それを嫌いになれないから

音楽、芝居、文学、自分が楽しめることを綴る場所

【感想】最終回 ドラマ『ウチの夫は仕事ができない』がとても良かった

 日本テレビ土曜ドラマ『ウチの夫は仕事ができない』がついに最終回を迎えました。放送開始前は個人的にあまり期待しておらず、ただ錦戸亮主演だからという理由で見始めたこのドラマですが、第1話で想像以上に惹きつけられ、それからは小林夫婦の可愛さに完全に惚れ込んでしまいました。終わってしまうのがとても名残惜しいです。

 さて、各話ごとに感想を残してきましたがついに最終回ということで、最終回の感想も述べつつドラマ全体を通して総まとめのような感想も書いていこうかと思います。

 

 これまでの感想はこちら↓↓

sky8ekj.hatenablog.com

sky8ekj.hatenablog.com

sky8ekj.hatenablog.com

 

【第10話】

 最終回ではまた時間が経ち、沙也加の出産予定日である3月。司もすっかり家庭優先になり、優しさ倍増。家庭での夫婦のふわふわした会話も復活。見ているだけで幸せになれそうです。それでいて、仕事は小さなものでも一生懸命やる真面目さを残しながら、失敗はしなくなっています。そのおかげで大きな仕事も手に入れる司はしっかりとできる男に成長しています。沙也加が破水した時に、「病院に行け」と土方や同僚たちに言ってもらえる信頼関係も社内で築かれ、ここにも司の成長が見られました。

 お姉さんは小林夫婦を引っ張りまわしてばかりだけど、何気にいいこと言いますよね。沙也加が、司が仕事を我慢しているんじゃないかって相談をした時、「それならそれでそういうんじゃない?沙也加さんと司の間柄なら」と言った言葉、なるほどと思いました。結局沙也加には響かなかったみたいですが、司の言葉に嘘はないのだろうなと感じました。

 噂の台本10ページ、12分の司の長台詞シーン。錦戸さんはミスなくこなしたそうですが、きっとこのシーンは多少言葉に詰まったり、噛んだりしたとしても成立するんだろうなと思います。それよりも12分の小林司の演説を通しで撮ることが、空気感やリアリティを大切にすることになるのかなと。時に泣きそうになりながら、沙也加を見ながら話す姿から、司の本心が詰まった演説なのだなと感じられました。

 最後のミュージカルは妄想ではありませんでしたが、最終回にふさわしい、これまでで一番華やかで明るくて楽しい最高のミュージカルでした。小林夫婦可愛い。後半は司の歌唱がよく入っていましたが、土方さんの合いの手が面白くてダンスも一番ノリノリ。一方お姉さんはあんなキャラなのにダンスは少し恥ずかしそうで、現実が垣間見れて(ドラマ的にはアウトですけど)可愛かったです。

 エンディングは最高のラブラブシーン。お互い一緒に居られて幸せだと言葉にし合える夫婦なんて現実にどれだけいるでしょうか。照れながらキスする感じも可愛い。幸せいっぱいの温かい最高のエンディングでした。

 

・ドラマ『ウチの夫は仕事ができない』全体を通して

 このドラマの魅力は、小林夫婦の可愛さにあると私は思っています。外見はもちろん内面も可愛いらしい。外見は顔はもちろん、沙也加のふわふわした髪形や服装も可愛いですし、司も最終回にして突然前髪が短くなり(錦戸さんなぜ前髪を切ったのだろう)可愛さが倍増していました。でもそれだけではなく、行動や言葉、性格にも可愛さが溢れていました。沙也加の少しぶりっ子っぽい大げさな喋り方や動きは、松岡さんだからこそ違和感なく見られて、沙也加の可愛さになっていました。司はとても紳士なのに、時々天然ぶりがさく裂する様子や、沙也加と話すときの喋り方はとても可愛いです。そして何より、この二人が二人でいるところがとても可愛い。会話も内容から二人が醸し出す雰囲気まで何もかも可愛い。照れた笑顔でハグしたりキスしたりする様子もとても可愛らしくて、毎週見ているだけで癒されました。

 仕事ができない夫の物語ということでしたが、その仕事のできないぶりや夫婦の関係など世間的には賛否両論あると思います。もちろんそこに正解はないし、様々なあり方をひとつの物語の中に描ききることも難しいことです。それを考慮した上で、ひとつの家族の姿をあのドラマの中に見るとしたら、私は彼らの姿は素敵に思えました。あくまで理想型です。現実問題、あれほど上手くはいかないだろうし、そこは違うだろと思う所もありますが、小林夫婦のようになれたらいいなあと思いました。家庭を大切にしてくれる夫。夫の仕事を支える妻。そして何より、この夫婦の “親しき中にも礼儀あり” というような間柄が素晴らしいと思います。互いに尊重し合い、感謝し合い、思い合って、支え合って、愛し合っていける夫婦。とても素敵な夫婦像だと思いました。素敵な夫婦が醸し出す幸せそうな雰囲気に3ヶ月間癒され幸せにしてもらいました。いろんな考え方はあると思いますが、働く女性が注目される中で、男性の仕事と家庭の在り方についてスポットを当てたこのドラマは、私はとても良いドラマだったと思います。

 

 余談ですが、先日、映画『羊の木』の公開日と特報が解禁されました。ドラマが終わってすぐ、映画が公開に向けて動き出したのがとても嬉しいです。錦戸さんの演じる役は、また心優しい役場職員のようですが、物語自体が暗い雰囲気を合わせもっているサスペンスで、他の登場人物の設定はかなり変わっています。似たような役柄でも、これまではコメディだったり明るい物語だったりが多かったので、ただ優しいお人好しな役でも、また違ったように見えるのではないでしょうか。錦戸さん出演の作品としては珍しいものになりそうで、とても期待しています。第53回シカゴ国際映画祭、第22回釜山国際映画祭への出品も決定しているようですし、これが大成功して、錦戸さんの代表作の1つになることを期待しています。

 

 

www.ntv.co.jp

 

hitsujinoki-movie.com