それを嫌いになれないから

音楽、芝居、文学、自分が楽しめることを綴る場所

関ジャニ∞十祭レポ 2014.08.23 @長居ヤンマースタジアム

2014年8月23日大阪。十祭 長居1日目に参戦してきました。人生2度目の参戦です。

グッズは1時間半くらい並んでなんとか買えました。

席はスタンドAのかなり上のほうでしたが、メンステ近くだったのでよかったです。でも真ん中のモニターは見にくかったな。

 

<OPNING>

祭り感漂う映像。さらし巻いてハッピ姿で屋台に立つメンバー。映像の横山裕さんはもちろん金髪。

 

浪花いろは節

 それぞれのカラーのやぐらに乗ってさらしにハッピ(映像とは違ってメンバーカラーのキラキラ仕様)で登場。MCの並びで、横山さんが1番近かったです。本物は黒髪。

 

♪ズッコケ男道

 「ワン、ツー、ウー!!」に間に合わなかった私。フロートで外周からバクステへ アリーナとバクステ側のスタンドに水が降る。メンバーも水を噴射させる。濡れたかった。

 

無責任ヒーロー

 バクステにて。ステージが回ったり3段なったり。

 

♪モンじゃい・ビート

 バクステ→フロート→メンステ。三馬鹿がなんかめちゃくちゃやばかった。フロートは近くに錦戸亮さん。ずっと見てました。降りるまでずっと見てました。

 

♪キング・オブ・男

 ハッピ脱いで金の衣装。終わりごろに大倉忠義さんコケたみたいです。

 

<挨拶>

錦「関ジャニ∞でーす!!ようこそー!!せっかく雨降ってないのにいっぱい降らせてごめんなさーい!!」 ←珍しく叫ぶような挨拶

安「楽しいかー?気持ちいいかー?最後まで、ついて来いよ」 ←高い声で叫んでたかと思えばトーン落としてギャップありまくりです。

村「さっそく大倉がコケました!祭りだからいいんじゃないですか。みんなの顔見てました。ハゲもいました。そんな皆さんの声聞かせてください。じゃあ、男eighter、、、」 男「、、、うぇーーーーい!!!」 ←フライング

村「まだや!!!」 客「笑」

男「男eighter!声は出てるかー!!」 男「うぇーーーーーーーーい!!!!!!!」

村「女eighter!声は出てるかー!!」 女「いぇーーーーーーーーい!!!!!!!」

村「今日も、、、ヴァカになろうぜーーーー!!」 ←踊る村上さん

横「こうやって10周年、大阪に帰ってくることができました。今日は10年分の感謝をぶつけます。あふれんばかりの想いを受け取ってください」 ←マイクもって喋る風にしてカメラ目線でマイクおろすのを繰り返してeighterを焦らし続け喋りました。ずっとeighter「フゥーーー」って言ってました。

渋「今日は関ジャニ∞からいろんなありがとう届けますんで、僕らの愛、好きなだけ持って帰ってください。」 ←全部持って帰りました。

丸「ハゥマーッチ??(How much?)」  客「ハゥマーッチ!」

丸「ハゥオールドアーユー??(How old are you?)」 客「ハゥオールドアーユー!」

丸「ハーヌケテモウター!!(歯抜けてもうた)」 客「ハーヌケテモウター!」

丸「デモモーキニシナーイ!!(でももう気にしない)」 客「デモモーキニシナーイ!」←パァーンはなし

 大「コケましたー!!アイドル目指して、事務所入りましたが、やっぱり僕は関ジャニ∞なんだなって思いました!元気ですか?今日はイベントでしかできないことを届けようと思います。」

 

<ジャニーズメドレー>

大「僕らなりにカヴァーしました!!」

※注意:私が盛り上がりすぎて、はしゃぎすぎて、ほとんど記憶がとんでおります。

 

♪お祭り忍者 (メンステ/全員)

 三馬鹿と年下で分かれてた歌ってました。雰囲気としてはカヴァコラのような。ワチャワチャしてます。

 
♪スシ食いねぇ (センステ/年下)

 4人でグルグル回ったり、集まったり、ワチャワチャです。

丸「大将!つまようじ!!」 から...

 

SHE!HER!HER!センステ/年下)

 つまようじしながらシーハーハーと歌う4人。これがなんとも言えず、おもしろいのです。♪キスをしよ~で、手を挙げたら音がやんで終了。もうつまようじがしたいだけのSHE!HER!HER!です。キスマイごめんなさい。

 

♪仮面舞踏会 (メンステ/三馬鹿)

腰ふりエロいです。三馬鹿で、というのがまたいいんでしょうね。サマーストームの前夜祭(Spirits)で横山さんと渋谷すばると錦戸さんがやった少年隊もよかったけど、三人組ならやっぱ三馬鹿ですね。

 

♪硝子の少年 (センステ/山田)

 三馬鹿がポップアップでステージ下へ消えた後ろから山田登場。カヴァコラ感強めです。安田章大さんがエロさ全開。

 

♪Real Face (センステ/村上)

DJみたいな恰好で、すごいラップしてます。村上信五さんのソロがまさかのラップです。本当に何言ってるか分かりません。ムラップ最強です。舌打ちは人差し指にチュッてして上へ挙げます。もはや原型なし。

 

青春アミーゴ (バクステ/torn)

とりあえずカッコいいです。

 

♪オリジナルスマイル (センステ/横山→全体/全員)

横山さんのソロです。もう感動でした。上手でした。でも最後音はずして首かしげてましたけど。渋谷さんと横山さん同じ衣装のTシャツ。ほかのメンバーはみんなそれまでの衣装のまま。

 

♪weeeek (全体/全員)

