それを嫌いになれないから

大好きなジャニーズのことや音楽のことについて語ります

突然ですが高橋優を好きになった時の話

 ジャニーズ絡みの話ばかりの当ブログですが、たまには他の趣味についても書きたいと思い、今回はシンガーソングライターの高橋優さんについてお話します。 

www.takahashiyu.com

 高橋優さんには、もうかれこれ2~3年前からすっかりハマってしまっています。しかし、ジャニオタをやめたわけでもありません。ジャニーズへの熱量は相変わらずです。そんな中で違う楽しい世界を見つけ片足突っ込んでしまっているのです。

 出会いは結局のところジャニーズなのですが、2014年11月に発売された関ジャニ∞のアルバム『関ジャニズム』に収録されている『象』を聴き、この曲にめちゃくちゃ惚れ込んだのがきっかけでした。この『象』を楽曲提供したのが、シンガーソングライターである高橋優さんでした。

 『象』はとてつもなくドストライクでした。今回のアルバムの中で一番好きな曲、いや関ジャニ∞の中で一番好きな曲と言っても良いくらい気に入りました。ロックでかっこいいバンドサウンドの中に、マイナーキーとアコギによる切なさが混ざった決して明るいとは言い難い雰囲気。そんな曲とは対照的に歌詞はとても前向きで落ち込んでいる背中を押してくれるような力強さがあります。このアンバランスとも言える組み合わせが見事に調和したこの楽曲は、私のハートをぶち抜きました。この曲を作ったのが高橋優。高橋優最高だと思いました。毎日毎日、何度も何度も聴きました。

 それから時は流れ2015年3月。私は再びその名を聞くことになりました。関ジャニ∞大倉忠義さんが、新ラジオ番組『オールナイトニッポンサタデースペシャル大倉くんと高橋くん』に出演することになりました。そしてここでの共演者が、私のハートを射抜いたあの高橋優さんでした。とは言うものの、アルバム発売当時『象』の楽曲提供を依頼したきっかけはメンバーの安田章大さんが高橋優さんのファンで交友があったからだとか、大倉さんも高橋優さんのファンだと自身のラジオで話していたりだとか、『象』以来何かにつけてその名を耳にしてきました。ラジオで共演されるということは今後ずっと聞くことになるだろうし、何よりあの最高の『象』を作った人ですから、高橋優さんをそろそろちゃんと知ろうと思いました。

 友人情報で『福笑い』が有名だということは聞いていました。でも私には "デビュー曲から順に聴きたい" という謎のポリシーがありまして、とりあえずウィキペディアを活用して発売されたシングルを調べました。インディーズで1枚あったので、とりあえずこのインディーズデビュー曲の『こどものうた』というのをYouTubeで検索。公式チャンネルで発見したミュージックビデオを再生しました。

 アコギの音から始まった楽曲に早速胸が高鳴りました。私の大好きなアコギです。すでにかっこいい。アコギ最高。たった4小節のアコギのイントロを抜けた先に待っていたのは、とんでもない歌詞でした。MVには歌詞も映し出されるので聴覚と視覚のダブルパンチで喰らった「チラリとのぞくパンツの色が気になって仕方ない」は、『象』を聴い時以上の衝撃でした(衝撃の種類が若干違いますが)。その後も繰り出されるとんでもない言葉の数々。それとは対照的にどんどんかっこよくなるサウンド。そして、とんでもない言葉を連発しておきながらも、その言葉から紡ぎだされた乱暴な歌詞はまさしく正論で、その考え方はとてもかっこよく思えました。それだけではなく最後には希望をも見出す。もう完全に高橋優の虜です。次に聴いたメジャーデビュー曲『素晴らしき日常』は、さすがメジャーとだけあって『こどものうた』ほど乱暴な歌詞ではありませんが、その精神は全く変わらず、現代社会を風刺しつつ楽しく生きていこうという前向きな気持ちにしてくれる楽曲でした。

