それを嫌いになれないから

音楽、芝居、文学、自分が楽しめることを綴る場所

関ジャニ∞『なぐりガキBEAT』レビュー

関ジャニ∞の「なぐりガキBEAT」発売されました。PVもメイキングもRemix音源も聴きたいし、錦戸亮さんが作って編曲した2曲も聴きたいし、新年会ももちろん見たい。ということで、今回は3形態すべて買いましたが、感想はRemix音源を除いた楽曲について書き上げていきます。

 

なぐりガキBEAT

イントロから横山裕さんのトランペットソロ。音源は横山さんの音ではないだろうけど、ジャズっぽいメロディーでミュートしてる音はとても好きです。間奏のトランペットソロもいいですよね。もう少し長くソロを取ってほしかったな。披露を心待ちにします。

スカサウンドということで、スカがそもそもよく分からないのですが、ウィキペディアによると「2、4拍目を強調したリズム」とのこと。裏打ちっぽい感じってことですかね?そう言われるとなるほど。全体を通して、確かにそうなってる。雰囲気自体とても明るくてテンポ感もいいので、そのスカサウンド(?)も相まって、とても楽しく盛り上がれそう。

パート割が不思議だな。でも2番のサビ前の横山さんのソロはとてもいい。

 

Tokyoholic

噂に聴いていたこの楽曲。前作『NOROSHI』にセッションムービーとして収録された曲が、歌がついてパワーアップしたと聞いた時から楽しみで楽しみで仕方ありませんでした。

セッションムービーでインスト曲として聴いていたら、1番の盛り上がりどころは、丸山隆平さんのベースから始まるあの特徴的なリフと、みんなの音が同じリズムを刻む『Tokyoholic』でいうサビ前の「How far did I run?」から始まる部分だと思うんですけど、『Tokyoholic』ではそれらはフリでしかない。イントロというフリとサビ前の盛り上がりのためのフリ。歌が入るだけでこれほどまでに違うもんだから、大幅に編曲したのかと思っていましたが、ほぼセッション時のまま。サビなんてセッション時は雰囲気の一変するDメロくらいのノリで聞いていたのに、歌が入るだけでサビとして機能する。しかも盛り上がる。錦戸さんが作ったこともすごいけど、単純に音楽の凄さとして感動してしまいました。

そのサビにあたる部分はセッション時にも雰囲気がガラッと変わるし全音符が増えてノリも少しゆったりした気分にもなるので、お洒落で好きだったんですけど、『Tokyoholic』では歌が入ったことでノリや雰囲気はそのままにお洒落感の漂うかっこいいサビになっていました。歌のメロディーもかっこいいです。「Tokyo」と叫びながらメインボーカル2人の歌の掛け合い。4回目の「Tokyo」の後の錦戸さんのメロディーで音が上がるのとても好きです。

セッション時、丸山さんのベースソロから他メンバーが入っていく過程は緩やかで、大倉忠義さんのドラムと村上信五さんのキーボードがまず入ってから、その後ギターという流れで、私はドラムとキーボードの入った段階がとても好きだったんですが、『Tokyoholic』では無くなってしまいました。少し残念です。でも最初からタンバリンがずっと鳴っているのはとても好きです。

一番驚いたのは、曲中盤に出てくる丸山さんと大倉さんの見せ場ですね。錦戸さんの大好きな4拍子からの3拍子変化。突然3拍子が入るとメリハリもつくし何よりお洒落だしかっこいいですよね。ここで丸山さんチョイスというのもいいですよね。丸山さんの嘆きの台詞もいいですが、後ろで鳴る横山さんのトランペットソロも聴きどころですね。普通のJポップより、ワルツやジャズっぽい曲だとトランペットがよりいい味を出します。その後の大倉さんの低音ボイスも魅力的です。ここでも曲は雰囲気を一変して錦戸さんのセンスの良さが表れています。さっきから “お洒落” を連呼していますが、こちらも大変お洒落。錦戸さんが作る曲は本当にどれもお洒落。語彙力の無さゆえに “お洒落” としか表現できないのがつらい。歌詞は煙草のパッケージに書かれている注意書きのパロディらしいですが、そんな遊び心も錦戸さんらしいですね。

曲も錦戸さんらしさが詰め込まれていますが、歌詞も錦戸さんのセンスの良さが光ります。これだけ英語詞を交えておきながら、内容は東京に対する反発。それでいて最後には「I can't hate you Tokyo」と書いてしまう、まさにTokyoholic。かっこいい、お洒落だ。村上さんの歌うパートの英語詞だけカタカナ表記にするところまで遊び心を忘れない錦戸さんの感性が素敵。「そんな上から見んなや こっちも必死なんじゃ」と叫ぶ錦戸さん好きです。

たたでさえ大好きな錦戸さんがまたさらに大好きな錦戸さんになっていく。“作詞作曲編曲 錦戸亮” そのほか誰の名前も載らない、正真正銘、錦戸亮が作った楽曲がシングルのカップリングに収録されたことも、とても嬉しかった。素敵な曲をありがとうございます。

 

BJ

錦戸さん編曲の楽曲が2曲も収録されたシングルなんて最高以外の何物でもありません。こちらも正真正銘、錦戸亮がリアレンジした、彼の大好きな『BJ』。もちろん私も大好きです。

あの印象的なイントロを取っ払って、リズムとアコギだけでいきなり歌わせる錦戸さん凄い。『Heavenly Psycho』の時もそうでしたが、1番は大幅にアレンジを加え驚かせておきながらも、2番からは懐かしいオリジナルにかなり寄せたアレンジになっている。それでも2番はまだアコースティック感が強いかな。サビあたりから段々とエレキの歪んだ音が激しくなってバンド色が強くなる。やっぱかっこいいなあ。

1番サビのドラムロールは凄く心惹かれた。AメロBメロはアコースティックにすればありそうなアレンジだけど、そこにドラムロールが入ることでバンド曲らしくない壮大感が加わるように感じました。

新BJのオケに、こんなメロディー聴いたことないぞ、みたいなフレーズが所々感じられてオリジナルと聞き比べるという作業を繰り返しているんですが、よく聴くと他のパートのメロディーを弄っていたり、同じパートの楽器のメロディーを弄っていたり、リアレンジだけど、新しいものを追加するだけじゃなくてあるものの再利用のような部分がたくさんあるんです。2番の横山さんのソロで聞こえるフルートのメロディーがとても好きなんですが、あれはオリジナルにはなくて、そのあと村上さんのパートで聞こえるんです。これ、すごく素敵なリアレンジの仕方だと思いませんか?慣れ親しんだBJが新BJの中に散りばめられている。『Heavenly Psycho』の時、「リアレンジなんかしなくていい」っていう意見がたくさんあったと思います。今回も少なからずあったんじゃないですか。誰だってオリジナルは大切にしたいし、それは錦戸さんだって同じだったのではないでしょうか。だからこそ、錦戸さんは大幅改変しながらもオリジナルの良さは残した編曲をしてくれる。どちらの曲も錦戸さんが大好きだって公言している曲ですし、そんなむやみやたら編曲なんてするはずないですよね。だから私は今回も、思ったよりオリジナルに近いという印象を受けました。でも1番は大改革でした。でもそれもとても好きです。

今回の編曲は『Heavenly Psycho』より攻めた感じがしましたね。アコースティックテイストもバンドテイストも大好きなので、いいとこどりしたような素敵なアレンジでした。今回も自分たちで演奏をレコーディングしたんでしょうか?気になります。