泣きました。錦戸さんがweeeek歌ったんです。モニターで錦戸さん探して、映った錦戸さんは笑顔でピョンピョン跳ねながら、とっても楽しそうに歌ってて、それだけで嬉しかったです。語れば長くなるが、少なからずNEWSの錦戸さんも大好きだったので、脱退の話が出たときは本当に悲しかったです。ジャニーズは脱退したら、そういうもの全部グレーで触れられなくなるので、それが一番辛い。だから今回、錦戸さんがweeeekを歌ってくれたことはすごく大きくて、一瞬でしたけど、楽しそうな錦戸さんを、しかも生で見られて最高でした。錦戸さん映った瞬間号泣だったんで、そのあとの歌ってる様子は全く覚えてませんが、最高の瞬間だったことは一生記憶に残るでしょう。

 

♪Verus (全体/全員)

weeeek明けであまり記憶がありませんが、ただ自分が全力で踊っていたことは確かである。 ←

 

♪愛・革命 (メンステ/丸・革命)

 タッキーのコスプレ(!?)でなりきって歌う丸山隆平さんの映像「丸・革命」。この日はやたらと「おもてなし」でセリフの最後もおもてなし。歌の最後「か・く・め・い」も「お・も・て・な・し」大笑いさせてもらいました。

 

♪アンダルシアに憧れて (メンステ/安亮倉→全員)

はじめは三人でめちゃくちゃカッコいいです。ボルサリーノやばいです。途中から全員に(村上さんはおりません)。私の中にはアンダルシア=横山裕になってるので(初参戦した8ESTのライブのMCでアカペラで歌ってくれた記憶が未だに脳に焼き付いている)、次はぜひソロでお願いしたいです。

 

♪A・RA・SHI (メンステ→センステ/全員)

 アンダルシアのカッコいい人々の目の前にポップアップで突然現れたのは、なんと、あの伝説のスケスケ衣装を身に纏った村上信五でした。後ろではカッコいい6人がカッコいい衣装を脱ぎ捨て、スケスケになっています。 元ARASICKの血が騒ぐ私は一人ノリノリでレスポンスしまくり、踊りまくってました。村上さんはもちろんラップ。本家聞きまくってる私からしたら、もう考えられないほどすごいラップです。イントネーションが関西弁でまさに村上さんが喋ってるかのよう。

 

♪ええじゃないか (センステ/全員)

安「人の曲ばっかりしててええんかなあ?」

大「ええじゃないか、、、」

全「(中央に寄って)、、、ええじゃないかーーーー!!!!!!!」

関西大好きな私にはたまらないコラボレーション。しかし一緒に行った仲間のもう一人は私以上にジャニスト大好きっ子(つまりeighter兼ジャスミン)。私以上に激しく騒いでおりまして全力で踊ってらっしゃいました。エイトさんが踊ると可愛いうえに、スケスケのまま歌ってるアンバランスな感じがまた素敵です。淳太さんがこれ見て言ってましたが、いつか今度はジャニストが全員でエイトの曲カバーしてるの見たいです。

 

♪TAKOYAKI in my heart (センステ→メンステ/全員)

 これもスケスケのまま、サビとラストのみ歌いメンステ移動。

丸「ヤス!青のりついてるで!」のフリから、

安「大将!つまようじ!!」

 

SHE!HER!HER! (メンステ/全員)

まさかの本日二度目です。しくみは同じです。今度は三馬鹿もともに歯をむきます。♪キスをしよ~でメドレー終了

 

ジャニーズメドレー本当に最高でした。これはジャニヲタでよかったと実感しました。いろんなジャニーズの曲を聴いてきて本当によかったと。なぜなら、ほとんど踊りまくっていたから。ジャニヲタ最高 ←

 

<∞レンジャー>

暗転して映像が流れる。。映像はエイトレンジャー2の映像から『奴らが返ってきた!!』という感じになり、登場!!!!!!!

 

♪∞レンジャー

もちろん映画版エイティングスーツ。サビでお尻ふりふりっ。∞レンジャぁぁぁぁぁ~~~~~ ←長め。その間に後ろでオレンジとグリーンが遊びまくる。レッドがモニターアップなので映っちゃってます。

 

ブルーが倒れ、ブラックが頭を抱えてるところから始まる。(若干ブラックの立ち位置にみんなが寄り集まってます)

赤「取り返しつかへんぞ!」

黒「やってもうたー」

 

 (モニターに“5分前”の文字)

ナ「遡ること5分前」 ←新しいやり方ですね

みんなセンターに集まる

黒「ちょっと大事な話があんねん!みんな集まってくれ」

なになに?とみんな集まる

紫「えー俺ちょっとトイレ行ってくるわ」

橙「トイレに行っといれー おべんきでー」

ナスはトイレに入る (ナス側にトイレがある)

黒「実は、好きな子ができてん!!」

全「えーー!?」

黒「しかも、なんと、そこにおんねん!」

ブラックの指差す先には美しい女性(白雪の頭にピンクのドレス)

全「かわいいー」

緑「ブラックにはもったいないんちゃう?」

黒「俺が先に好きになったんやで」

などなど一悶着

黒「でも俺にはこれがある!!」 と、矢を取出し、満面の笑みで「惚れ~る矢!!」

全「惚れ~る矢ぁぁぁ??」

なんと、これが刺さるとうった人のことが好きになるという...

青「すごいやん!」

カメラを構え惚れ~る矢をバシャバシャ撮りまくるブルー

青「思い出を形に残すタイプやねん」

そして、いざ好きな子のハートを射止めようと矢を構えるブラックと、それを形に残そうとカメラを構えるブルー。ところが、ブルーがくしゃみをしてしまいブラックにぶつかってしまった。矢はそのまま変な方向に飛んでいく。まず、メイクを直していたお客さんの鏡に当たり、次に関ジャニ∞の十祭のセットに当たり、そして、ちょうど用を済ませてトイレから出てきたナス(ヒョウ柄パンツ一丁)に...

