それを嫌いになれないから

音楽、芝居、文学、自分が楽しめることを綴る場所

2017年の現場を振り返る

 今日は大晦日ですね。2017年も終わりを迎えました。そんな日ですが、ちょっとした身の上話をしましょう。

 私は地方のさらに田舎の地に生まれました。家の近くに駅はなく、イオンなどがある県内の都会な地域まで車や電車を駆使しても1時間半以上かかります。もちろん、大阪や東京みたいな大都会に安安と行けるものではなく、ライブに行くとなるともう旅行気分です。ですから、昨年までにライブに行った回数はたったの3回でした。

 しかし今年から、晴れて大学生になり、現在は都会にいます。高校生の頃に友達と遊びにイオンへ行く感覚でライブに行けるような場所にいます。さらに、一人暮らしを始めたので、親のご機嫌を伺わずとも時間は自由、バイトを始めてお金も自由。そんな幸せな大学生活のおかげで今年はジャニーズの現場へ3回、野外フェスに1回参加しました。

 話は冒頭に戻しまして、2017年も終わりということで、今年の現場を振り返ってみようと思います。今までならば年に1回行くか行かないかの現場なので振り返りようがなかったわけです。でも今年は4回も。振り返ってみたくなったのです。どうぞお付き合いください。

 「2017年は4回も」と言いつつ、そのすべては下半期です。まず7月に関ジャニ∞のライブツアー「関ジャニ’sエイターテインメント ジャム」に参加しました。関ジャニ∞のライブは実に2年半ぶり。しかも前回より席も良く、何よりライブの内容が最高でした。大好きなバンドで1時間ぶっ通し、ダンスも盛りだくさん、久しぶりの関西ジャニーズJr.のバック。久しぶりの生エイトの感動と最高のセットリストと演出への感動と色々混ざって本当に最高でした。

 続いて8月に野外フェス「MONSTER baSH 2017」に参加しました。ジャニーズにキャーキャー言っている傍ら、ロックバンドも好きで野外フェスにはずっと行ってみたいと思っていました。待望のフェスはとても楽しかったです。お目当てのアーティストだけでなく、知らない音楽との出会いもあり、何より全員が一体となって騒いで暴れて、1日ずっと楽しめるこの空間は、一度知ってしまったらもう抜け出せません。来年も絶対に参加してやろうと意気込んでいます。

 そして9月、堂本光一主演舞台「Endless SHOCK」を観劇しました。ジャニーズファンなら一度は見たい人気の舞台は、語彙力そがれて「光一さん凄い」しか言えなくなるくらいに圧倒されました。とにかく華やか。これぞジャニーズ。歌もダンスも魅せるために磨き上げられており、その一方で物語としても素晴らしい。最高のエンターテインメントでした。

 ここまで立て続けでしたが、少し空いて12月、屋良朝幸主演ミュージカル「DOG FIGHT」を観劇しました。「SHOCK」もミュージカルではありますが、あちらはショートして魅せる演出がメイン。一方「DOG FIGHT」はオフブロードウェイで上演されたまさしくミュージカル。歌の迫力、ダンスのキレ、迫真の演技、すべてにおいて惹きつけられ、ドラマや映画では味わうことのできない生の空気感に驚かされました。2015年の初演時から見たかった舞台が再演され、ついに観られたという嬉しさもも相まって、大変感動しました。

 これまででは絶対に考えられなかったスパンで年に4回もの現場を経験し、感じたことは、やはり「生」「ライブ」の良さです。映像にも映像の良さはありますが、同じ空間で同じ空気感を体感できる現場は病みつきになってしまいます。中毒性あります。危ないと分かっていても、やっぱり生で見たい!!という欲がどんどんどんどん溢れ出てきます。そんなわけで2018年もすでに4つの現場が決まっております。オタク人生数年間で3回しか経験していなかった現場を、今年一年で優に超え4回も経験し、それをまた来年は半年で越えてしまいそうな勢いです。2018年も全力でオタクやっていきたいと思います。

 今夜は紅白歌合戦、そしてジャニーズカウントダウンで、皆さま、良いお年をどうかお迎えくださいませ。

 

 

sky8ekj.hatenablog.com

 

sky8ekj.hatenablog.com

 

sky8ekj.hatenablog.com

 

sky8ekj.hatenablog.com