それを嫌いになれないから

音楽、芝居、文学、自分が楽しめることを綴る場所

もっと早く生まれたかった

 年々新たに好きになるものが、古くなっていきます。最近現れた期待の新人とかではなく、昔のものを好きになることが多いのです。もちろんそれを知るのはその時の新作な訳ですが、その歴史が古いものが増えていきます。時には今や解散しているバンドに興味を持つ。これ、本当に困ります。もっと早く生まれたかったと、願ったって絶対に叶わないどうにもならない願望を抱いてしまうからです。

 例えばずっと応援している関ジャニ∞。出会ったのは2009年とか2010年あたり。デビューしてから5〜6年経った頃で少しずつ人気が上昇している頃でした。でも好きになればなるほど、もっと昔から応援したかったという思いが強くなります。8人の頃から、Jr.時代から応援したかったと。でも関ジャニ∞がデビューした頃なんて、私はまだまともに言葉も操れていない頃。どう足掻いたってこの頃関ジャニ∞に出会い、さらには好きになるなんて、ほとんど考えられない。となると、もっと早く生まれたかったと思うのです。

 また、最近すっかりハマってしまった大人計画。特に宮藤官九郎さん。しかし、ここまで来るともう本当にどうしようもないです。だって、宮藤さんが劇団に入った頃なんて私、生まれてないですもん。『池袋ウエストゲートパーク』や『木更津キャッツアイ』が人気を博した頃だって、私はプリキュアに喜んでいたような歳ですし。極めつけは、昔の彼を見たいに留まらず、同じ時代を同じように経験したかったと思い始めるという……。ラジオに必死ではがきを送ったり、パンクに衝撃を受けたり、小劇場に入り浸ったり、そのまま劇団員になっちゃうみたいな小劇場最盛期、そんな時代を私も生きてみたい。絶対に無理だけど。

 つくづく自分の生まれた時代を恨みたくなります。SNSの面倒臭いしがらみ。全部パソコンでできちゃう音楽。スマホで読める本。規制だらけのテレビ。暑すぎる夏の気温……。今には今の良さがあると思うし、今生まれてよかったと思うこともありますが、なんだか昔のほうが楽しそうだな、と最近は特に思います。

 でもいいタイミングだったな、今出会えて良かったと思うこともあります。*1

 関ジャニ∞のファンクラブに加入したタイミング。ちょうど合同ファンクラブだったY&Jから関ジャニ∞単独のファンクラブが出来たタイミングで、会報1号から手に入ったのは今考えても本当にいいタイミングだったと思いました。また8周年の時の8ESTのツアーに参加できたことも良かったです。久しぶりの∞レンジャー、tornもBabunも見れた。レア曲もたくさん聞けたし、何よりもアリーナのライブに入れたことは1番の思い出です。あれから関ジャニ∞もさらに大きくなってもうアリーナなんか小さすぎて多分できないでしょうから、あの時行けて良かったです。10周年の時は十祭も関ジャニズムのツアーも行けました。こうした節目の年を一緒に経験できたのは今でよかったなと思います。

 大人計画もハマったそばから『ニンゲン御破算』の再演がありました。松尾スズキさん唯一の時代劇で初演も素晴らしいものだったと聞きます。それが15年ぶりに再演されて、もう当分再演しないだろうと言われる話題作。これをしかも見ることが出来たわけですから、このタイミングに感謝するしかありません。グループ魂も活動状況は不安定なのに、今年に限って久しぶりのワンマンライブ開催とシングル発売があります。宮藤さんの舞台も2年近く無かったのに今年はあるし、しかも三宅弘城さん主演で『ロミオとジュリエット』というめちゃくちゃ面白そうな予感。好きになった途端にこれほど活動的だと嬉しくてたまりません。

 過去にはどうやったって遡れないのだから、せめて今を良かったと思えるようになりたいものです。でも知らない時代を知りたい欲望はとめられない。タイムマシーンがあったら、未来に行くより真っ先に過去に行きたいです。

