それを嫌いになれないから

音楽、芝居、文学、自分が楽しめることを綴る場所

ミュージカル『ドッグファイト』観劇録

 2017年12月8日、大阪のサンケイホールブリーゼにて上演されたミュージカル『ドッグファイト』を観劇しました。8日の公演は舞台初日だったのですが、私はというと単に空いている日のチケットを取ったら、公演の数日前に初日だということに気づいて、大変興奮しました。2015年の上演から2年経ち、新たなメンバーを迎えての再演ということで、きっと2年前より格段にパワーアップしていることでしょうが、あいにく初演の『ドッグファイト』は観ておらず、新鮮な気持ちで観劇しました。

 海兵隊員たちの出兵前夜の出来事を中心に進んでいく物語。最後の夜を楽しむ海兵隊たちの様子が明るい曲と楽しいダンスで表現されながらも、戦争へ向かうという不穏な空気が終始漂う不思議な世界でした。

 舞台の中で時間軸がいくつかあって、それぞれのシーンで大きく雰囲気が変わるのに驚きました。メインの時間軸中であるドッグファイトの最中のダンスシーンは明るく馬鹿なこと言って笑えるシーンも多数。特にバーンスタインやフェクターの言動には何度も観客からは笑いが起きて楽しかったです。話の中心になっている人の後ろで踊っている他メンバーが面白くて、どこを見ていいか分からなくて大変でした。その中でエディのローズへの心情の変化には切ないものがありました。ローズに惹かれていくエディの純粋さが別れが近づく二人には切なく映りました。戦争シーンは最後の最後にほんの少しでしたが、それまでのドッグファイトの様子やエディの心の変化を見ていると、その一瞬の戦争シーンにそれまでのうっすらと漂い、ドッグファイトを楽しんでいるメンバーが秘かに抱えていた不穏さが詰まっていました。次々と打たれて死んでいくメンバーと一人生き残ったエディが辛い。それまで所々で見られた時間軸のズレがここで判明して、最初のシーンの意味が深く心に突き刺さりました。それを見ているからこそ、最後のローズとの再会シーンは見てるのが辛かったです。辛いけど最後の「おかえり」は切なさもありながらローズの優しさに満ちていて余計に胸が締め付けられるエンディングでした。

 凄いなと思ったのが、物語自体はとてもハッピーエンドとは言えませんが、その後カーテンコールで雰囲気は一変して明るい音楽とダンスで重たい空気を払拭してくれて楽しい気分で観劇し終えることができました。皆さんのそれぞれのソロのダンスはとても素敵でした。最後のあいさつでは、大阪と東京を混同した屋良朝幸さんや、一番緊張していたと暴露された宮澤エマさんが物語とのギャップでとても可愛らしく思えました。屋良さんに名前上げて弄られた末澤誠也さんも微笑ましかったです。

 観劇の目的である浜中文一さんは、まず観劇前に購入したプログラムを見て短髪(というかほぼ坊主)になっていることに驚きました。稽古初日に切ってきたらしいのですが、舞台上の浜中さんも短髪。初演時も短く切っていた記憶がありますが、ここまでではなかったと思うのでそれだけでも気合を感じました。開演前にプログラムを読んでいたのですが、役作りのために髪型だけでなく肉体改造も行っていたようで、実際に見てみると確かに体が大きくなっていました。あまり利口ではないフェクターなので物語の中では基本お笑い要因で、スポットライトの当たっていないところでも面白い言動が終始みられて、笑いが絶えませんでした。特にドッグファイトのダンスシーンで、スリービーズが言い争っている後ろで、相手の女性に振り回されて踊っているフェクターはずっと見ていても飽きませんでした。しかし、ダンスや歌は最高でめちゃくちゃかっこよかったです。カテコのソロダンスはキレキレ。歌って踊る浜中さんはやはり最高でした。

