まり、海を守るためにハイテク軍と戦うことになった信衛門の物語。一応、中国地方の岡山広島あたりの方言を使っているようでしたが、所々関西弁交じりで、それでも時代劇っぽい言葉で話していました。舞台上にいる村上さんは全編信衛門、その他の登場人物はすべて後ろのモニターに映される映像(の村上さん)でした。冒頭村上水軍の戦いの場面は、敵をスポットライトで見立て、一人で殺陣をする村上さんに、これが一人舞台かと感動していましが、映像(の自分)との芝居、しかも、後半、ハイテク軍の大将と戦う場面では、舞台の一番前に薄い幕が下りてきてそこに映した映像で、実際に舞台上にいる信衛門と映像の敵の対立している様子が、まるでCG映像でも見ているかのようにリアル、繰り出した攻撃波なども大迫力で驚きました。

 ドラえもんのタイムマシーンらしき鉄の船(信衛門曰く)やら、某ゲームの釣りやら、YouTube ならぬWhoTubeやら、ハイテク軍の攻撃のWi-Fi(正式名称は欧陽ウィーフィー)やら、パロディだったり、イマドキのネタだったりを織り交ぜていて小ネタの嵐に終始大笑いしていました。某ゲームの釣りのシーンでは、麺づくりやチョコモナカジャンボ、ハイチュウ、おっとっとなどが釣れて、スポンサーへの配慮も忘れない村上さん。平仮名しか読めないという信衛門が「おっとっと」を読めたときは嬉しかったですね(笑)釣りへ向かう道中は自転車で、まさかの客席登場に驚きましたが、そのまま階段を自転車で下ったいったのにはもっと驚きました。被っていたキャップは遠目からでしたが多分広島カープでしたよね(笑)下った先で、持たせてくれた食糧「ばうむくうへん」を客席で食べ「しっとり」という言葉を初めて使った信衛門には笑いました。信衛門を助けてくれたハイテク軍の女の子はもちろん村上さんの女装なわけですが、可愛いのか気持ち悪いのかよく分からない複雑な感情に見舞われました。WhoTuberとして自撮りしてるのは可愛かったかな。

 しかし、どの場面も面白くて最高でしたが、一番のお気に入りは、村上水軍勝利の歌ですね。アナログ軍に捕まり尋問されているとき、好きな歌を尋ねられ、さらに歌えと言われ、信衛門が歌った歌とは『LOVE&KING』の替え歌。物語の冒頭でパピプペポを連呼する歌が流れているような気がしていたのですが、メロディーが違うし、まさかなと思っていたら、これでした。替え歌なのですが、冒頭「海は広いな大きいな 空は青いなでっかいな」はオリジナルのままで、そのままなのに物語にぴったりハマっていることに笑ってしまいました。「瀬戸内海を股にかけてる(七つの海を股にかけてway)」「そんな俺の名前はね 信衛門(そんな俺のNameはね I'm KING)」「やったんで 漕げ漕げ(Love&Peace To be To be) 勝ったんで 漕げ漕げ(Laugh&King To be To be)」などと、所々物語に寄せたり、英語やカタカナを廃したりして見事な替え歌でした。極めつけはサビの最後、「いち、に、さん、よん、ご、ろく、なな、はち」と叫ぶ部分を「ひ、ふ、み、よ、いつ、む、なな、や」と替え歌。まじで大笑いしました。未だに脳内で信衛門が叫んでいます(笑)

  ハイテク軍とアナログ軍との戦いの後、エピローグのような映像が流れるのですが、この時に流れているピアノ曲がめちゃめちゃかっこよかったです。あれは、何の曲だったんでしょうか。そのあと、村上水軍の物語の最後「完」の文字が出たときは『戦場のメリークリスマス』が流れていたので、既存の曲なのか。もしかして、舞台用に作られた曲なのか。クレジットに映像音楽協力としてピアニストの清塚信也さんの名前があったので演奏は清塚さんなのでしょうか。清塚さんが作曲した可能性もありますよね。なんにしても、村上さん贅沢ですね。

 1時間弱で村上水軍の物語は終了。メイキング映像が流れた後にチャイムが鳴って、噂の大人気コーナー教師シリーズが始まりました。今回は紙相撲の素材をグループごとに例えていきます。その前に、先日デビューが決まったKing&Princeのために急遽作ったという6体の紙相撲が登場しました。村上さん曰く「どうしたらいいのか分からないからとりあえず回してみた」ということでメリーゴーランドのように回転していて面白かったです。