*1:もっと後に出会うのではなく今、という意味。もっと早く出会わなくて良かったと思ったことは多分ない

映画『劇場版コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-』を観てきました。

 遅ればせながら映画『コード・ブルー』を観てきました。ドラマシリーズは昨年2017年夏の3rdシーズンから見始めた新参者ですが、再放送で2008年の1stシーズン、2009年のSP、2010年の2ndシーズンすべて拝見し、2018年に放送されたSPとスピンオフも拝見し、万全の状態で映画館に行ってきました。

 以前、映画館ではなかなか泣けないというお話をしましたが、今回はめちゃくちゃ泣きました。ドラマからよく泣いていたのですが、映画版でももちろん泣くことになってしまいました。公開から随分と時間も経っているので、ネタバレ全開で感想を書いておきます。

 映画版ということでスケールアップはしているものの、根本としてはドラマの時とさして変わらない等身大の姿が描かれているなという印象でした。災害現場での救命の様子はもちろん、彼らの人間ドラマ、彼らの成長もしっかりと描かれていて、灰谷(成田凌)がヘリに乗れるようになっていたり、緋山(戸田恵梨香)と緒方(丸山智己)の恋模様や雪村(馬場ふみか)の親との確執など、3rdシーズンの最終回で見た彼らのその後というのを見られて良かったと思います。面白かったです。

 藍沢(山下智久)が倒れた時はハラハラしました。『コード・ブルー』はどうもメインキャスト自身を危険にさらすのがお好きなようで(ドラマとしては面白くなるので仕方がないとは思いますが)、それでも主人公の藍沢だけは今まで何もなかったのを映画にしてついにやったかと思いました(笑)しかし、それだけではもちろんない。雪村を助けようとして代わりに感電して倒れたというのは、1stシーズンで黒田(柳葉敏郎)が白石(新垣結衣)を庇って怪我を負ったシーンと重なるものがあり、白石は第三者としてその場面に居合わせ藍沢を救いました。黒田の時と決定的に違うのは、藍沢の医師生命を奪うことがなかったこと。白石の成長も見られた気がしました。

 脳死判定を受け臓器提供者となった少年の両親に対して橘(椎名桔平)が心臓移植を受けた息子の優輔(歸山竜成)を連れてきて心臓の音を聞かせるシーンもグッときました。彼が元気に過ごしているのを見られたことも良かったですし、橘の優しさや受け止めている優輔の強さなど、すべてに心揺さぶられました。

 でも一番良かったの藤川(浅利陽介)と冴島(比嘉愛未)の結婚式でしょうか。非協力的な冴島と浮かれてる藤川の対比は相変わらずという感じで面白くて可愛いです。冴島が余命幾ばくもない患者のために結婚式を譲ることを決めたのも冴島らしいなと思いました。(このシーン、仕事以外では冴島が白石と緋山に対してタメ口で話すのも好きです)。それがあったからこそ、最後の院内サプライズ結婚式は素敵でした。冴島のウエディングドレス姿は本当に綺麗でした。キスコールに対して、キスシーンを映すのではなく、藤川が背伸びする足元だけを映すというのも粋というか、彼ららしさが演出されていて、とてもいいシーンだなと思いました。好きです。

 最後に田所(児玉清)から藤川と冴島への絵葉書が読まれるシーンは完全に涙腺崩壊です。3rdシーズンでは触れられもしなかった(仕方のないことですが)田所の話を葉書という形で登場させ、また離島で医療活動をしているというその後を描いてくれたのは本当に嬉しかったです。その後、あとの3人への手紙も登場して、田所が『コード・ブルー』という作品の中で生きていることが嬉しかったです。

 欲を言えば、三井(りょう)とか黒田とかにも出て欲しかったなあ。3rdシーズンで1話にしか登場しなかった梶(寺島進)とか、そもそも登場しなかった森本(勝村政信)や轟木(遊井亮子)とかも。色々な事情があるのでしょうが、彼らが今どうしているのかも気になりますね。

