それを嫌いになれないから

音楽、芝居、文学、自分が楽しめることを綴る場所

関ジャニ∞『NOROSHI』について熱く熱く語るレビュー

関ジャニ∞ニューシングル「NOROSHI」が発売されました。今回はA面B面とも発売前から気になっており、期待しておりました。まさに期待通りというか、期待を上回るほどの良作でしたので、いつも以上の熱量で感想を書き連ねてまいります。

 

NOROSHI

久しぶりのバンド曲というだけで気分が高まります。イントロのベースから早速かっこいい。キーボード、ギター、ドラム、そしてトランペット。ひとつひとつの音が響いた後、掛け声とともに激しいバンド音。最高。イントロの掴みは最高のまま、ずっとかっこいい。この曲は好きだなと感じました。メロディーラインは特徴的で複雑だけど、歌詞が何気に心に染みます。アウトローな感じもありつつ、"迷わす選べ同調"や"他人を叩く他人"など、現代社会を歌ったような歌詞もある。"「貴方はどっちにつくの」"や"「貴方はどこにいるの」"など、こういった意味ではないのかもしれないが、多数派に流れる現代の人たちへの皮肉が込められているのかなとも感じました。

「キング・オブ・男!」に続き、映画『土竜の唄』の主題歌なので、メンバーの歌い方も力強くかっこいい。Dメロの錦戸亮さんのパートはとてもいいですね。前半は優しく歌っているのに対して、後半 "守るべき者に守られていた日々に〜" は力強い歌で惚れ惚れします。その後の渋谷すばるさんの "掌が背に触れた" もいいです。歌い方もさることながら、歌詞もドキッとさせられます。これはどっちなんでしょうね。自分の手が誰かの背中に触れたのか、はたまた、誰かの手が自分の背中に触れたのか。

 

Black of night

 安田章大作詞作曲。また凄い曲が出来てしまいましたね。かっこいいダンス曲、という点では『Dye D?』もありますが、それとはまた違う、カッコよさ、エロさ、そして切なさがあります。そして何より凄いのが、これがシングルに収録されたということ。これまでアルバム収録が多かったメンバー作の曲。これがシングルに入るというのはかなり凄いことだと思います。『罪と夏』でも感じましたが、やっと自主レーベルとしての機能が果たされ始めたのかなと嬉しく思います。

曲は、安田さんの作った曲においても、関ジャニ∞の曲においても、まったく新しいタイプの曲になっているように思います。かっこいいだけじゃない、少し切なさ悲しさも含まれたような曲。激しいというよりは美しいというべき曲。なんとなく、嵐っぽいなと思ったけど嵐にもこんな曲はあまりないような気がします。いい意味で関ジャニ∞らしくない曲です。メロディーラインもオケのサウンドも、そして歌詞も、どこか切なさが漂う雰囲気で、夜に聴くと意味もなく涙がこぼれます。こういった悲しい雰囲気の曲は大好きなのですが、聴くとなんとも形容しがたい気持ちをいつも感じます。この曲は特にそれを感じます。とても素晴らしい曲です。好きです。

歌割りも上手いですよね。最初が丸山隆平さんであるあたりさすがと言えます。曲の雰囲気と丸山さんの声質はとてもぴったり。サビ前、安田さんと錦戸さんの声が左右に振り分けられているところも最高です。というか全体的に、声も音も左右に振り分けられていて、なおかつその中でも微調整がなされていて、とても立体的な曲になっています。これは、様々な高度な編集技術あってこそなせる技。科学技術による最新の音楽の良さが生かされています。最近、渋谷さんを中心に一発撮りが好きな関ジャニ∞さんですが(それはそれで素晴らしいですが)、こういったCDならではの良さも私は大好きなので、聴いていてとても楽しいです。サビで下ハモに錦戸さんを使うとはまた大胆な行為に出ましたね。錦戸さんの歌声や歌い方には多少クセがあるのでハモるとなると主メロを邪魔してしまいそうですが、さすが歌が上手いだけある、というか器用なだけあって、主メロの邪魔はせず、でも錦戸さんらしさも残しつつ、美しいハーモニーを響かせてくれています。素晴らしい。また、同じく下ハモの大倉忠義さんとの声の相性は抜群なので、より美しい響きになっています。安田さん素晴らしい曲をありがとうございます。

 

 

ハダカ

横山さんと渋谷さんのコンビは初めてですね。とても楽しみにしていました。

作詞横山裕、作曲渋谷すばる。ここまではまだ想定範囲内ですが、これだけでも十分感動ものです。そしてなおかつ編曲が渋谷さんと来た。しかも、それ以外に人の名前がないのです。イチからすべてふたりで作り上げたと言えるわけです。これに感動しないオタクがどこにいますか!実際問題そんなことはありえなくて、渋谷さんさんもスバラジで「みんなで作った」などと仰っていたので、様々な場面で色んな方の意見や手が入っているわけですが、それでもこの感動は変わりません。曲名の隣に出るクレジットにメンバーの名前しかない。最高です。