 そうしたパンチのある2曲を聴いた後の『福笑い』は高橋優のイメージをまたガラッと変えさせてくれるものでした。乱暴な言葉や社会風刺だけでなく、ド直球で優しく世界に呼びかけることもできる人なのだと思いました。それは『こどものうた』と『素晴らしき日常』を聴いた後だからこそ感じられたことで、当時のひねくれていた自分がもし一番最初に『福笑い』を聴いていたら、おそらくこうは思わなかったと思います。"そんなの綺麗事だ" なんて言って高橋優調査を打ち切り、これほどまでにハマることはなかったと思います。

 それから『象』にハマっていたことも影響しています。『福笑い』を知っていた友達は『象』を聴いた時、意外だと感じたそうです。確かに『象』と『福笑い』とではまったく色が違います。でも、『象』を作った人の『こどものうた』はまったく違和感はないですし、それから聴いた『福笑い』は一番大切にしているだろう精神のようなものに納得することができました。

 それ後、当時発売されていた『太陽と花』までのシングル曲をすべて聴き終え、私は高橋優のファンになるだろうなと確信しました。その予想は見事的中、今や高橋優さんが大好きです。『こどものうた』のような激しい曲だけでなく、『福笑い』のような優しい曲も大好きです。曲の色は年を経るにつれて少しずつ変化はしていますが、中心を貫く考え方に変化はなく、新曲が出る度に好きな曲が増えていきます。また、前述のラジオ『オールナイトニッポンサタデースペシャル 大倉くんと高橋くん』を聴き始めたことで、優さんの人となりも多少知ることができたのも優さんを好きになった要因の一つです。若干自分と同じ匂いを感じたので共感する部分も多々あり、なおさら好きになりました。

 ジャニーズ以外でこれほど本格的に長期的に好きになったアーティストは初めてです。ジャニーズはやはりアイドルなので言えないこともたくさんあり、優さんのように直球で言葉を放ったりそういった考え方を歌ったりすることはできません。だから心のどこかでこういう歌手を探していたような気がします。そこに優さんの音楽はアコギが中心。これもアコギが大好きな私にとっては個人的に大事なポイントでした。そしてそんなアコギで作られる曲も好きな曲調がとても多いのです。高橋優。これこそ私が求めていた音楽だと思いました。

 そして先日、新曲『ルポルタージュ』が解禁されました。『こどものうた』『素晴らしき日常』『象』に精通する、これぞまさしく私を落とした高橋優らしさ。アコギに始まる短調でかっこいいサウンドで、現代を風刺しダークな雰囲気を醸しながらも、希望を忘れない、優しさに溢れた楽曲です。「君がいる限りこの世界は素晴らしい」こんな言葉を言える人は強い。またひとつ、高橋優さんに背中を押してもらいました。

 12月からはツアーが始まります。今回初めてライブに行く予定です。念願の生・高橋優を全力で堪能してきたいと思います。

 

 

こどものうた

こどものうた

  • 高橋優
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 


高橋優 「こどものうた」

関ジャニ∞の聖地巡り 難波駅~心斎橋駅

 先日梅田芸術劇場で『Endless SHOCK』を観劇した際に、午前中に時間があったので、長年の夢だった関ジャニ∞の聖地巡りを敢行しました。土地勘がないのでどの辺りを何と呼ぶのか分かりませんが、とりあえず難波駅でから心斎橋駅へ向かって歩いていく中で、気になっていたポイントに寄り道をした様子を書き残していこうと思います。大阪に馴染みがある方にとっては聖地と呼べるほどではないありきたりな場所かもしれませんが、田舎者にとってはすべてが新鮮だったので、ご了承ください。
 

f:id:sky8ekj:20170930090110j:image

  難波駅で降りた最大の目的はここ大阪松竹座を訪れるためです。余談ですが、松竹座へ行くために最適な出口から出ようとしたのですが、気づくと目的地とは真反対へ向かっており、駅の中で右往左往してやっとの思いで出てきました。都会しんどい。

 地上へ出てきてからは迷わずここへ到着。今Googleマップを見てみるとここは地名としては道頓堀になるのですね。私が難波にいたのは駅だけだったということか。グランド花月のほうに行けば難波なんですね。納得。道頓堀と言えば、関ジャニ∞の『TAKOYAKI in my heart』にて渋谷すばるさんが「こないだ道頓堀で×××しとった」場所ですね。

