それを嫌いになれないから

音楽、芝居、文学、自分が楽しめることを綴る場所

人生初舞台観劇『Endless SHOCK』

 
f:id:sky8ekj:20171001164804j:image

 2017年9月27日、大阪は梅田芸術劇場。人生初めての舞台観劇をしてきました。観劇した舞台は『Endless SHOCK』。人生初舞台にして、初『Endless SHOCK』観劇。なんとも贅沢な経験をさせていただきました。

 堂本光一主演のこの舞台『Endless SHOCK』が素晴らしい舞台であることは、見たことのないジャニーズファンでも耳にしたことがあるはず。私もその一人で、この舞台はジャニーズのファンをしているのならば、一生のうちに一度は見てみたいジャニーズの舞台の一つでした。とは言うものの、日本一チケットが取りにくいという舞台ですから、そう簡単に観劇できるものではありませんし、生半可な気持ちで見に行くのも失礼だなと思い、機会をうかがっておりました。

 そんな中、今回『Endless SHOCK』を見に行くきっかけとなったのは、浜中文一さんの出演でした。現在のブログではまだ言っていなかったかもしれませんが、私は浜中文一さんのファンです。好きな人が出演するとなれば見に行きたい気持ちも格段に上がります。浜中さんが出演すると聞いた時、私はとても嬉しかったです。舞台への出演経験を着々と重ね、ついに初の主演舞台『50Shades!!』に立ち、レベルアップした浜中さんが、原点回帰(といっても浜中さんが『Endless SHOCK』に出演されるのは初なのですが)のようにジャニーズの超有名な『Endless SHOCK』に出演。しかも、オーディションが行われた中、浜中さんはオーディションを受けずして選出されたというではありませんか。ここにもまた色々と浜中さん凄いい話がたくさんあるのですが、今回は割愛いたしまして、とにかく浜中さんが出演する『Endless SHOCK』はぜひ観劇したいと思いました。東京の帝国劇場での『Endless SHOCK』は時期的にも会場的にも行けるわけがないので、浜中さんの出演する『Endless SHOCK』は見られずに終わるのかなと思っていたところ、大阪・博多公演が決定し、はりきってチケットの申し込みを行いました。

 人生初の舞台観劇であったと同時に、私は初めて浜中さんの出演する作品を見に行くことができました。

 席は2階の7列。まさかの最後列でしたが、場所としては中央寄りで後ろがいないので気持ちも楽に見ることができました。開演前のオーケストラのチューニングだけでゾクゾクしました。生演奏なのですね。舞台ってなんでもこういうものですか?生音最高です。相変わらずの席運の無さでしたが、始まってみるとそんなことは関係ありませんでした。私は目が悪いくせに眼鏡を持っておらず、おまけに双眼鏡なるものも持っていなかったので、2階の最後列からは出演者の方々の表情は分かりませんでしたが、会場全体を使う華やかな演出の数々を余すことなく見ることができました。大勢のキャストたちによる煌びやかな歌とダンス、派手な舞台セット、華麗なフライング、演出のすべてがとにかく華やかで、(ジャニーズ関連の現場経験は関ジャニ∞のライブのみなので)これがジャニーズ舞台なのかと、噂の『Endless SHOCK』なのかと感動しました。海外のような明るいダンスシーンがあったかと思えば、日本らしい殺陣や和太鼓のシーンがあったり、しなやかなダンスで魅せる切ないシーンがあったりと、劇中劇によって様々なショーが見られ、飽きることが一切ない。それだけ派手なショーを魅せながらも、ストーリーもしっかりと進む。席と私の視力の問題で、出演者の表情も、なんなら顔の判別も危うい状況だったのですが、それでも物語の流れや空気感、登場人物の感情はヒシヒシと伝わってきました。2幕の前半で謎の多かった点が後半に明かされた時はすっかり物語に引き込まれて悲しくなりました。あとかの有名な階段落ちが1幕のラストだったことと笑い要素が意外にも多くあることに驚きました。結構笑いました。光一さんの笑いのセンス最高です。それから光一さんがとにかく凄い。ほぼ出ずっぱりじゃないですか。あれだけ歌って踊ってフライングしているのに、休む間もなくコウイチ、コウイチ、コウイチ。もちろん主演なのですから当たり前なのですが、それにしてもその体力と気力に驚きました。

 浜中さんについても記しておきましょう。東京公演で、観劇した方々から浜中さんの演技が良かったとの評判を聞いておりました。特に、喋っていないときの演技について。それを楽しみにしていたのですが、なんせ表情が見えないので、席に着いた途端に諦めました。浜中さんの役どころが特別おいしいという訳でもないですが、それでも台詞も多く、個人的には千秋楽の翌日お洒落してきたウチ(内博貴)の謎の派手なジャケットを譲り受けて着たまま踊っているブンイチとかめちゃくちゃおいしかったかなと思っています。それから何よりも、浜中さんがあれほどキレッキレで踊っている姿、テレビでも今は、ほぼ見ないのに、それを生で見られたことは最高の思い出になりました。本人もおっしゃっていましたが、ダンスをしていない期間が長かったものの、他の若いJr.たちにまったく引けを取らず、踊っている浜中さんはとてもかっこよかったです。

 初めての舞台観劇に『Endless SHOCK』は贅沢すぎました。凄さに圧倒されてついて行けません。『Endless SHOCK』がいかに素晴らしいかを身にしみて感じることができました。実際に、見て感じてみないと分からない素晴らしさがありました。今回チケットが取れたことは奇跡だと思っています。ですが、もし機会があるなら、また見てみたいです。今度はもっと近くで演技をしっかり見てみたいですね。

 人生初の舞台観劇にして、最高の経験をさせていただきました。堂本光一様、『Endless SHOCK』出演者、スタッフの皆様、最高の舞台をありがとうございました。