 エンドロールに流れた、藤川と冴島へのお祝いのビデオメッセージも面白かったです。白石がしゃべっている後ろで、詰めたダンボール箱の底が開いてため息をついている緋山とか、ノリノリで楽しそうな横峯(新木優子)とか、あわあわして携帯落とす灰谷とか、電話に出ちゃう名取(有岡大貴)とか、彼ららしさ満載で良かったです。

 良い劇場版でした。ドラマはドラマとしても完結しているし、映画はその後を描きながらも映画として1つの物語になっている。面白かったです。

 

 

6人の関ジャニ∞をこの目で確かめた

 関ジャニ∞のライブツアー『KANJANI'S EIGHTERTAINMENT GR8EST』の京セラドーム大阪公演、25日と26日に参加してきました。このツアーから6人での活動を始めた関ジャニ∞。そんな6人の関ジャニ∞をこの目で初めて見てきました。

 実際に6人の関ジャニ∞を見ると、本当に6人になったんだなあと改めて感じました。渋谷すばるさんがいないこと。7人の関ジャニ∞ではないこと。6人の関ジャニ∞は雰囲気がどこか違いました。しかし6人の関ジャニ∞としての形が確立しつつあるなとも感じました。

 バンドで6人が並んだ時、真ん中に立つ錦戸亮さん。センターで堂々としていてメインボーカルとして関ジャニ∞を引っ張っているように思えました。渋谷さんのパートは6人全員にそれぞれ割り振られていましたが、それでも錦戸さんは多くて、特にバンド曲は多く割り振られていたと思います。『NOROSHI』なんかは特に多くて「控えめなのねgirls」も「掌が背に触れた」も錦戸さんの声。もちろんギタリストとして元々の演奏を疎かにするわけでもなく、今まで以上に歌って弾いて、でも笑顔で楽しそうにしている錦戸さんが頼もしかったです。特に関ジャムで7人で最後に演奏した『LIFE ~目の前の向こうへ~』を笑顔で歌い演奏している錦戸さんは印象的で嬉しかったです。

 丸山隆平さんと安田章大さんも歌割りが増えていた印象がありますが、お二人とも、安田さんは特に声のトーンが高いので、渋谷さんのパートを歌っていてもあまり違和感なく聞けたのが不思議でした。1番の渋谷さんのパートを2番で同じパートを歌っている人が歌うというパターンも多かったですね。『BJ』の大倉忠義さんがまさにそれで1番のAメロも歌っていました。これも違和感が少なく、私はとてもいい歌割りだなと思いました。

 まったく味が違ったのが『ズッコケ男道』ですね。横山裕さんがパーカッションもトランペットも置いて、身一つで前に出てきてマイクを取ったのは最高にかっこよかったです。『413man』を思い出します。渋谷さんのソロ部分を横山さんが歌っている姿は言葉にできない感動がありました。トランペットがないのは寂しいですがそれ以上のものがありました。痺れました。

 歌割りの話でもう一つ『キング オブ 男!』の落ちサビを錦戸さんひとりで歌ったのは良かったです。あれはきっと他の誰にもできないと思いました。でも、渋谷さんと錦戸さん2人が手を取り合う姿をもう見られないと思うと寂しさも少しありました。だからこそ錦戸さんがすべてを背負ってくれたことが嬉しかったです。

 大きく味が変わったのももう一つ『大阪ロマネスク』です。最初の大事な大事な渋谷さんのソロを6人全員でユニゾンで歌うという判断。落ちサビが錦戸さんのソロであることからその他のパートを、1番Aメロを大倉さん、Bメロを村上信五さん、2番Aメロを丸山さん、Bメロを横山さん、Dメロを安田さんとソロにしてしまうという改革。素晴らしかったです。最初を誰かが歌うとか、他のパートを今まで通りに歌うとか、きっとそれでは渋谷さんのいなくなったロマネスクは成立しなかったと思います。これだけの大きな変化、そして上手いパート割だったからこそ成立した6人の『大阪ロマネスク』でした。しかし最後のサビで、それまで突っ立ったまま歌っていた6人があの振り付けを踊ってくれた瞬間、前と同じロマネスクだと思って涙がこみ上げてきました。変わっても変わらないロマネスク。嬉しかったです。安田さんのフェイクも良かったです。