赤「取り返しつかへんぞ!」

黒「やってもうたー」 ←ここで最初のシーンに戻ったんですね

紫「ビックリしたけど、なんともないからよかったわー。みんなどうした?」状況を読めてないナス(服装も含め)

橙「なんで、裸なん?」

紫「言うてへんかったっけ?俺、全部脱がな、用足せへんねん」 ←小ボケ放り込む

橙「ナス、今どんな気持ち?」

紫「そりゃ、スッキリした気持ちや」

橙「いやいや、こっち(メンバーのほう)を見て、、、」

紫「そっち見てって、、、」

少し呆れたようにメンバーのほうを見るとブラックが視界に入る。そしてロックオン。ナスの心がドキドキし始めて、心臓音がどんどん速くなり、最後にモニターどアップでナスの笑顔(ちょっと怖い)。つまり惚れてしまったのです。みんなガックリ。このあたりから素敵なナスが出来上がっていきます。

橙「ブラックのどこが好き?」

そして映像が流れます。①ブラックが女装した映像。←かなり可愛い

紫「女装めっちゃ可愛いところ♡」 (惚れてるんで基本的に語尾は全部♡です)

水球ヤンキースの伝説の黒澤さんの映像

紫「けんかが強いところ♡ この髪、掻き上げるところが♡」

モニターはナスをどアップで映し出します。惚れてしまっている笑顔のナスを。

みんな困り果て、どうしようかと考えている中、ただ一人名案を思いついた男が

黄「(小声で)これは、チャンスや。ちょっと俺、帰るわ!!」と帰ってしまう。

レッドはブラックに怒っていた。

赤「ブラック、あっちへ行って」

黒「わかったよー」 ←これ、めちゃくちゃ可愛い

緑「それ、アナとなんとかのなんとかやん!!」

このラリー×3回

たまらずブラックが噴き出してしまい「これ、グリーンのとこまで含めてスベる」 ←言っちゃった

結局、とりあえず帰ることになります。

橙「みんな分かった?」

「わかったよー」 ←可愛い

 

“翌日”

レッドが登場。ナスの件を考えながら、ブツブツつぶやきながら登場。すると、昨日の美しい女性がハチモンに絡まれている。

赤「アレ、、、ブラックが好きって言ってた人やないか!助けないと!」

と、近くにあった矢をハチモン目掛けて飛ばす。そして命中。(その隙に女性逃げる)

ナ「しかし、この時、レッドは気付いていなかった。その矢が惚れ~る矢だったことを、、、」

ハチモンのほうへ向かうレッド

赤「これ、惚れ~る矢やないか!」

するとハチモン中からイエローが出てきてレッドにロックオン。だんだん鼓動が速くなり、やがてモニターいっぱいにイエローの笑顔。イエローがレッドに惚れた瞬間。レッドは絶望。

 

“5時間後”

ステージにみんな登場。

緑「5時間経ったなー」 ←あほですか?

オレンジがナスを支えて出てくる。

橙「ほら、見て」 と、ブラックのほうを指差す。それに従って指差すほうを見ると、、、

紫「うわー/// ブラックやぁ~///」

すぐ目を逸らし、オレンジにしがみつくナス。

イエローはレッドの後ろにくっついて出てくる

赤「えらいことや」

黒「どうした?」

赤「えらいことや」 ←気に入ったらしい

3回くらいこのラリーが続き

赤「実は、惚れ~る矢がイエローくんに刺さってしまったんだよ」

みんなビックリ。イエローは照れたように苦笑い

青「じゃあ、イエローは今レッドのことが好きなん?」

黄「うん、、、///」

黒「念のために、、、レッドのどこが好き?」

映像です。①脇毛を見せる映像(よくあるグレーゾーンのやつです)

黄「このふっさふさの脇毛!もっと脇みしてぇ~///」 (悶えてます)

②綿棒2本で同時に両耳のお掃除する映像

黄「見て!見て!この笑顔!!はぁ~///」 (いちいち悶えます)

惚れてしまったイエローさんの笑顔が映ります

黒「脇毛で寝たい言うてませんでした?」

黄「寝たいやろっ!」 ←違います。

すると、突然グリーンが意を決したような顔で

緑「もう、俺言うわっ!」

青「あかん、グリーンっ!」 ←すでにその会話があかんwww

緑「実は、ブルーが俺に惚れてしまってんねん」

みんな更にビックリ

緑「この前な...」

ここで映像による回想シーン。2人が電話してる映像がながれ

緑「ブルーから電話がかかってきて、 「もうすぐ映画『クローバー』が公開になるから、四つ葉のクローバーを探しに行こう!」って誘われてん。」

クローバーを探す2人のCG感丸出しの映像が流れ

緑「それで行ったんやけど、、、そしたらブルーが、 「めっちゃでっかいクローバーがある」って言うて来て。見たら、ホンマにすごい大きくて。とろうと思ったら近くになんか変なもんあって、ホイって投げたんやけど、それがブルーに当たってもうて。そしたらそれが惚れ~る矢やってん。」

グリーンの困った顔とブルーの嬉しそうな顔

橙「グリーンのこと好き?」

青「好きっ♡」

赤「きっしょ」  ←かなり暗いトーンで

またもどこが好きなのかという話になり、またも映像登場。①グリーンがシャワー浴びて髪掻き上げる映像

青「右の脇のホクロ♡ 左脇にも同じところにある」

②バスローブ姿のグリーンの映像

青「風呂あがっってバスローブ着るところ♡」

③ブルーが撮ったグリーンの寝顔写真(リアルに安田が撮った大倉の寝顔写真大量)