 本題。まずV6は和紙。その理由は、岡田准一さんの出演作品だそうで「永遠の?」「ゼロ」「軍師?」「官兵衛」「関ケ?」「原」というコール&レスポンスが展開されましたが、村上さんも客席もめちゃくちゃゆるかったです。それから井ノ原快彦さんの顔が純日本人だからというのにも笑いました。続いてSexy Zoneはもちろん薔薇。理由は言うまでもないですが、『24時間テレビ』のこととと『ぐるナイ』のゴチレギュラーになった中島健人さんへの妬みは先輩とは思えませんね(笑)。次のTOKIOは言うまでもなく木、そしてKinki Kidsはデビュー曲からとってガラス、と頬を緩める間もなく素早く進みます。

 続いて嵐は、もはや揺ぎないということで無敵の超合金。ここ意味わからない(笑)NEWSはnews paper=新聞。小山慶一郎さんはキャスターですし、加藤シゲアキさんは本書いてるし、あとは手越祐也さんがスポーツ紙の一面を賑わせてくれるから、ということらしくて相変わらずの手越さん弄りにニヤけました。お待ちかね関ジャニ∞は村上さんご自身にかなり特化してお金。しかし、お札の肖像画は、錦戸亮さん出演の大河ドラマ『西郷どん』にかけて西郷隆盛という気遣い。村上さん優しいですね。年明けに復活が発表されたKAT-TUNは亀。この辺りからもはや素材でもなんでもないですよね。「(亀梨和也さんの愛称の)かめ⤵ではなく、(関西弁のイントネーションで)かめ⤴」だそうで「かめ⤴」と連呼する村上さんが面白かったです。

 Hey!Say!JUMPはJUMPからバネ。彼らももうデビューして10年、最年長の薮宏太さんが28歳で驚いたという村上さん。「一番下はちんねん(知念侑李)?22くらい?」という村上さんに客席が「24」と答えると「24⁉」と驚いたご様子。この事実がどうにも受け入れられないようで、ずっとぶつぶつ言っておられて面白かったです。残り3グループはホワイトボードに一気に張られパパっと。ジャニーズWESTはすでにペラ紙と書かれていて、しかも本物のペラ紙が貼りつけられて風に揺られてペラペラとなびいているのが最高でした。Kis-My-Ft2はローラスケート、A.B.C-Zは蛙ってなんだかもう訳が分からない。

 これで終わりかなと思ったら、ちゃんと紙相撲も見せてくれるそうで、1戦目は関ジャニ∞対NEWS。負けられないと村上さんの気合の入りようは尋常じゃありません(笑)金と新聞の力士にちゃんと塩までふらせて、自分も土俵入りのモノマネして、すでに笑いが絶えませんが、対決は白熱。そして勝者は関ジャニ∞。村上さんも大喜びでしたが、何より客席がめちゃくちゃ盛り上がりました。新聞力士が倒れた瞬間、観客の手がみんな上に上がって大拍手。すごい一体感でした。2戦目は嵐対Hey!Say!JUMP。2戦目以降は塩省略で村上さんが雑にふってたのに笑いました。超合金のピカピカ力士に対して足がバネでグラグラの力士はめちゃくちゃおかしかったです。勝敗は目に見えたようなもので勝者は嵐でしたが、バネも粘っていて意外でした。最終戦ジャニーズWESTSexy Zone。村上さんのSexy Zone贔屓が半端なく、ペラ紙のくせに意外と強いジャニーズWESTが勝ちそうになると度々止めて、Sexy Zoneの話を聞いているのが可笑しくて可笑しくて。村上さんの力もあって見事Sexy Zoneの勝利し、村上さんの喜びようも半端ない(笑)それなのに「不正、八百長一切なく」という村上さんに爆笑。最後にタッキー&翼のパネルを出して「休場」という締めに、優しさを感じて終わりました。

 フリートークは、この時期に必ず村上さんに付いて大阪に一緒に来るという新人マネージャーのその名も「大阪研修」についてでした。新人マネージャーの失敗談を面白おかしく語る村上さんは、自分も大笑いしながら話していましたが、愛の鞭というか、こうしてネタにしているのも、優しさなのかなと思いました。

 噂には、例年より公演時間が短いとのことでしたが、結局1時間半は越えていたように思います。チケット代も驚くほど安いですし、何より最高に楽しい時間を過ごせてとても満足でした。毎年内容が違うというのが罪ですよね。パンフレットを買いましたが、過去の公演の写真や概要が載っていて、できることなら鉄の船に乗って過去に遡りたい気持ちになりました。チケットは激戦なので、今年は本当に奇跡だったと思いますが、機会があれば、来年もぜひ見に来たいです。その前に上演されるかどうかですが、きっと村上さんなら続けてくださることを願って。

 

※追記

 東京の千秋楽を終えて、今回の10年目の『If or...』をもって一旦幕引きとなるようで、村上さん10年間本当にお疲れ様でした。最後の最後に、この節目の公演を観劇することができて本当に良かったです。映像化の話も出ているようですが、ぜひ発売してほしいですね。期待しています。また、いつかパワーアップした『If or...』が帰ってくる日を楽しみにしています。