曲はというと、渋谷さんが作ったとは考えられない、らしくない曲。でも、とてもオシャレでかっこよくて、素晴らしい曲です。イントロがまずオシャレすぎます。スバラジで渋谷さんがDTMにハマっていると仰っていましたが、これを渋谷さんが作ったと思うと痺れます。ピアノの音が全体を通してとても綺麗でいいアクセントになっています。横山さんには少し高めのキー設定だけど、歌割りが上手くて横山さんのパートは少し低めのメロディーで出来ているところに愛を感じます。サビは横山さんがハモリという点にも感動しますね。他のメンバーとなら確実に主メロになるところを、渋谷さんが相手だからこそ支え役に徹する。技術的な問題もあるにせよ、バランスがよく、レア感もあっていいですね。

1番感動したのが、間奏です。この曲、基本的にはずっと四拍子なのですが、Dメロは三拍子です。この四拍子と三拍子を、間奏で混ぜ合わせ、見事にDメロの三拍子に繋げているところが、とても自然な流れで違和感がなく、混ざっていると気づいたとき、とても感動しました。間奏で、ドラムのリズムは四拍子を刻んでいるところに、トランペットとブルースハープの掛け合いが三拍子で繰り広げられる。このトランペットとブルースハープも綺麗ですよね。渋谷さんのことですから、これは確実に彼らの音をレコーディングしたものですよね。Dメロの"それぞれの音が重なり合う"という歌詞とも合わせて感動的です。横山さんの歌詞を見て渋谷さんがこの掛け合いよパートを作ったのか、渋谷さんの曲を聞いて横山さんがそのような詞を書いたのか、はたまた、ふたりでそのような案を上げたのか、なんにせよ、この合わせ技はズルいですね。感動しない訳がない。

横山さんの歌詞もいいですよね。少し大人になって難しい言葉を使っているところもありますが、横山さんらしい優しい言葉の数々が染みます。『ハダカ』というタイトルはよく分かりませんが、ただのいい曲です。

 

Winter love song

 可愛いらしい曲。分かりやすく冬っぽさの出るチャイムの音がたくさん使われていてとても壮大な雰囲気ですね。普段はハモリに徹する安田さんのソロが2箇所も、しかも渋谷さんや錦戸さんを差し置いて、頭サビと落ちサビのソロがあるのは凄いですね。個人的には1番の丸山さん錦戸さんのソロが歌声もとても綺麗で好きです。

 

ふわふわポムポム

ナンダイコノキョクハ?と言いたくなるような、おふざけソングですね。楽しい限りです。まあ、曲制作のスタートがアレ(DVD『リサイタル 真夏の俺らは罪なやつ』特典参照)ですから。そこから考えると、かなりまともな曲になったなという印象です。夜な夜な長瀬智也さんにアドバイスを求めて作ったのが、このおふざけソングかと思うと長瀬さんに同情しますが、丸山さん作曲相当頑張ったのでしょうね。頑張りつつ、オマージュ的なことをしたかったのか、偶然なのか分かりませんが、イントロが非常にレキシの『そうだ、レキシーランド行こう』のイントロに酷似していますね。私は最初気づかなかったのですが、どこかで聞いたことあるなと感じていたら、友達に指摘されて納得しました。これだけふざけていて、曲の雰囲気も楽しい感じなのに、サビが妙に暗いのがアンバランスでいて面白い。サビの雰囲気(コード進行なのかメロディーの動きなのか)が、嵐の『GREEN』に似ていると感じるのですが、こんなふざけた曲と嵐さんの感動曲を似てるなんて言ったら、嵐さんに申し訳ない気がするので、控えめに言っておきます。

歌詞ひとつひとつはふざけてるし、意味がわからないものばかりですが、こっそり韻を踏んでいたり、ダジャレっぽくしていたり、本当に丸山さんの努力の跡が見え隠れしているのが微笑ましい。若干ジャニーズWESTも意識してる⁉と思えるような歌詞もあって丸山さんの考えを想像すると楽しいです。

メンバーも割り切って歌っているのが楽しいですね。最初のAメロの錦戸さんなんか相当振り切ってますよね。打って変わってBメロの渋谷さんはとても無機質。それぞれが曲の雰囲気に合わせて歌っているのが、こんなおふざけソングなのに感動しました。サビのソロはちゃんと大倉さんで、本当にこんな曲でもセンターなんだなと、感慨深いものがありました(笑)