青「寝顔が好き♡」 次々とリアル写真が放出され

青「これ一番好きなヤツ♡ 大倉とオクラ」

モニターには食事中の大倉とオクラの貴重な2ショット ←もはやグリーンではなく大倉

黒「ブルーだけテイストちゃうな」

橙「これでまたカップル成立か、、、」

赤「あれだけグループ内恋愛は禁止やって言うたのに、、、」

橙「ちょーっと待てー!俺だけカップル成立してへんっ!あっ。ということは、モノマネしてもえぇってことか!(笑顔)」

黒「どういうことやねん!」

喧嘩が始まります

緑「もとはと言えば、ブラックが変な矢、持ち出すからやろ」

紫「ブラックは何も悪ないやろ!お前こそ、いっつもヘラヘラしやがって!」

青「やめろよ!お前、生きてることをあやまりなさい!----レッドにも言いたいことあんねんけど」

赤「なんや、オカマ」

青「はっきり言うな」 ←

青「下ネタ言うのやめてくれへん?恥ずかしいねんけど」

黄「はあ?お前何言うてんねん!個性やろ!!おいっ!ナスビ!ゴラァァァー!聞いてんのか!?」

紫「ハイィィィーーーー!」←ナスが怯えながら前に出てくる

黄「そもそも、トイレ行って矢に当たったお前が悪いやろ!この、クソゴリラ」

紫「ク、クソゴリラー!???」

モニターにはゴリラになったナスの合成写真登場

紫「ゴリラって言われたー(泣)」 ←ブラックに抱きつくナス

黒「おい!ブルー!なにヘラヘラしとんねん」

紫「お前かて、チンパンジーみたいな顔しとるやんか」

チンパンジーになったブルーの合成写真登場

青「チンパンジーって言われたー(泣)」 ←グリーンに抱きつく。まさにチンパンジーのように

緑「おい!イエロー、、、(何も言えず)」

黄「俺にもなんか言えよー」

緑「もうみんなゴリラに似てるんやから全員ゴリラでええやろ!」

青「このアルパカがー」 ←

緑「誰がアルパカじゃ」 ←あれ?ここ味方じゃなかったっけ?

黄「おいコラ!アリクイ!」

黒「誰がアリクイじゃ」

緑「動物園か!」

この辺りでメンバーの様子がおかしくなった。どうやらレッドがセリフを言わないようで

黄「おい!アリクイ!!」

黒「誰が困ったときのアリクイやねん!」

赤「こうなったらやるしかないな」

ナイフを取り出す。ほかのメンバーもナイフと手にし、対峙。

橙「ここでモノマネのチャンス!」

そして、PUZZLEツアーの時のコントであった、細マッチョ・ゴリマッチョのCMのパロディーの掛け合いで喧嘩がはじまる。オレンジはというと、音が止まった時に出てきてモノマネを披露するという(一応、喧嘩を止めるために)。もちろん陽水さんも。

橙「ここはウェストサイド。私が歌っているのは、、、?」

客「リバーサイド」

橙「正解」 ←巻き込まれました

3回ほど繰り返し

橙「おっと、モノマネしてる場合じゃない!そういえば、なんでも治るという魔法の粉があったな!ちょっとそれ取ってきまーすっ!」

おつかい感覚でハケる。モニターにはオレンジがマリオのゲーム風に飛んだり跳ねたりして粉GET。ステージではまだ喧嘩が続いているがそろそろ終盤。全員がナイフを振り上げたとき、粉をGETしたオレンジが登場。そのまま刺される。

 全「オレンジー!」

赤「うわーーー」と言いながらレッドがとどめに後ろから一突き

橙「この粉が本当なら、一発で、、、」←自分に粉を降りかける

橙「ん~治ったー!これでみんなもー」

そしてみんなにもかけるとキラキラと紙吹雪が降る

黒「おい!ナス!大丈夫か!?」 と、近寄ると、、、

紫「うわ!なんやねん!!近いわ!!」

黒「え!?さっきまで俺のこと好きって」 ←若干さみしそう

紫「はあ?そんなん言うてへんわ」

黒「ということは、治ってる!!」

緑「イエローは?レッドのことどう思う?」

黄「かっこいなーって思うよ」

緑「え!?」

黄「いや、同じメンバーとして!」

橙「ブルーは?」

青「オレンジのおかげでもと通りや」

みんな元通りでよかったよかったとなっていたのですが、ここで時が止まります。ある男を除いて。

青「皆さん、お気づきでしたか?」

世にも奇妙な物語の音楽が流れ、ブルーにライトがあたり、この男が語り始める

青「実は僕に刺さった惚れ~る矢、偽物だったんですね。」

ブルーがニセ惚れ~る矢を作り仕掛ける過程が映像で流れる

青「本物の写真を撮って、偽物作って、大きなクローバー植えて、そのうえに惚れ~る矢を置いて、わざと刺されて、、、。僕には、惚れ~る矢なんて、必要なかったんですね(笑顔)では、、、いただきまーす♡」 ←グリーンに抱きつく

しばらくして、時が動き出す。もちろんブルーはグリーンのもとに。

緑「ブルーどうしたんや?」

青「いや。みんな元に戻ってよかったなー」

こうしてめでたしめでたし

 

♪ER2

メインステ。がっつり踊ってます。意外と日が暮れて暗くなってました。ずっとレンジャー見てたから気づかなかったのですが ペンラつけた瞬間今までとは雰囲気が違うと今さら気づきました。

 

∞レンジャーについて少し

ナスがおかしくなってしまってるので、いつもの感じがなかったんです。ナスがツッコんだり話を回したりというのができないんです。そこを今回はブラックがツッコんでオレンジが回して(1人取り残されて唯一まともだったので回し役になっただけだと思いますけど)。それによって、ナスがボケまくってるのが見れてよかったかなと感じました。いつもと感じが。それから、カップルの組み合わせも最高ですね。細マッチョ・ゴリマッチョもよかったです。