 7人から6人への変化、渋谷すばるがいないという違いは大きいものの、何も変わらないいつも通りの彼らもいました。

 錦戸さんの挨拶は相変わらず苦手そうですが、牛に例えたり(「赤に突進する」とか上手い)100を7と6とでそれぞれ割ってみたり、必死に考えてくれているんだなと思うとそれが愛おしかったり。そんな錦戸さんをツッコミながらも優しく見守るメンバーがいたり。丸山さんはギャグの連発でした。「元気印」は続いていますね。よく覚えていませんが「シュン」に掛けて「小栗旬」や「シュンクリーム(シュークリーム)」を叫んでいたギャグが面白かったです。かと思えば、ベース演奏のミスを錦戸さんに怒られる丸山さんは可笑しかったです。

 MCでは映画『累』や月9ドラマ『絶対零度』の話から安定の横山さんいじり。そのまま村上さんの妄想月9の春川楓という懐かしいお話も聞けました。翌日のMCでは、『If or』のDVD発売の嬉しいお知らせもありつつ、久しぶりに「チョウヘイソク」いじりをされる大倉さんに笑い、最近の子の名前はかっこいいという話から忠義と隆平のひと時代古い感じの嘆き(私は忠義も隆平もかっこよくて好きですが)に対して横山さんが「裕は(最近の名前の中に混ざっても)イケる」と言うと「侯隆やん」と即ツッコんだ大倉さんにまた爆笑しました。その流れだったかドラマの現場では「信吾(最近は従道)」と呼ばれる錦戸さんに対して「大魔王」と呼ばれていた村上さんも面白ったです。そんな二人がステージ上で美味い美味いと牛乳を飲んでいたのが本当においしそうでした。

 映像もいちいち面白い。Kura Tokは大倉さんの可愛さ、それにも勝る村上さん(と横山さん)の可愛さがたまりませんでした。それに引きかえ丸山さんは可愛く踊る大倉さんの後ろで全力のボケ倒し。早回しだから動きが激しいですし、傘を持って歩き始めたときには腹がよじれるほど笑いました。KING作文でも「(I)いきなり(N)寝転んで(G)元気に自己紹介」の丸山さんはM字開脚まで披露してキレッキレでした。そりゃ村上さんにも敵いませんわ。前日に見た「(I)幾千年の時を経て(N)忍者の真似で(G)限界突破」では、潔く負けを認めた錦戸さんが途中放棄で自ら罰ゲームの箱に入り、悲鳴を上げながら『ひびき』を「キセキー」と謎の言い間違いをしたことに大爆笑しました。

 ベストアルバム『GR8EST』を引っ提げてのツアーのため収録曲をはじめとしたシングル中心のセットリストではあったものの、ソロ・ユニットコーナーを設けて下さったことはとても嬉しかったです。安田さんの『わたし鏡』、錦戸さんと大倉さんの『torn』、横山さんと丸山さんの『ぱんパンダ』、村上さんの『LOVE&KING』、懐かしい曲から個人的に生で初めて見られたものまで、とても良かったです。