 入口周辺にご年配の団体様がいらっしゃったのであまり近づけませんでしたが、ここが関ジャニ∞を生み出したかの有名な大阪松竹座かと思うと、感慨深いものがありました。写真では見たことがありましたが、実際に見るとお洒落な外観ですよね。いつか中にも入りたいなあ。

 ちなみに外にはジャニーズWEST桐山照史出演の舞台『アマデウス』のポスターがありました。

 

  • 戎橋

f:id:sky8ekj:20170930090302j:image

f:id:sky8ekj:20170930090324j:imagef:id:sky8ekj:20170930090309j:image

 関ジャニ∞の『大阪ロマネスク』の歌詞「キタへ ミナミ 戎橋」でお馴染み、道頓堀川に架かる戎橋です。松竹座からすぐだったので少し驚きつつ、あっという間に道頓堀とはおさらばです。次に来るときはもう少し道頓堀を散策しよう。かの有名なグリコ看板に興奮しました。

 

  • 心斎橋

f:id:sky8ekj:20171001164251j:image

  戎橋を渡り道頓堀川を越えると、恋をするため人が集まる心斎橋(「恋をするため心斎橋には人が来る」『大阪ロマネスク』の歌詞より)です。そのまま心斎橋筋商店街を抜けたのですが時間も早かったためお店はほとんど開いていませんでした。残念。

 

f:id:sky8ekj:20170930090447j:image

  商店街を途中で左に折れまして西に向かって進むと次の目的地「大阪の街アメ村」(『好きやねん、大阪。』より)に到着しました。ひとつめのポイントであるピース・オン・アースの壁画は、関ジャニ∞の写真集『for No.∞』で錦戸亮さんが撮影した場所。位置的には正解だけどもう少し角度つけて撮ればよかったなあ。構図に少し失敗。しかし、写真で見ていた場所をいざ自分の目で見ると喜びを感じます。この絵自体も素晴らしかったです。

 

f:id:sky8ekj:20170930090505j:image

  アメ村での目的ふたつめは、関ジャニ∞の『好きやねん、大阪。』初回限定盤に収録されているコントに登場するこの三角公園。「どっちかって言うたら四角なんです」というのにも頷けますが、これは確かに三角ですね。面白い。あと、細いところに横向いてまっすぐ寝転んでいるもう少しで落ちそうなおもろいおっちゃん居ました。

 

  • 堀江公園

f:id:sky8ekj:20170930090527j:image

   三角公園を過ぎ、まっすぐ西へ向かって進み、堀江公園を目指しました。こちらは『パズル』に登場します。「堀江公園の桜」って言うくらいなので、春にもう一度訪れようと思います。『関ジャニ∞のジャニ勉』(関西テレビ)のコーナー「2/∞」で渋谷さんと安田章大さんも訪れました。

 

f:id:sky8ekj:20170930090752j:image

 関ジャニ∞のDVD『関ジャニ∞TOUR 2∞9 PUZZLE』のAパッケージに収録されている特典映像の撮影に使用されたカフェです。営業時間外だったので店内は見られませんでしたが、お洒落なカフェでした。

 

 この後、再び心斎橋に戻り、ジャニランドに行ってみました。その日は休業日だったので店内に入ることはできませんでしたが、今後のために場所を把握する目的で訪れました。ジャニランドを最後に、心斎橋駅で地下鉄へ乗り込み、梅田芸術劇場へ向かいました。

 

 今回は大阪に来たついでにと思い散策したので、計画性の無さからお店などには入れませんでしたが、関ジャニ∞思い出の地を巡る旅はとても楽しかったです。近々聖地巡礼を目的にもう一度、今度は計画を練って訪れたいと思います。また、新世界のほうにも足をのばしてみようと思います。とりあえず今の課題は都会の駅に慣れることです。頑張ります。

6年経った。

 "関ジャニ∞錦戸亮" になってから早いもので6年が経ちました。

 