<MC>

村「せっかく立っていただいたところなんですけど、お座りください」 ←ER2だけ立ったので

なんかみんなが落ち着くまでガヤガヤと。相変わらず丸さんが変なこと言うてた気がします。

村「改めまして、十祭へようこそ。関ジャニ∞でーす!」

みんなで「ありがとう」大会。でもなんか変なイントネーションです。

村「今日の∞レンジャー、ムチャクチャやったなぁ」

大「みんな楽しみだしてる」

村「たぶん俺、ヨコにしがみついた時にヨコのスーツ破ってもうたわ」

横「アイツ、ほんま力強いねん!」

村「俺もベルトのとめるとこ外れて、壊れてもうてん」 ←ナスのベルトがアップで映し出される。見事にはずれてました。

村「マルもモノマネも自由やね」

錦「みんな誰かわからへんやろ」

大「ちなみに1人目は誰やったんですか?」

丸「アレは近所のヤンキーのお兄ちゃん」

村「わからへんやん!」

ここですばるさん安田さん村上さんお着替えへ。横山さん丸山さん錦戸さん大倉さんでお話

横「景色すごいキレイやね」

大「そうかなぁ?」

横「ペンライトが、や!最近、俺なんかした?」←ペンラ確かにキレイでしたよ

大「いや、夕日とか出てへんし、、、」

錦「なんかした?」

横「してへんわ!」

横「昨日、飯行ったんでしょ?」

丸「そうです」

横「久々やったでしょ?」

大「久々やったねー。丸山さんが全部払ってくれました」

丸「私がお店を手配させていただいたので、、、」

横「だから、「お・も・て・な・し」連呼してたん?怒られるで」

丸「怒られへんよ!『丸・革命』やもん。あれも一つの革命ですよ」

横「∞レンジャー崩れてきましたねー」

錦「慣れてきたんやろな。意外とさ、東京からあいたけどできたよね」

大「そうやね」

横「今回も、俺(台本を)書いたやんか。自分でやで。“ヒナが俺に惚れる”って」

丸「あぁ、そっか」

横「自分で何書いてんねやろって」

大「今回はどうやって書いたんですか?」

横「リアリティを求めたかった」

錦「リアリティ!?」

横「いやぁ、ありそうな設定でって考えてて、まぁどっくんとすばる、、、いこう!ってなって。丸はどう考えても結びつかへんかってん」

丸「リハとかしていくうちに、だんだん、自分だけ成立してへんのが悲しくなる」

大「ちなみに誰とがよかった?」

丸「よう聞かれるやん、雑誌とかで、結婚するならだれですか?みたいな。最近、変わったんですよねー」

横「誰なん?」

丸「前はヤスやった」

横「今は?」

丸「すばる」 ←呼び捨てでした本当に

横「尻軽やな」

丸「尻軽ちゃうよ!!」

大「キスするなら横山くんとか言うてたやん」

丸「それ唇やもん」

言いながら、すばるさんが帰ってきたのでハケていこうとする。それに続いて横山さんと大倉さんも...

錦「待って、まだすばるくんしか帰ってきてへん」 ←さすが強火担

それを聞いて戻ってこようとする3人。

渋「いや、いける」

錦「あ、いける?」

村上さん安田さんも戻ってきたのを見て、安心して着替えに行く錦戸さん ←さすが強火担。ところが、せっかくお着替えして戻ってきた村上さんは髪の毛がなにやらおかしい。大爆発しております。

安「すごい頭してんなぁ」

村「タオルでうわー拭いてそのまま出てきたから、、、どうしたらえぇ?」

膝ついて立ってる村上さんの後ろに立ち、髪の毛をセットしてあげる安田さん。優しいなあと思いきや、いたずらっ子登場です。てっぺんの一部だけ立たせてます。それには気づかず今の自分の大変な髪の毛の話を始める村上さん。

村「美容院行ったんやけど時間なくて、僕、横と後ろしか切ってもらわれへんかってん。それでほったらかしてたら、えらいことなって。前だけこんもりしてきて、アカン思ったんで、テレ東のメイクさんに前と上だけ切ってもろうたんですよ。でもまた一週間したら、今度は横と後ろだけ伸びてきよってん。またバランスおかしなったから、仕分けん時にテレ朝のメイクさんに切ってもろうてん。だから来週またどうしようか思ってて、、、」
安「まとめて切ってください」

レコメンで言ってた話+αでした。

村「渋谷さん、自分で切ってますよね」

渋「もう美容院なんて気持ち悪い。髪型なんてどうでもいい」

村「後ろとかどうしてんの?」

渋「後ろはもうノールックで。回を重ねるごとに感覚で。今は鏡をこう、、、あれして、、、あれしてんねん」

村「“あれ”ばっかりでわからへん!合わせ鏡みたいな?」

渋「そうそう!それでやってますわ。へへっ」 ←ウケた

村「シャンプーなに使ってんの?」

渋「シャンプーはね、あの、いいシャンプー使ってます」

安「え?石鹸で前から(洗顔とまとめて)ガッていくんやないの?」

村「それケツ洗いの発想や」

そして笑ったからか喋ろうとしたからかは定かではありませんがマイクに顎をぶつける安田さん

村「なんでそうなんねん!」

渋「ヤス」

安「ん?」

渋「きっしょ」 ←静かに発します

村「どうしてんの?ヤスは」

安「俺の話!?」 ←すばるの話だと思ってた章ちゃんwww

安「僕は美容院ですね。ネットで検索して、、、」

村「え?写真プリントアウトして?」

安「いや、、、(スマホを見せるような動作しながら)画像だして、、、」

村「あ、電話のほうのやつか」

渋「電話のほうのやつってお前、、、ほんまに同い年か!?」

村「いや、パソコンのほうかと思って、、、」

渋「お前、親戚のおっちゃん感覚やな!」

安「1回、銀みたいにしたときは、美容師さんにお願いして、自分でやってん。手袋つけて、、、」

村「そんなもん、任したらええやん!」

安「まばらに染めたかったから、、、」

渋「何、やりたなってんねん」

村「工作やん!」

渋「意味が分からん」

村「毎日夏休みやな」

村「仕事で髪型変えられへんときあるやん」

安「もう嫌になる。なんやねん、この髪型!ってなる」

村「でも仕事やからな」

安「今、舞台が始まるから変えられないんですよ」

村「今は舞台用なの?」

安「舞台に向けて伸ばしてます。みなさんぜひ見てください」

ここでお着替え4人が帰ってきます。

大「なんて言う舞台?」

安「ジュリエット通りっていう...」

内容の説明をし終えると...

