それを嫌いになれないから

音楽のこと。ジャニーズのこと。

関ジャニ∞『侍唄』レビュー

シングル「侍唄」について感想を述べたいと思います。

 

 

侍唄


 レキシさんからの提供です。錦戸亮さんが大好きだそうですね。楽曲提供のお話も錦戸さんが頼んだとか。丸山隆平さんもお好きだそうで『レコメン』にレキシさん来られた時はすごかったですね。あれから気になって少し聴いているのですが、なかなかいいですね、レキシ。

 曲はがっつりバラードで、しかもバンドで、スローテンポな上に意外とシンプルな構造をしているので、確かに演奏は難しそうだなと感じます。メロディーラインは「強く強く強く」に比べれば歌いやすいのかな。あの曲はよく音をはずしていたので。

 イントロからAメロの最初にかけて錦戸さんのアコギ弾き語り。噂によればドリフェスではやってしまったようで。そんな話からベストアーティストでもやってしまっていましたね(笑) でもそこのアコギの音と錦戸さんの声とが織りなす響きがまたいいんですよ。

 先月の「関ジャニ∞の元気が出るCD」を聴いたときは、錦戸さん声出づらいのかな、キー低くなったなあ、なんて思っていたのですが、侍唄ではむしろ数年前の若かりし頃の高い声(キーの話ではなくトーンが高いという意味)が出ていて、使い分けていたようですね。

 もともとバラードはあまり得意ではなくて、この曲もはじめドラマで聞いたときには、あまり好きじゃないかなと思っていたのですが、最近はちょっといいなあと思ってきました。聞けば聞くほどというのか、だんだん好きになっている気がします。

 

 

キミへのキャロル


 明るいですね。楽しいですね。クリスマスですね。そんな感じです。

 これ絶対分かる人少ないと思うんですけど、サビのメロディーが、舞闘冠の「雪の降る日」をちょっと明るくアップテンポにした感じってすごく思いました。

 落ちサビ前の安田章大さんからの渋谷すばるさんのパートなんですが、キー高くないですか!?この曲自体キーが高いんですけど、関ジャニ∞ってキー低いんですよ。そんな彼らにあの高さは鬼。安田さん渋谷さんだからなんとかやってのけましたけど、それでもかなりキツそうだなとCDでも感じました。もうライブじゃできませんよ。絶対音外します。この曲ですごいと思い言いたかったのはそこだけです。

 

 

Heavenly Psycho


 編曲 錦戸亮ですよ!これまた感動的ですね。彼の音楽面での活躍が本当に嬉しいです。

 ピアノとトランペットから始まっていてとても感動しました。少しスローテンポから始まるのもいいですね。サビでオリジナルは転調するんですけど、1番のみ転調しないアレンジになっていて、オリジナルに比べると2つキーが低くなっています。最初はかなり違和感あったんですけど、だんだん耳に馴染んでくると心地よく感じられました。このように1番はまったくオリジナルと違うアレンジになっています。ピアノとトランペットで始まることやスローテンポや転調がない違和感など、今の彼らだからこそできるまったく違うヘブンリを示されたように思います。

 そこから一転テンポは上がり楽器も増えて、2番以降はもちろんリアレンジされてはいるのですが、今までのみんなが愛してきたヘブンリの雰囲気を壊さないようなアレンジになっていて、全体を通してみると、全く違う曲というよりは、オリジナルの良さを尊重したうえでの、新しい「Heavenly Psycho」ができあがったのではないかと思います。

 私は、「Heavenly Psycho」はこれまでいちばん変化をし続けてきた曲だと思っています。

 8人のころは、すばるBAND4人が演奏してあと4人はダンスという構造でした。その後、錦戸さんもギターを持つようになり、そして横山裕さん村上信五さんも楽器で参加するようになり、いつの間にか、踊っていた曲が完全にバンド曲へと変化していきました。さらに、リードギターは常に安田さんで、間奏でのギターソロもずっと安田さんが務めてきましたが、そこを錦戸さんが演奏することも出てくるようになりました。

 そして今回のリアレンジ。トランペットという関ジャニ∞にとってもっとも大きな革新。そしてもう一つ目をつけたいのが、ギターソロ。2本分のソロが入っています。これも当時の彼らにはなしえなかったことだと思います。

 思うことは人ぞれぞれですが、私はこうして曲が常に進化していく姿が大好きです。素晴らしいことだと思います。

 思うことは人それぞれ、と言いましたが、もちろんリアレンジされることに抵抗がある方もいたと思います。でもやっぱり聞いてみないと分かりませんよね。私は、思ったよりオリジナルに近い形が保たれているなと感じました。だから、違う曲になってしまうことを恐れている方には、ぜひ一度聞いてから判断していただきたいです。

 全く違う曲になったわけではなく、良いものは残しつつ、新たな形を取り入れ、今の彼らにできる最大限のものを、彼らもファンも愛しているこの曲で、形にしたかったのではないかなと、独自の考えではありますが、そう思っています。

 今の関ジャニ∞の力を感じられる素敵な新「Heavenly Psycho」でした。