 綺麗事を言うつもりはないのですが、とかなんとか前置きする時点で綺麗事ですよね。綺麗事です。綺麗事を言います。今回は "錦戸亮" というジャニーズ事務所の一人のタレントについて考えました。

 

 最近の錦戸さんは、とてもかっこいいと思います。20代のころの、若いイケメンの、いわゆるジャニーズらしいかっこよさではなく、30代を迎え、様々な経験を積んで、貫禄の出てきた男としての大人なかっこよさです。昔より明らかに筋肉がついてがっちりとした身体。前髪を上げて髭を生やしても様になる顔。好きなことを楽しんでやっているかっこよさ。ここ数年で大きく変わったように思います。

 その変わったきっかけがNEWS脱退だとは言いません。単純に年齢を重ね、経験が増えたことによるもので、今も "NEWSと関ジャニ∞錦戸亮" だったとしても、それは変わらないだろうと思います。ただ現実は、6年前に "NEWSと関ジャニ∞錦戸亮" から、 "関ジャニ∞錦戸亮" になったということ。だから、今の錦戸さんのイメージはあくまで "関ジャニ∞錦戸亮" なのです。時々考えます。今NEWSに錦戸亮がいたら、と。でもその "NEWSの錦戸亮" の想像が付かないのです。

 NEWSの大人なかっこよさと関ジャニ∞の大人なかっこよさは、少なくとも私のイメージでは違います。NEWSは『綺麗』とか『美しい』とか、そういった言葉が似合うかっこよさです。グレーやシルバーの煌びやかなタキシードが似合って、きっと女性をさらりとエスコートするような大人な『男性』。一方、関ジャニ∞は、もっと泥臭くて野性的なかっこよさです。髭を生やして黒スーツなんか似合いそうなダンディーさで、自ら果敢に戦って女性を守るような大人な『男』。

 先に錦戸さんの最近のかっこよさを述べましたが、6年も "関ジャニ∞錦戸亮" としてしか見ていないので、そのイメージが関ジャニ∞に寄ってしまうことはご容赦ください。それは今NEWSに錦戸さんがいないからであって、もし仮に今もNEWSにいたとしたら、関ジャニ∞に寄っているとは感じていなかったとも思います。でも現実、NEWSに錦戸さんはいません。結果論でしかないのですが、今のビジュアルの錦戸さんが、今のNEWSにいるのは想像がつきません。

 いや、別に想像がつく必要もないのですが、不思議だなと思ったのです。この6年間でこんなにも想像がつかなくなるものなのだなあと。時間ってすごいなあと。時間の問題と言うか先入観(錦戸さんは関ジャニ∞に所属していてNEWSではないという前提)の問題か。そうは言っても元メンバーですよ。それなのに今の錦戸さんと今のNEWSって馴染まない。いい意味で(って言ったらなんでも聞こえが良くなるのであまり好きではありませんが、いい意味で)言っていますよ。それぞれに大きく変化を遂げて、それぞれの道を確立しているという、そういう意味です。だから、昨年や今年、NEWSが司会を務める『ザ少年倶楽部プレミアム』に関ジャニ∞がゲスト出演した際、錦戸さんは "関ジャニ∞錦戸亮" としてそこにいました。"NEWSの錦戸亮" は微塵も感じませんでした。いい意味でね。

 なんか言いたいことまとまりません。結局何が言いたいって、今の錦戸亮はとてもかっこいいよってことです(笑)

 

 6年前の選択が良い選択だったかなんて分かりませんが、悪くはなかったのかなと思います。マイナスでなければいいのかなと。そして、確実にマイナスではなかったと年々感じます。それぞれの立場が確立されて、少プレみたいに笑って話せる時が来ました。昨年の少プレは元メンバーの立場で話すことが多かったように思いますが、今年は個々のタレントとして共演されていたイメージがあります。そのような姿を見るのはファンとして嬉しいですし、何より楽しいです。今の彼らを見るのは本当に楽しいのです。そういう、いちジャニーズのタレントとしてそれぞれがもっと共演してくれる日を楽しみにしています。