大「なんていう舞台?」 ←2回目

横「サマーストーム?」

安「それ何年も前の松竹座やんか」

そして、VIPゲストみるかちゃん人形の紹介(髪の毛の話してるとき、うしろのバンドセットのおマイクスタンドにみるかちゃん人形いるのがモニターに映ってて気になってた)。今回はライブの景色をみるかちゃんに見せてあげようということで連れてきたそうです。安田さんのマイクスタンドに座ってます。

 

<アコースティックセッション>

 ♪いっこにこにこ

 ほほえみデートで錦戸さんが丸山さんのために作り歌った曲。『いっこにこにこ』というのが正式なタイトルだそうです。アレンジが加わりメンバーみんなで演奏。すばるさんがウクレレ、村上さんがピアニカです。丸山さんは何もせずに聞いてます。もちろん歌うのは錦戸さん。歌い方が優しくて、丸山さんの笑顔も優しい。本当に暗くなってきてペンラがとてもキレイでした。eighterみんな座ったまま聞き入ってました。

 

♪ありがとう

 男気対決の罰ゲームの時、1時間で作った曲。こちらもアレンジが加わってみんなで演奏。“過ぎていく24時間”が“過ぎていく10年”に変わってました。すばるさんの溜めに溜めての“ありがとう”沁みました。

 

終わってからバンドセット片づける間ちょっとお喋り

横「アコースティックの後のMCってしんみりするね。引っ張られて。お客さんもうんうんなってる」 ←ひとり余韻に浸る横山さん

 

♪オモイダマ

ずっと座ってたのでそのまま座って聞いたオモイダマメンステ横一列。横山さんの演奏はなし。ちょっと聞きたかったんですけど。みんなでラララ~も歌いました。鳥肌立ちます。

 

<ハチフェス>

 暗転し映像へ。ご存じの通り『アラフェス』のもろパクリです。 ←横「パロディやん!いいものは取り入れていく」と言い張っておりますが。アラフェス何度も見てるから、このクオリティの高さには驚きました。もちろんエイトらしさも取り入れ、リアルな顔になったり、デカくなったりなどは本家『アラフェス』には存在しません ←勘違いしてらっしゃる方のために、嵐ファンの方のために注釈しておきます

 

“アルバム曲ランキング”

 ⑧『って!!!!!!!』

 ⑦ローリング・コースター

 ⑥1秒KISS ←「1秒KISS」の件から“KISS!KISS!” “ナイナイナイナイ!”の再来。

 ⑤DREAMIN’BLOOD

 ④Eden

 ③10年後の今日の日も ←「10周年にぴったり!」と盛り上がりました。

 ②All is well ←意外と最近の来たなと思いました。まぁ入りますよね。

そして1位の発表は...  錦「秘密ですよ」 しかし、メンバーにはということで、モニターのランキング表にはモザイクで映し出されます。

錦「それでは行きますよ。1位はこれ」

 

♪ブリュレ(1位)

 センステにて。カッコいい衣装にキレッキレのダンス、炎も上がってめちゃくちゃ遠いのに熱感じました。今さらですけど、ブリュレは360度見えるフォーメーションだからどこ見てても楽しいですね。モニターよりも肉眼で見てました。

 

ここからはメンステ戻り進めます。踊った後なのでちょっと息切れぎみです

 

“シングル曲ランキング”

 ⑧ツブサニコイ

 ⑦愛でした。

 ⑥ER ←エイトレンジャー名義だみたいな話をしてた気がします。

 ⑤イッツマイソウル

 ④無限大

 ③LIFE~目の前の向こうへ~

 ②(モザイク)

 ①大阪ロマネスク

やっぱロマネスクですね。ここでの披露する曲をあえて2位にしたのは...

 

イエローパンジーストリート(2位)

3年経ってやっとライブ初披露です。もちろんバンド演奏。PVの赤い衣装が夏仕様で半袖になってます。もう泣きますよ。心配してください。披露もなく、A面であるもののやっぱ『T.W.L』に持ってかれる『イエローパンジーストリート』。秘かに人気は高かったんですね。生で聞いてからより好きになりました。

 

曲終わり、ひとり余韻に浸る横山さん(2回目)。メンバーから次に進めとのフリがあり、

横「『イエローパンジーストリート』ええ曲やなぁって余韻に浸ってたら思いのほかフリが早かった。“君が泣いていないか心配だ”...」

大「次行こう!」

 

“カップリング曲ランキング”

 ⑧Eightpop!!!!!!!!