 舞台は一度では物足りませんね。ドラマなら中心人物だけが映りますが、舞台はスポットライトの後ろでもそれぞれお芝居していらっしゃる。物語を追うためには中心で話を進めている人物を追わなければなりませんが、フェクターの細かい言動も面白く、おまけにスティーヴンス役の末澤さんも見ようとすると目がいくらあっても足りません。末澤さんのダンスはさすがですね。キレもありつつ、なによりしなやかなダンス。美しいという言葉がぴったりとハマります。かっこよかったです。主演の屋良さんは言わずもがなダンスは素晴らしいですが、驚いたのが歌。初演時を見ていませんし、屋良さんをそんなに知っているわけではありませんが、舞闘冠などで少し見ていたものと比べると、めちゃくちゃお上手になっておられるように感じました。本当に失礼な話、屋良さんこんなに歌お上手なんだと驚きました。舐めてかかってすみませんでした。

 人生2度目の舞台観劇でしたが、今回も楽しませていただきました。面白いと一概に言ってしまうと失礼な気もしますが、本当に面白くて、ぜひもう一度見たいと思いました。楽しい時間をありがとうございました。

関ジャニ∞『Street Blues』は名曲だと思う

 関ジャニ∞のニューシングル『応答セヨ』が発売されました。いつもならば収録された全楽曲について感想を述べた記事を更新するところですが、多少の心境の変化もありまして、今回から気になった楽曲のみをピックアップして語りたいと思います。

 そこで今回語りたいのがカップリングである『Street Blues』です。『渋谷すばるのスバラジ』で解禁された時に聴いたのが最初だったのですが、一瞬にして心奪われました。タイトルにも「Blues」とあるので、哀愁漂う楽曲をしっとりと歌い上げるのかと思っていましたが、全くの真逆。ジャジーで軽快なサウンドに大人な歌詞が甘い声で色っぽく歌われるこの曲、ドストライクでした。

 作詞はもはや関ジャニ∞の楽曲には常連のSHIKATAさん、作曲はSHIKATAさんに加え、こちらもSHIKATAさんと共によく参加されるKAYさん。編曲の生本直毅さんは初めましてですね。調べてみたところSHIKATAさんやKAYさんとの接点も見当たらず、どんな経緯で携わることになられたのか分かりませんが、素晴らしいアレンジをありがとうございます。

 少し重めなピアノが奏でるイントロを抜けると聴こえる安田章大さんの歌声は優しく、かなり音域の広いメロディーは「甘いセリフと甘い吐息で君を酔わせて」の歌詞のごとく、高音で吐息のように抜ける歌い方がとても色っぽい。一気に楽曲の世界観に引き込まれました。ドラムとギターが加わり軽やかさを増したAメロは、リレーのように安田さんからバトンを繋ぎ、低音が続くメロディーを丸山隆平さんと大倉忠義さんが、色気溢れる低音ボイスで歌い、(おそらく)メンバーによるコーラスが美しいハーモニーを奏でます。

 Bメロからは雰囲気ががらりと一変し、ブラスの音が加わることでさらに軽快なサウンドになり、メロディーを歌う横山裕さんの歌も軽やか。パート割が素晴らしいですね。見事にその人の特徴にあう最高のパート割です。そしてサビで爆発。頭サビと比べると、ベースやドラムなどのリズム隊を初め、随分と明るく軽快になったサウンド。歌は、錦戸亮さんの主メロに対して、おそらく残りのメンバー全員によるコーラスなのでしょうか、その厚みが凄い。高音が綺麗なファルセットで、Aメロなどが低音でしっとりとした雰囲気だったのと対照的になっています。「あきれるほどに俺だけを好きにさせてもいいよね」などなんとも大人な歌詞。メンバーも言うように今までの関ジャニ∞にはあまりなかったテイストです。後半のサビは渋谷すばるさんに主メロをバトンタッチ。かなり明るいトーンで歌い上げる渋谷さんは少し意外でした。メインボーカル2人をサビに持ってくるあたり、典型的と言えばそれまでですが、この曲には素晴らしくマッチしているなと思い、パート割素晴らしい説二つ目の根拠です。

