それを嫌いになれないから

音楽、芝居、文学、自分が楽しめることを綴る場所

関ジャニ∞『Street Blues』は名曲だと思う

 関ジャニ∞のニューシングル『応答セヨ』が発売されました。いつもならば収録された全楽曲について感想を述べた記事を更新するところですが、多少の心境の変化もありまして、今回から気になった楽曲のみをピックアップして語りたいと思います。

 そこで今回語りたいのがカップリングである『Street Blues』です。『渋谷すばるのスバラジ』で解禁された時に聴いたのが最初だったのですが、一瞬にして心奪われました。タイトルにも「Blues」とあるので、哀愁漂う楽曲をしっとりと歌い上げるのかと思っていましたが、全くの真逆。ジャジーで軽快なサウンドに大人な歌詞が甘い声で色っぽく歌われるこの曲、ドストライクでした。

 作詞はもはや関ジャニ∞の楽曲には常連のSHIKATAさん、作曲はSHIKATAさんに加え、こちらもSHIKATAさんと共によく参加されるKAYさん。編曲の生本直毅さんは初めましてですね。調べてみたところSHIKATAさんやKAYさんとの接点も見当たらず、どんな経緯で携わることになられたのか分かりませんが、素晴らしいアレンジをありがとうございます。

 少し重めなピアノが奏でるイントロを抜けると聴こえる安田章大さんの歌声は優しく、かなり音域の広いメロディーは「甘いセリフと甘い吐息で君を酔わせて」の歌詞のごとく、高音で吐息のように抜ける歌い方がとても色っぽい。一気に楽曲の世界観に引き込まれました。ドラムとギターが加わり軽やかさを増したAメロは、リレーのように安田さんからバトンを繋ぎ、低音が続くメロディーを丸山隆平さんと大倉忠義さんが、色気溢れる低音ボイスで歌い、(おそらく)メンバーによるコーラスが美しいハーモニーを奏でます。

 Bメロからは雰囲気ががらりと一変し、ブラスの音が加わることでさらに軽快なサウンドになり、メロディーを歌う横山裕さんの歌も軽やか。パート割が素晴らしいですね。見事にその人の特徴にあう最高のパート割です。そしてサビで爆発。頭サビと比べると、ベースやドラムなどのリズム隊を初め、随分と明るく軽快になったサウンド。歌は、錦戸亮さんの主メロに対して、おそらく残りのメンバー全員によるコーラスなのでしょうか、その厚みが凄い。高音が綺麗なファルセットで、Aメロなどが低音でしっとりとした雰囲気だったのと対照的になっています。「あきれるほどに俺だけを好きにさせてもいいよね」などなんとも大人な歌詞。メンバーも言うように今までの関ジャニ∞にはあまりなかったテイストです。後半のサビは渋谷すばるさんに主メロをバトンタッチ。かなり明るいトーンで歌い上げる渋谷さんは少し意外でした。メインボーカル2人をサビに持ってくるあたり、典型的と言えばそれまでですが、この曲には素晴らしくマッチしているなと思い、パート割素晴らしい説二つ目の根拠です。

 サビ終わりメンバーのコーラスが入るところで、音が少し落とされるものの、綺麗なハーモニーが響いたところで、再び戻ってトランペットのソロによる間奏はとてもかっこいいです。バンドで披露となれば横山さんが吹いてくれたりするのでしょうか。そして、間奏明けのBメロに村上信五さんという人選は、本当にパート割素晴らしい説を推したくなります。前のBメロが横山さんだったという、それとの対比にもなりながら、間奏明けで落ちサビ前という結構おいしいパートに、最近歌唱力の成長著しい村上さんを置くというのは素晴らしいと思いませんか。しかも、村上さんの声は本当にこういうテイストの曲によく合います。色気漂いまくりの声色に、「飲み干しちゃえばいい」と若干吐息交じりに歌うものだから、次の落ちサビにも上手くつながります。関ジャニ∞としてのバランスと曲としてのバランスとがどちらも見事に取られた素晴らしいパート割だと思いました。

 そうして落ちサビです。それまでの盛り上がりをここで一度収束させ、ピアノのみ伴奏に乗る錦戸さんの歌声は美しい。錦戸さんが高音をファルセットで歌いパッと明るくなったところで楽器の音も増え、渋谷さんの広く突き抜けるような歌に繋がります。そして最後のサビを歌うのは一周回って最初に戻った安田さん。安田さんに始まり安田さんに終わるパート割、やはり素晴らしいです。最初とは打って変わって優しさは残しつつ力強さも感じさせる張りのある歌声で最後の盛り上がりを見せます。そして最後の最後、アカペラになる「瞳を合わせた」は、初めよりもさらに優しい甘い歌声。歌声が完全に消え去ってから静かに鳴るピアノやギター、ベース、ドラムは少し寂しさを感じさせながらも優しく、素晴らしいエンディングでした。

 曲も歌詞もまさに "大人" といった楽曲。デビューから13年、キャリアも積み、年齢的にも30代も中盤に差し掛かった関ジャニ∞だからこそ歌えた、というか歌えるようになった楽曲かなと思います。パート割に関しても、これまでの関ジャニ∞らしさを残しつつ、今の関ジャニ∞だからできることも取り入れた見事なバランス。新曲が出るたびに言っているような気がしますが、関ジャニ∞の成長した今が詰め込まれた楽曲でした。

 これが披露される時は訪れるのでしょうか。近年はカップリング曲をライブで歌うことがめっきり減ってしまいましたが、ぜひ聞きたいですね。こういったジャズ調の曲をバンドで演奏というのはまだやったことがないと思うので、それも見てみたいですね。でも、歌が綺麗なので椅子に腰かけて集中して歌うのもありですね。『渇いた花』や『青春ノスタルジー』などのように、スタンドマイクで歌って軽く振り付けするのは関ジャニ∞らしくていいですよね。ノリのいい楽曲なので、意外とがっつりダンス曲にしてしまうのも手かもしれません。想像が膨らみます。ぜひ披露される日が来ることを祈っています。