 ⑦蒼写真

 ⑥絆奏 [ばんそう]

 ⑤浮世踊リビト

 ④I to U

横「俺、『I to U』好き」

大「なんでですか?」

横「俺のソロあるから♡」 ←でもたぶん横山さんは曲調も好きなんだと思います。

 ③BJ

 ②Cool magic city ←クルマジはやっぱり根強いです。

 

♪Heavenly Psycho(1位)

メンステでバンド演奏。1番驚いたのが、間奏のギターソロが安田さんではなく錦戸さんだったこと。なんだか嬉しかったです。この曲が1番成長が見られる気がします。デビュー当時は、大山田バンド+すばるさんのアコギであとのメンバーは踊るっていうスタイル。それに錦戸さんがギターを弾くようになり、8ESTでは7人で演奏。いい意味で変化がある。今回の錦戸さんは本当にうれしかったです。

 

暗転、映像に切り替わります。丸倉がOL的会話で盛り上がる中、5人は背を向けて花火見てるが、村上さんだけお耳ピクピク聞き耳立ててます。ついに村上さんがキレて顔がゴリラになる。

 

“ソロ・ユニットシャッフルメドレー”

「こんな衣装めったに着ない」や「意外だ」という話を終え

村上「ウホウホウホ、、、、(字幕でそれではソロ・ユニットシャッフルメドレーです)」

 

♪Kicyu (渋谷&錦戸)

すばるさんが安田さん、錦戸さん横山さんの衣装を着てメンステ登場。とても可愛いくて、そしてなぜか泣いてた私 ←みんなと泣くポイントが違う パート割も衣装と一緒で、サビだけは主メロがすばるさん、ハモリが錦戸さん。時々振り間違えてるのがまた可愛いのです。間奏は踊らずにステージが高くなります。“ふーれたいよぉ~”の裏声になる感じをマネして自分で笑ってしまう錦戸さん。“ギュッとして~”の動きは完璧でした。

渋「♪だったら合わせてすばとりょう~」 ←すばるさんありがとう

 

♪torn (横山&村上)

横山さんが錦戸さん、村上さんが大倉さんの衣装でバクステに登場。なぜかまた泣く私。 ←やっぱりポイントおかしい ヨコヒナという最強コンビがtornという史上最高にカッコいい曲を披露するというこの感動が分かりますか?←

黒髪で痩せてて、とにかくエロさダダ漏れ横山さん。どう考えてもエロスはないんだけど(ごめんなさい)スタイルの良さとダンスのキレにただただカッコいい村上さん。カッコいいのですが、歌とダンスに関しては安心できなくて。とくに横山さん。あまり覚えていないが聞いた感じだと口パクではない模様。間奏のダンスは少しぎこちないけど、しっかり踊れててよかった。 ←母親目線 大サビの横山さんの甘い声がとておも合いすぎてエロさ倍増。そこに村上さんの力強い声。高音は正直大倉さんよりもキレイでした。後半は手つないだり、かっこよかったり、エロかったり、フェイクもキレイで夫婦最高すぎました。

 

※私のピークはこの2曲だったのでこれ以降記憶飛びまくりでございます。ご了承ください

 

♪わたし鏡 (丸山)

センステで座ってギターの弾き語り。レインボーのTシャツにオーバーオール姿。安田さんのはて昔に比べると低くなってると最近思ったんです。大倉さんのラジオでわたし鏡を歌った時もサビで裏声使ってる感じでした。しかし丸山さんは裏声使わずに無理なくキレイに高音が出る。わたし鏡とても合っていました。違和感ありません。これは泣かずにおとなしく聞き入ってました。

 

♪パンぱんだ (安田さん&大倉さん)

メンステにて。安田さんが丸山さん、大倉さんが横山さんの衣装で、パート割はたぶん真逆でした。この組み合わせ、よく見るのですが、意外と2人だけの曲ってないんですね。この2人で歌ったの初めてじゃないですか?大倉さんはめちゃくちゃフリ間違えて終始ニコニコしてました。安田さんは可愛い。

 

♪Babun

突如、Babunの映像が現れました。そしてメンステにBabun登場。人生2度目の信五コール。楽しいです。“怪我するぜ”ちゃんと黙りましたよ私。サビが終わると、なんとメンバー全員登場。それぞれのカラーのハット&ブーツです。

大「君の瞳に溶けてみたい」

安「生きて帰れるかな」

丸「(脇毛剃るジェスチャー)Sorry Sorry love (剃り剃りラブ)」

渋「ニャーーー!!」

錦「怪我するぜ!」 ←亮ちゃんだったけどルール守りましたよ!!!

横「全員で登場!」

今度は“エイトコール”に。eighter最高ですね。

 

映像に切り替わり。アニメのメンバーもBabunの恰好してます。その後ユニットの話になり、それぞれのユニット衣装に変わりました。

最後に総投票数の発表。しかしモニターには “無限大の愛” という文字が。←愛は数字で表せないとか

 

♪純情恋花火

メンステに登場。浴衣姿。初めて『純情恋花火』聞いた時から、これはライブで浴衣姿で歌ってほしいと思ってました。本当はこれで踊ってほしい。間奏では、数人がダンサーさんのダンスマネして踊ってました。味スタではウェーブがあったみたいですが長居ではなくなってしまい、すぐにサビへ。したかったのですが、上手くいかなかったみたいなので仕方ないですね。なくして正解だったかもしれません。花火は曲の最後で上がりました。キレイでした。生で聞けて本当に良かった。

 

<挨拶>

※私の記憶にはほとんど残っておりませんので、ほかの方のレポを参考にまとめています。

丸「関ジャニ∞の10年分、ジュニアからだともっとかな。ちょっとでもお返しできたらばと思って、みんなで考えてこんな感じになりました。関ジャニ∞とeighterだけの思い出として「2014年の夏はああだったな」って、関ジャニ∞が20年ってなった時に「10年前はああだったけど、20年はこうだな」って基準になったらいいなって感じています。これは僕らから返す気持ちの一部だと思ってますが、精一杯のものを送れたのかなって思ってます。今までのありがとうの気持ちと、これからも関ジャニ∞を好きでいてくれるように、これから積み重ねていきたいと思いますので、みんなで一緒にこれからの関ジャニ∞を作ってください。」

安「こうやって大阪で記念すべき会をできて、ほんま幸せに思っています。10歳まで僕たちを育ててくれてありがとう。そして大事な仲間がいてくれたからここまで来れました。でもまだ10歳です。だから、関西ということを誇りに、明日からも歩んでいきたいと思います。これからも僕たちと一緒に人生をすごしてください。よろしくお願いします。」

