それを嫌いになれないから

音楽、芝居、文学、自分が楽しめることを綴る場所

春の改編期を乗り越えたと思いたい

 今年の春の改編期はeighterとして非常にバタバタしていました。

 と思ったのですが、昨年は『関ジャニの仕分け∞』が終わって新たに『関ジャム完全燃SHOW』と『関ジャニ∞クロニクル』の2本がスタートしたり、『大倉忠義のラジオ好っきゃねん』が終わって『オールナイトニッポンサタデースペシャル大倉くんと高橋くん』に昇格(?)したりと、これまた忙しかったのかもしれません。しかし、今年は番組が終わって新しい番組が始まるなんて簡単なことではなかったから余計にバタバタしていたように思えるのでしょう。

 

 さて、2016年3月24日文化放送で『関ジャニ∞村上信五丸山隆平のレコメン』が幕を閉じました。最後までグダグダでワイワイと楽しく丸山さんらしい最終回でした。3年前本当に嫌だったレコメンは、改めて振り返るとやっぱり楽しくて好きだったなと感じました。メールも3年間で何度かですけど読んでもらえましたし、きっと悔いはないと思います。

 そして翌週2016年3月31日新たに『関ジャニ∞村上信五ジャニーズWEST桐山照史中間淳太のレコメン』がスタートしました。緊張しまくっている桐山さん中間さんと先輩としての村上さんが新鮮でした。

 自分でラジオ番組持ってるくせに噛み噛みグダグダの桐山さんは、年上の人たちに囲まれて若干幼く感じて可愛かったです。慣れてきてボケ始めたらまた雰囲気も変わるかな。しっかり喋れていて初回にしてはよかったんじゃないでしょうか。それに対して中間さんは、落ち着いていたのか緊張し過ぎていたのかあまり喋れていなかったように感じました。でも最後には、「消費税は下げた方がいい」なんて持論を力説して頭いい片鱗が垣間見れましたね。かなり強めに言っていたので、どこかで問題にならないだろうか、なんて少し心配しましたが、しっかり自分の意見を言っていたので安心もしました。

 一番新鮮だったのは村上さんでしたね。後輩相手に真面目モードになるのかと思いきや、横山裕さんや丸山さんとの時よりもボケ倒しているのが意外でした。でも2人に話を振りながらも自分で話したりボケたりツッコんだり、上手いこと回されていて、やっぱりさすが村上さんだと思いました。

 初回なかなかよかったのではと感じています。今後慣れてきてどう変化していくのか楽しみです。

 

 そんなレコメンが放送された日の日中、『ヒルナンデス』を村上さんが卒業されました。

 村上大卒業SPというだけあって2時間村上さん尽くしだったわけですが、その中でも特に横山さんとの絡みを多く抜粋してくださった日本テレビ様に感謝の意を示したいと思います。最後に素敵なヨコヒナを見せてくださって本当にありがとうございました。

 私としては“横山さんが村上さんを叩いて美味しさを表現する”という一連の件が大好きだったので、その映像が流れただけでも十分満足したのに、それをスタジオでまたしてくださるとは本当に思ってもみなくて、ただただ感動でございました。他にも随所にヨコヒナ萌えするものの数々を映像やスタジオで見せてくださいました。5年といえどもその後半はそれぞれ個別のロケが増えて彼らも大人になって、あまり“2人”を見られる機会は少なくなっていました。その数年分を一気に取り戻すかのごとく、2人の最後の絡みを思う存分見ることができて、ファンとしても本当に悔いのない村上大卒業SPでした。

 それから1週間後2016年4月7日木曜ヒルナンデスには桐山さん中間さんが加入しました。やはり緊張しているような2人は初々しく、そんな後輩を気遣って弄る先輩横山さんの優しさが溢れ出ておりました。ロケでは桐山さん中間さんの見せ場はきちんと作っておきつつ、持っていくところはしっかり持っていって、まだまだわんぱく横山さんがいらっしゃって安心しました。このタイミングで田崎さん登場も、先輩風吹かせていた横山さんを一瞬でも少年のような無邪気な表情にしてくれて嬉しかったです。

 桐山さん中間さんも必死でキャラを見つけようともがいているようで可愛らしかったです。その中で中間さんは早速激辛というポジションを見つけましたね。桐山さんの食いしん坊キャラは横山さんや水トアナに被る所が若干あるので今後どう差をつけていくのか楽しみです。(横山水トはなんといっても肉兄妹ですので、米あたりのポジションを狙えばまだ空席はありますよ)

 「ちょ」問題や「女優ごはんやりたい」問題は、人それぞれ思うところもあるでしょうけど、今は二番煎じだっていいじゃないですか。中間さんの激辛だって横山さんがやっていたからこそすぐに掘り出せたキャラなんですから。ここからその武器を広げていったり新しい武器を身に着けたりして自分のポジション確立していけば。そんな初回からなんて無理ですよ。桐山さん中間さんならやってくれると信じています。一か月後、半年後、1年後、彼らが自分のポジションを見つけて、今文句を言っている人たちを納得させられるような、大きな存在になっていることを願っています。

 ※個人的な見解としては「ちょ」は1人で抱えるには荷が重すぎます。サバンナの高橋茂雄さんという大きな関門もありますので。平和的解決策としては、誰も使わないか、みんなで使うか、ちょファンクラブ会員No1の高橋さんが使うか、といったところでしょうか。また女優ごはんについては、あれだけ大々的に最終回をしたのですから、そう簡単には復活しないでしょう。だから、きっと皆さんが心配しているほど桐山さんも本気では思っていないと思いますよ。私の勝手な想像で説得力はありませんが、心配している方の肩の荷が少しでも下りるようでしたら、参考までに。

 こちらも初回はそれぞれの性格やなんとなくのキャラがつかめる程度にはとてもよかったのではないかなと感じております。桐山さんがスタジオで多少頑張りすぎたかな。変に村上さんを尊重しなくてもいいと思います。みなさん結局ヨコヒナは過去のものとしてそっとしておいてほしいのです。彼らが自分なりの方法で人気を勝ち取っていくことが、卒業した村上さんにとっても、村上ファンをはじめとするeighterにとっても、一番の尊重という形になるのではないでしょうか。

 

 今後の桐山さん中間さんの更なる活躍を応援しております。

 

 丸山さんレコメン3年間、村上さんヒルナンデス5年間、幸せな時間をありがとうございました。本当にお疲れ様でした。