 サビ終わりメンバーのコーラスが入るところで、音が少し落とされるものの、綺麗なハーモニーが響いたところで、再び戻ってトランペットのソロによる間奏はとてもかっこいいです。バンドで披露となれば横山さんが吹いてくれたりするのでしょうか。そして、間奏明けのBメロに村上信五さんという人選は、本当にパート割素晴らしい説を推したくなります。前のBメロが横山さんだったという、それとの対比にもなりながら、間奏明けで落ちサビ前という結構おいしいパートに、最近歌唱力の成長著しい村上さんを置くというのは素晴らしいと思いませんか。しかも、村上さんの声は本当にこういうテイストの曲によく合います。色気漂いまくりの声色に、「飲み干しちゃえばいい」と若干吐息交じりに歌うものだから、次の落ちサビにも上手くつながります。関ジャニ∞としてのバランスと曲としてのバランスとがどちらも見事に取られた素晴らしいパート割だと思いました。

 そうして落ちサビです。それまでの盛り上がりをここで一度収束させ、ピアノのみ伴奏に乗る錦戸さんの歌声は美しい。錦戸さんが高音をファルセットで歌いパッと明るくなったところで楽器の音も増え、渋谷さんの広く突き抜けるような歌に繋がります。そして最後のサビを歌うのは一周回って最初に戻った安田さん。安田さんに始まり安田さんに終わるパート割、やはり素晴らしいです。最初とは打って変わって優しさは残しつつ力強さも感じさせる張りのある歌声で最後の盛り上がりを見せます。そして最後の最後、アカペラになる「瞳を合わせた」は、初めよりもさらに優しい甘い歌声。歌声が完全に消え去ってから静かに鳴るピアノやギター、ベース、ドラムは少し寂しさを感じさせながらも優しく、素晴らしいエンディングでした。

 曲も歌詞もまさに "大人" といった楽曲。デビューから13年、キャリアも積み、年齢的にも30代も中盤に差し掛かった関ジャニ∞だからこそ歌えた、というか歌えるようになった楽曲かなと思います。パート割に関しても、これまでの関ジャニ∞らしさを残しつつ、今の関ジャニ∞だからできることも取り入れた見事なバランス。新曲が出るたびに言っているような気がしますが、関ジャニ∞の成長した今が詰め込まれた楽曲でした。

 これが披露される時は訪れるのでしょうか。近年はカップリング曲をライブで歌うことがめっきり減ってしまいましたが、ぜひ聞きたいですね。こういったジャズ調の曲をバンドで演奏というのはまだやったことがないと思うので、それも見てみたいですね。でも、歌が綺麗なので椅子に腰かけて集中して歌うのもありですね。『渇いた花』や『青春ノスタルジー』などのように、スタンドマイクで歌って軽く振り付けするのは関ジャニ∞らしくていいですよね。ノリのいい楽曲なので、意外とがっつりダンス曲にしてしまうのも手かもしれません。想像が膨らみます。ぜひ披露される日が来ることを祈っています。

関ジャニ∞クロニクルって面白い

 2015年の春からスタートしたフジテレビの土曜午後1時半から放送中のバラエティ番組『関ジャニ∞クロニクル』。他では見られない関ジャニ∞の面白い部分が、ふんだんに盛り込まれたこの番組は、昼間の番組でありながら、ファンのみならず一般の視聴者にもある程度の支持を得ている点で、関ジャニ∞の人気上昇にも一役買っているのではないかと思います。これだけ面白いのにレギュラー放送を全国放送してくださらないのが本当に憎い。見れないものは仕方ありません。いけないとは分かっていながらも某動画サイトにアクセスしてしまう日々です。だって面白いんだもん。やめてほしければ早く全国放送してください。

 とは言いつつも、こういう面白い番組は全国放送になったり、放送時間が拡大したりなど、なにかリニューアルがあると、残念なことに改悪されることがよくあります。リニューアルがなくとも、時間が経つにつれ残念な形になって結局打ち切りということもよくあります(逆に面白くなくなっているのに、なかなか打ち切られないという番組も過去にはありましたが)。その点、『関ジャニ∞クロニクル』は、3年という月日が経過してもなお、その面白さを保持しながらさらに進化を遂げている素晴らしい番組です。

