それを嫌いになれないから

音楽、芝居、文学、自分が楽しめることを綴る場所

関ジャニ∞『前向きスクリーム!』レビュー

8月5日関ジャニ∞のニューシングル「前向きスクリーム!」が発売になりました。

 初回盤と通常盤を購入し、聴き込んでいる最中ですが、とりあえずの感想を残しておこうと思います。

 

 

前向きスクリーム!

まさに「前向き」と言った感じの歌詞に曲調。バンド感もありながら盆踊りのような和風の曲調も感じられます。

歌詞に関しては村上信五さんに「バカになれ」と歌わせたり、丸山隆平さんの「同じアホなら~」なんて歌詞もあったり(「F・T・O」に似たような歌詞あるでしょと言いたい)で作詞者は一体誰なんだとずっと気になっていました。(「強く強く強く」からHPでクレジットが載らなくなったため買うまで確認できない。載せてくださいINFINITY RECORDS.....)

作詞作曲がUNISTのGAKUさんでした。GAKUさんであったことは私的に嬉しい限りなのですが、いろいろと想像してたことはおそらくただの偶然だったのでしょう。残念。(もしかしたらGAKUさんがエイトをめちゃくちゃ研究してくれたのかもしれませんけどね?)

個人的には2番Aメロの錦戸亮さん歌い始めの「はーっ」っていうのが好きです。

またその2番Aメロでのベースラインの動きがすごくツボです。カッコいい。

そしてこれはおそらくですが、大サビの「前向き!前向き!」の中に「真矢みき真矢みき!」が本当に混ざっていませんか?渋谷すばるさん!!

作詞の渡辺潤平さん調べてみましたけど音楽関係者ではない模様。オロナミンCのCM制作に携わっているようでそのサイドから作詞を手伝ったのかもしれません。編曲・久米康嵩さんは言わずと知れた方ですね。今回もありがとうございます。本当に曲調素敵です。

 

CANDY MY LOVE byキャンジャニ∞

謡曲チックな切ない曲調に究極に切ない歌詞。サビの()書きの部分はかなり好きです。

一応女性アイドルグループということで関ジャニ∞にとってはキー高めですね。頑張ってるのがよく伝わります。落ちサビの安子さん錦子さんの高音なんて特に。サビの()書き部分は村子と横子がよく聞こえますね。そういうところ好きです。単調に歌っている感じも心惹かれます。

作詞作曲・山崎隆明さんはこちらもCM関係の方ですが、音楽関係の活動もなさっているみたいです。編曲・大西省吾さんも言わずと知れた方ですよね。最近は関ジャムでもお見かけしますね。歌謡曲っぽい感じが私は本当に好きなので、キャンジャニはちょっとキモいですけど曲はすごく気に入りました。

 

夏の恋人

クレジット発表がない中、唯一発表されたのがこの曲の作詞・丸山隆平。クレジット表記見てビックリしたんですけどM.comじゃないんですね。てっきりM.comで来るもんだとばかり思っていたので拍子抜けしました。「渋谷すばるのスバラジ」で言ってましたが「CANDY MY LOVE」のアンサーソングだとか。そのテーマがもともとあったのか、丸山さん自ら提案したのか分かりませんが、アンサーソングという縛りがありながらも丸山さんらしさが散りばめられていていました。

喋りかけるような言葉、句読点の多用は丸山さんの癖。その他、テーマがあるからかもしれませんが、2人称が「お前」だったり、お前のためにみたいな歌詞は丸山さん好みだなと感じました。

ぜひ次の機会には何の縛りもなく丸山さんの言葉が生きる曲を聴きたいですね。丸山さん作曲もできますよね?作詞作曲も聴いてみたいですね。

シークレットトラックより、歌割も丸山さんが決めたようですが、本当にファンのツボ押さえてきますね。そのうえ、メンバーとしてそれぞれの特徴を生かした歌割になっているところがまたすごい。横山裕さんの「ごめんね。」の台詞なんてまさにeighterの心鷲掴み。サビで錦戸さんがフィーチャーされているのも「お前を~」のような歌詞が彼にふさわしいですし(この錦戸さんに関しては、CMよりすば子が錦戸さんに惚れているようなのでそのあたりも暗示していると思われますが)、最後の大倉忠義さんの台詞はファンも喜ぶ上、大倉さんに似合いすぎていますね。

また曲の構成からもアンサーソングであることが感じられます。特にサビの追いかけるような構成が「CANDY MY LOVE」と重なります(「CANDY MY LOVE」ではすば子、「夏の恋人」では錦戸さんという対比も含め)。

曲はこちらも歌謡曲チックといいますか、短調でカッコイイ感じのテイストになっていますが、これまた私にとってはドストライク。作曲・成瀬裕介さんは初めて知りましたが、編曲のPeachさんは最近よく見かける方ですね。関ジャムでも演奏されてますね。Peachさんの曲はハマることが多いです。

 

ズッコケ男道~∞イッパツ録り~

Mステでも披露されたバンドアレンジのズッコケ男道。バンド好きな私にとっては夢のような曲です。

Mステで聞いたときは「∞th ANNIVERSARY Single's Remix」内のズッコケだと思っていたのですが、Remixの編曲は大西さん、今回の編曲はPeachさんなので違うのかもしれません。しかし、どちらのアレンジもとても好きです。

原曲よりもテンポが速くなり、疾走感あふれるロックアレンジが最高です。村上さんのキーボードがよく目立っていて素敵でした。渋谷さんのブルースハープが原曲にはないメロディーなので新鮮で、一気に雰囲気が変わりますね。楽しいズッコケ男道がこんなにもかっこよくなるなんて、感動でした。

ところで「一発録り」について議論が交わされていたので、調べてみました。「1テイクで録った」という意味だと私も思っていたのですが、正確には「みんなで同時に最初から最後まで通して演奏、録音した」という意味であるようです。つまり「錦戸さんのキャップが前後ろ変わってる!一発録りじゃない!」という考えは間違いだと分かりました。映像作品にはありがちの前後が合わない問題。それはそれで問題ではありますが今回は置いておいて、何テイク録っていようがあれは間違いなく「一発録り」でした。私も危うく「一発録りって言ったじゃないか」と言いかけたので、私の信じた関ジャニ∞は間違いないと分かって安心しました。