それを嫌いになれないから

音楽、芝居、文学、自分が楽しめることを綴る場所

レコメン第3章へ

 文化放送関ジャニ∞のレコメン第3章が始まろうとしています。

 

 思えば2013年3月28日。EDの4分。横山裕さんの卒業が発表されました。

 OPはいつも通りのレコメンでした。あの日はそれまで散々嘆いていた人間ドッグについに行ったという話。叙々苑のお弁当でも揉めていましたね。手元にWinkUpのヨコヒナバトルトークパーク2最終回があるのですが、ここにもお弁当の話は書いてあります。村上信五さんの目が充血しているのが何とも言えません。これがレコメンで最後の2ショットになるなんて。

 横山さんが愚痴れば村上さんがなだめ、村上さんが怒れば横山さんがなだめ、本当に普段と何も変わらないレコメン。しいて言うならその日更新された∞レンジャーで横山さんが珍しく「今日のレコメンは聞いてほしい」と書いたことくらいでしょうか。

 ED4分での衝撃。最終回SPなんてさせてくれない横山さん。すべて横山さんらしい優しさ。消化不良な感じはありましたけども、横山さんらしい素敵な最終回でした。前番組から数えれば約14年の歴史に終止符が打たれた一夜でした。

 

 そして昨夜2016年3月17日。第2章の終了が告げられました。丸山隆平さん卒業。横山さんからバトンを引き継ぎ3年間、休むことなく生放送を続けた丸山さん。あっという間の3年間でした。

 正直なところ、第2章の初めはあまり好感を持てませんでした。横山さんの突然の卒業からたった1週間で心の整理がつくはずありません。「こんばんワンツー」は消滅させられるし、丸山さんは元気すぎるし。横山さんに執着していたのも確かですが、丸山さんが関ジャニ通信やレコメンにゲストで来たとき並みに元気でふざけまくってるのがどうも耳障りだった。おもっきし緊張でテンパるか、超真面目になってるかのほうがよかった。と当時の私が書き残しておりました。

 でもそれも彼自身の緊張の表れだったのか、1か月も経過するとすっかり落ち着いて、私も心穏やかに聴くことができるようになりました。1年も経てばもうすっかり『村上信五丸山隆平のレコメン』に違和感を抱くことなく、日常と化していました。2014年には村上さんがブラジルに行っている間、1人でゲスト招いて生放送をしたこともありました。久しぶりの全員集合で横山さんが帰ってきたこともありました。先月は「Maru's Bar」なんて言って1人で仕切ったこともありました。先日は東と西の師匠方がゲストで来てくださって、最高の思い出になったのでしょうね。(桜の季節に師匠が来る夢は実現されそうにありませんね)

 横山さんの14年に比べれば3年なんて短すぎると感じますが、たった3年でも丸山さんは大きく変化し、レコメンにもたくさんの影響を与えたはずです。レコメンの長い歴史に丸山さんの名が刻まれたことは確かです。

 横山さんも丸山さんも関ジャニ∞では1、2を争うほどファン想いな方々です。横山さんの優しさは最後までいつもと同じレコメンで楽しませてくれました。丸山さんの優しさは最後に時間を設けてくれました。来週この思いを存分にメールに託して伝えよう。そう決めました。

 

 さて、来週が終われば関ジャニ∞のレコメン第3章が始まります。

驚くべきは丸山さんがバトンタッチしたのが同じく関ジャニ∞メンバーではなく、後輩のジャニーズWESTだったこと。来月からはジャニーズWESTから桐山照史さんと中間淳太さんが、村上さんと共に生放送してくれます。

 

 eighterの身としては寂しい限りです。丸山さんが起用された時散々「世代交代なのだろう」と囁かれていたことから、時期を見計らって村上さんもいつかは卒業し別の関ジャニ∞メンバーで新たなレコメンが始まるものと思っていました。それがあろうことか丸山さんが卒業し、まさかの後輩君という。ぜひメンバー全員のラジオがほしい、そう願っていたのに。