 そう言えば『なぐりガキBEAT』がバンドで演奏されていたことに秘かに感動しました。あの曲はダンスも大好きなのですが、バンドになったことで横山さんのトランペットが堪能できました。『Hevenly Psycho』はリアレンジ版で村上さんのピアノと横山さんのトランペットの音色が美しかったです。『BJ』はオリジナル版と見せかけて、後半最後のサビあたりは一瞬ブレイクが入るリアレンジ版になっていたように思いました。『無責任ヒーロー』も東京スカパラダイスオーケストラさんとのコラボアレンジ版で、バンド隊(このバンド隊ひとりひとりのメンバー紹介があったことも感動でした)がスカパラさんの役をしてくださっていたので楽器のソロパートもしっかり聴けて嬉しかったです。バンド隊はギター2本で、Peachさんがソロを弾いていたので大西省吾さんはもしかして渋谷さんパートだったのかな、なんてことも少し思いました。それからバンドで少し気になったのは、ムービングステージでバックステージ側に移動するにつれて、ドラムの音、特にシンバルの音がスピーカーよりも先に生音で聞こえてきてズレているのがちょっと気持ち悪かったのですが、あれはあれでいいんでしょうか。ドームともなれば大きいので仕方がないような気もしますが......でもそれもその場にいたからこそ知れたことなので少し嬉しかったりもしました(笑)

 所々でふざける彼らもいつも通りでした。『オモイダマ』の後奏で掌を開いて腕を上にあげる錦戸さんと「松竹座みたい」と突っ込む村上さん。いい曲の最後なのに笑いにされてしまいました。大阪はドピーカンだという話から「ドピーカンなSunday」と『Speedy Wonder』を歌い始めたのは嬉しかったですね。『ズッコケ大脱走』に対する客の反応を見て安田さんが「ざわっとする感じ(反応が薄い)なんや」と言っていたのには驚きましたがもう11年も前なのですね。私もリアルタイムで知る人間ではありませんが知らないわけではないので懐かしかったです。大阪の24日にも松竹座時代のお話(村上さんが『レクイエム~宇宙の記憶~』を歌ったらしい)をされていたみたいなので、大阪に来て懐かしいものを色々と思い出したのかもしれませんね。何かの機会にまた昔の曲も歌ってほしいです。

 アンコールではずっと野球のサインとバットを振るフリをしていたり、「勉強しろ」と連呼していたりした村上さんが可笑しかったです。大倉さんは声が枯れ気味で高音が歌いづらそうだったのに、突然レイザーラモンHGのモノマネを始めて「セイセイセイフォー」と叫んでいたのが最高に面白かったです。横山さんのムチャブリで安田さんも静かに腰を振りながらHGをしてくれたのも面白かったです。安田さんはとても元気そうで、だいぶ動けるようになったとも仰っていたし、順調に回復しているようで本当に良かったです。

 渋谷さんのことだけでなく、安田さんのことやベストアルバムなどで普段のライブと違うところもありながら、相変わらずアホやって楽しそうに笑っている彼らを見られたことが何より良かったと思います。6人の関ジャニ∞でも何も心配いらない。6人の関ジャニ∞はしっかり始まったんだ、いや、始められたんだと感じました。このライブに行くことができて本当に良かったです。

 最後に、25日の大倉さんの挨拶がとても印象に残ったので書いておきます。大倉さんは「未だに納得していない」と仰いました。その理由を「芯を食った言葉聞いていないから」だとも仰いました。大倉さんは4月の会見でも同じようなことを仰っていて、その後ラジオなどでも色々とお話しされてきて、その時の発言を悔やんでいる様子だったり、多少消化されたような様子だったり、私はそう思っていたのですが、それでも月日は経ったとは言え、難しいことだったのでしょう。その大倉さんの気持ちにとても共感しました。しかしその後大倉さんは、最後の音楽番組で何度も演奏するうちに言葉にしなくても分かるものがあったと仰いました。だからこそ関ジャムで『LIFE』を演奏した時、あれほどまでに笑顔でいられたのかなと感じました。私だって納得したわけではありませんが、6人の関ジャニ∞を応援したい。大倉さんの言葉は救いでした。

 関ジャニ∞はもう8人じゃない。7人じゃない。6人なんだ。そんな関ジャニ∞が私はやっぱり大好きです。

 ライブめちゃくちゃ楽しかったです。素敵な時間をありがとう。いつか、また...会えるよね。