それを嫌いになれないから

音楽のこと。ジャニーズのこと。

関ジャニ∞『パノラマ』レビュー

シングル「パノラマ」の感想です。

 

パノラマ

珍しいテイストの曲。アルバムにもカップリングにも、もちろんシングルにも、これまでの関ジャニ∞には無かった、可愛いらしい、アニメのテーマソングの王道のような曲。これをSHIKATAさんが作っているっていうからさらに驚きです。

音域が激しく広いですね。Aメロはとても低いのにサビは結構高め。音程も細かいから歌いにくそうな感じはあります。でもそこがお洒落で、可愛いアニメソングだけど、いい曲になっていますね。サビ前の「Ride on!」がいいですね。村上信五さんの声がよく伸びます。最後のサビ前に錦戸亮さんのソロを持ってきてくださったことに感謝です。声がいい。

 

background

CMで聞いた時からいい曲だなと思っていました。グロッケンの音が綺麗。これもまた音がとりにくいように思えます。後の2曲も難しいなと思ったので今回はシングル通して難しいですね。

言葉で表現しにくいのですが、暗めな少し悲しくなるような雰囲気の曲でありながらも、どこか壮大で優しい雰囲気もあるように感じました。CMを見ても歌詞を読んでも応援ソングのような前向きな曲だとは思うのですが、だからといって明るい曲ではないというこの矛盾がすごく好きです。ひとりずつソロがあるのもいいですね。Bメロの丸山隆平さん村上さんの流れがとても好きです。声の伸びもいいですし、歌い方も優しく力強い。Aメロが楽器も少なく静かなのに対して、サビは様々な音が盛大に鳴るので、その橋渡し的な徐々に加速していくBメロが、オケだけじゃなくて、丸山さん村上さんという歌割りや、お二人の表現で見事に表されていたので、聴いていて気持ちよかったです。静かに思わせといてギターソロもありますからね。それなのに錦戸さんのソロはまた静かですしね。最後の渋谷さんのパートも静かですしね。メリハリとその繋ぎがすごいです。

 

王様クリニック

なんなんだろう。KINGの一人歩き感が半端ないですね。TAKATSUKINGが公式名称になってしまっているし(TAKATSUKINGはマツコさん命名、関ジャニ∞やレコード会社など公式はKINGと呼んでいました)。歌詞もタカツキングだし。しかし、曲が増える度、披露を重ねる度、村上さんのキングへのハマり具合、というかラップへのハマり具合がどんどん良くなっていますね。キング抜きにしても、ラップ的な歌い方上手くないですか?十祭でやった「A・RA・SHI」は酷かったですけど、まじめにやればセンスありまくりじゃないですか。

曲は久保田利伸さんということで、Peachさんの遊び心あふれるKINGの曲とはかなり違うのだろうと想定はしていましたが、タイトルからちょっとふざけるのかなと思っていました。蓋を開ければ、なんとまあお洒落で驚きました。一昔前のお洒落感が漂います。私にはついていけない。歌詞もよくわからない。なんでクリニックなんだろう。とりあえず村上さんのラップ歌唱力の向上に拍手。

 

Steal your love

今回のお目当てはほぼこれですね。torn再来ということで興奮するしかありません。しかも曲かっこいい。本当に新・tornでした。踊りますね。ありがとうございます。

作ったのはSHIKATAさん。これぞSHIKATAさんと言いますか、かっこいいダンス曲ありがとうございます。でも、ただかっこいいだけじゃなくて、(シングルにユニット曲を収録しよう企画←私が勝手に命名)前作の丸山さん安田章大さんのユニット曲「The Light」の雰囲気も少し取り込まれているように感じたのですが、妄想が過ぎましたかね。この曲こそどう表現していいか分かりません。たぶん初めて出会ったタイプの曲でカテゴライズできない。かっこいいのはもちろんですが、「torn」とは明らかに違うカッコよさで、ダンス曲にありがちな「ブリュレ」みたいなカッコよさとも違う。やっぱり「The Light」。「The Light」のテクノ感と壮大な雰囲気をそのまま持ってきてマイナーにしてピアノ音で悲しさ倍増させた感じ。初めてすぎて言葉にできませんが、この曲好きです。

普段、高音を歌うことの少ない錦戸さんと大倉忠義さんなのにサビの最後にあんな高い音はひどい(笑) でも突然の高音なのでパンチがあっていいですよね。曲調も歌声も大人のかっこよさを感じます。大人のかっこよさにもいろいろあると思いますが、渋いカッコよさやエロいカッコよさとは違う、美しいカッコよさだと思います。

そう、この曲、美しい。綺麗。ピアノの音がいろんな音を全部まとめて包み込んで美しくしている。間奏とか後奏とか特に、2人の声とピアノの音の重なりが美しい。

期待していただけあって、期待を上回る素晴らしい曲でした。