横「ほんとに10年やってこれたことを、改めて感謝します。ファンの皆さんには本当に感謝しています。僕らをデビュー前から支えてくださってるスタッフさんも今日見ていただいてると思います。少しは大きくなれたのかなぁとか、恩返しできてるのかなぁとか、自問自答しながらやってたんですけど。いろんな出来事があったなと思います。喧嘩もしました、いろんな言い合いもしました。でも、そこにはファンの皆さんがいたから、自信持ってやってこれたんだと思います。まだまだ未熟な僕たちですが、一緒に歩んでいけたら嬉しいなと思います。これからも応援してください。」

渋「本当にCDデビューできるかどうかもわからなかったのがデビュー10周年で、これだけたくさんの人に集まってもらって、こんなデカいところに立たせてもらって。自分たちだけではどうしようもなかったんで、周りのスタッフ、家族、友達、eighter、皆さんに感謝しています。本当にありがとうございます。まだ10年なんで、もっとデカくなるために、関ジャニ∞にしかできないものを追及しながら変わらずにやっていけたらなと思います。末永くよろしくお願いします。」

村「今日までひとまずありがとうございました。10年という区切りの年まで関ジャニ∞を連れてきていただきありがとうございました。今でこそeighterとついてますが、こういった呼び名をステージから言わせていただけるのは、皆さんがいるからです。10年前はこういう会場でできるなんて想像できませんでしたし、不安もありましけど、ただやってないことをやりたいという気持ちだけで10年間歩んできた気がします。幸せなことにこの10年間でやりたかったことをたくさんやらせていただきました。今回の野外はもちろん、映画もみんなでやらせていただけました。ここまで連れてきていただいたお礼がどういった形になるかわかりませんが、また皆さんに見たことのない景色を届けられるように頑張っていきます。」
錦「楽しんでいただけましたか?僕たちもすごく楽しいです。ここだけじゃなくて、リハーサルだったり、ジャニ勉の楽屋だったり、なんでもないところが楽しいって思える環境がやっぱりいいなぁと思いますし、メンバーがいて、スタッフさんがいて、何より来てくれるみんながいて、楽しいって思えるんやろうなって思います。よく「10年早かったですか?長かったですか?」って聞かれるんですけど、10年は10年ですし、僕は何とも思わないんですけど、気づけば10年やったっていう。10年って長いようで短かったかなって思います。10年前、ここに立てるなんて想像できなかったですけど、もし10年後があるなら、もっと想像のつかないような僕らでいたいなって思います。これからも皆さんで一緒に楽しんでいけたらいいなと思いますので、末永くお付き合いお願いします。」

大「10周年ということで、10年って大きなことだなって思います。僕らの10年は舗装されたキレイな道ではなくて、デコボコな道だったと思います。そういう道やから、みんなで手繋いでいかないといけないし、そういう道だからいろんな力もついたのかなと思います。他のグループがやってないことで僕らはこの険しい道をいかなくちゃいけなかったからこそ、生まれた絆も強いものになりました。印象深いのは、すごくデカい壁が現れたときとか、長い坂が現れた時も、みんな絶対あきらめないんです。だから人間味あふれたグループになれたのかなと思います。前回、横山くんが「悪い時に集まってくれる人こそが本物の友情、愛情なのかな」って言ってましたけど、僕らは一緒に泣いてくれるメンバーですし、一緒に笑ってくれるメンバーですし、みんなも一緒に泣いて笑ってくれて10年寄り添ってきてくれました。これからもどうなるかわかりませんが、みんなに笑ってもらって、こういう場所に立ってたいなと思います。」

 

10周年だから最後の挨拶もひとりずつでした。横山さんまた号泣してました。文字起こしたらスタッフさんのこと特によく言ってますね。この2日後にテイチクさん離れるって聞いて。そういうことだったんですね。

 

♪大阪ロマネスク

メンステからセンステへ。やっぱりラストは1位だったロマネスク。しっとりした曲なのに年下組がこっそりふざけてて、それを三馬鹿が微笑んでて、素敵な光景でした。大サビの錦戸さんが「歌ってー」って言った瞬間、泣きながら一緒に歌いました。それからメンステ戻って、ハケて行きました。

 

<EC>

♪イッツマイソウル

イントロのリズムに合わせて丸山さんがまた歌ってます。フロートで外周。全力で踊りました。

 

♪あおっぱな

フロートでみるかちゃん人形も一緒でした。錦戸さんが歌詞吹っ飛ばしてホニャホニャ言ってたました。ラストはやっぱり「さ・か・な」です

 

<拍手&コール>

村「タオルとってやっとハゲ見せてくれました!男eighterに大きな拍手!」

この日はハゲいじりだったみたいです

村「お父さんお母さんに大きな拍手!」

大「子育て頑張って」

丸「孫にしてください」

村「たこやきオールスターズに大きな拍手!」

丸「ニューカマー!ニューカマー!」

大「ヤスは??」 ←聞いてはいけません
みんなワケのわからんこと連発でした。

 

手つなぐとき、隣の人に声かけたら笑顔で返してくれて手つないでくれて嬉しかったです。このお隣さん、2人組だったんですけど、OPの時いなかったんです。2曲目くらいで入ってきたんですけど、ごく普通のeighterさんでおそらくどっかで混んでて入れなかったんだろな。マナーなってない人だったらどうしよとか思ってたんですけど、同世代くらいの人でハッピ着てて、すごく楽しそうで、本当に良かったです。

 

横「そしてー!俺たちが....?」 客「ふぅー!!」

横「最高で...?」 客「ふぅー!!」

横「最強の....?」 客「ふぅー!!」

横「関ジャニー!!!!!!!」 客「エイトー!!!!!!!」

 

錦戸さんハケるの速かったですね。 最後まで残ってたのは村上さんでした。ダブルアンコほしかったです。