 これは単なる予想ですが、横山さんが卒業した時は本当にそういうつもりだったのではないでしょうか。横山さんに何かあったのかと思いもしましたが、あれから3年たった今もその理由ははっきりしません。トランペット説もありますがレギュラーをやめるほどのことでもありません。忙しいのであれば村上さんのほうが卒業するはずです。そうなるとやはり世代交代だったのだと思います。それこそこのくらいの時期に村上さんが卒業して、別メンバーが(安田章大さんが有力ですね)来るという予定だったのでは。それが後輩のジャニーズWESTがデビューし、『関ジャニ∞のジャニ勉』だって後輩のためにと動いた彼らですから、後輩のためにまた新たな道を開こうとしているのではないでしょうか(まあ大概は事務所の策略でしょうが)。*1今やジャニーズWESTが持っているABCラジオの『男前を目指せ』も、もとは村上さんが後輩をゲストにしていた番組です。それを後輩にバトンタッチし、今も桐山さんが続けています。そんな風に昔から後輩のために動く彼らですから、「関ジャニ∞内世代交代」ではなく「関西ジャニーズ内世代交代」にプラン変更したのではないでしょうか。初っ端から桐山さん中間さんと2人を据えているところからも、いつか村上さんが抜けることを意識しているように感じます。

 ともかく寂しいのは確かです。丸山さんの声が聴けないことも、もしかしたら関ジャニ∞のレコメンではなくなってしまうことも。丸山さんと安田さんの言う「新しい報告」*2がラジオに関することであればどれほど報われることか。そうであることを願うばかりです。

 

 しかし、私もジャニーズWESTを応援している身でもあります。桐山さん中間さんの2人がレコメンで生放送してくれることはとても嬉しいのです。しかもB.A.D.ですよ。世間を気にして重岡大毅とか小瀧望とか言おう事ならおそらくブチ切れていたことでしょう。デビュー前からずっと応援してきた大好きなB.A.D.。ジャニーズWESTを結成してからあまり2ショットが見られなくなっていた2人が再び帰ってくるんですよ。そう考えたらもう嬉しくてたまりません。そこに村上さんがいるんですから、昔の話だって盛り上がるでしょう。さらに、今現在ジャニーズWESTが持っているラジオはかなりの溜め録りですが、生放送となれば近々の感想もすぐに伝えられますし、彼らの近況だってすぐに聞けますし、今のジャニーズWESTにとってはいいことでしかありません。それを喜ばないファンがどこにいますか!(まあどこかにはいるわけでそれを見るのが怖くてジャスミン側の反応はまだ見ていません)

 とは言うものの、今のジャニーズWESTは昔のエイトよりはずっと恵まれているわけで、ラジオも実際は3本あります(レコメンが始まるなら、男前かもぎたて関ジュースかを関西ジャニーズJr.に返してやれよ、とも思いますが)。そんな彼らに関ジャニ∞がそこまでしてやる必要もないだろうと思います。番組側がジャニーズWESTを使いたいと言っているのなら(というかそっちのほうが多分正しいのですが)ジャニーズWEST頑張ってるなと思えるのですが、如何せん丸山さんが卒業した後ですからね。どうしても関ジャニの仕事を取られたというように感じてしまうのも無理はありませんよね。いっそのこと村上さんも卒業して新しい番組としてスタートしてくれた方が、そういう点では楽だったかもしれません。

 

 まあ、何を言っても聞いてみなければ始まりません。再来週、関ジャニ∞のレコメン第3章を聞いてからまた考えたいと思います。

 

 とりあえず、来週の丸山SPと再来月くらいになるでしょうかWinkUpのヒナマルバトルトークパーク2の最終回を楽しみにしたいと思います。

 

 丸ちゃん最後きばってこうぜ。

*1:後日談。先日If or...にて村上さんがお話しされていましたが、やはり事務所か文化放送側の策略のようです。村上さん何も分からないも嘘だと思いますけども、知らないところで決定したことだったのでしょう

*2:後日談。丸山さんのは、主演舞台のことでした。期待していたものとは違いましたが、丸山さんの舞台は以前から願っていたことでもあるので嬉しい限りです。