 これまでの関ジャニ∞の番組といえば、ゲストを招く番組が多かったかと思います。現在放送中の『関ジャニ∞のジャニ勉』(関西テレビ)や『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日)は、どちらもゲストを招きゲストの話を掘り下げるのがメインの番組です。対して『関ジャニ∞クロニクル』は、あくまで関ジャニ∞がメイン。「関ジャニ∞が○○した結果〜だと分かった」というナレーションが入るように、関ジャニ∞が何かをすることが番組の主旨です。時にゲストも来ますが、ゲストに焦点を当てるのではなく、関ジャニ∞と同等の立場でそのコーナーに参加するという形を取っているように思います。よってゲストに気を遣っているとなかなか発揮できない面白さが全面に出ることになります。ファンとしては、関ジャニ∞がメインの番組は嬉しい限りですし、普段はライブなどでしか見られない(とはいってもライブと『クロニクル』でも多少は違うのですが他番組に比べればライブに近いという意味)関ジャニ∞の和気あいあいとした雰囲気や笑いセンスの真骨頂が一般の方々にも広く知れ渡ることになり、こちらも嬉しいことです。

  ライブという空間は、関ジャニ∞関ジャニ∞のファンのみの空間です。そこで見られる関ジャニ∞と世間一般に向けたテレビでの関ジャニ∞とはやはり違うものがあると思います。ですから、世間的に見ると本当に意外な関ジャニ∞の姿が『関ジャニ∞クロニクル』では見られると思います。例えば、渋谷すばるさんはおそらく物静かでクールでどこか近寄りがたいイメージを抱かれることが多いと思います。しかし、誰よりも笑いのセンスに長けていて実は変態キャラであるというのはファンとしては周知と事実ですが、世間的には意外ではないでしょうか。また、錦戸亮さんや大倉忠義さんは言わずと知れた二枚目キャラですが、そのイメージを覆すかのような行動の数々が番組では見られます。MC業で活躍し、ツッコミ担当でしっかりしているというイメージを持たれがちな村上信五さんも、意天然を炸裂させてメンバーからツッコミを受ける姿は他ではなかなか見られません。特に「いきなりドッジ」のコーナーはメンバーのちょっとした絡みや行動なども「性格ポイント」として取り上げられるので、ファンとしてもレアな姿が見られます。

 そんなテレビ的には意外な関ジャニ∞の面白さによって、どんどん面白くなる『関ジャニ∞クロニクル』ですが、その秘密は総合演出を務められる福山晋司さんにあるのではないかと思います。以前、福山さんがこのようなことをおっしゃっていました。

『クロニクル』では、メンバーにほとんど台本を見せていないし、あえて建て付けの甘い台本にしていて(笑)。台本からはみ出してもいいし、何なら台本をつぶしてもいい。とにかくメンバーたちには好きにやってもらおうと。

番組作りにおいては『何、これ?』という“違和感”も大切にしています。(中略)だから普通はカットするようなシーンなんですが、この番組では、そのくだりを延々と5分ぐらい見せてしまうわけです。それが『関ジャニ∞クロニクル』という番組ならではの面白がり方だと思うし、そうやって違和感のあるシーンも編集で残すから、メンバーたちも『ありのままの自分らでええんや』と思って、さらに自由に立ち振る舞うことができる。そのあたりの“あうん”の呼吸は、最近特にイイ感じになってきたかなと思ってます(笑)

 

引用元:【テレビの開拓者たち / 福山晋司】「関ジャニ∞クロニクル」演出家が語る“震災以降のテレビバラエティー” (ザテレビジョン) - Yahoo!ニュース

 こうした台本からはみ出た笑いこそが関ジャニ∞の面白さであり、それを理解して活かしてくれる福山さんがいるから、『関ジャニ∞クロニクル』はどんどん面白くなっているのではないでしょうか。思えば、ライブのMCはその時その時自由に喋っているといいますし、コントはメンバーの横山裕さんが手掛け、アドリブも満載。そうした彼ら自身から出た自由な笑いを『関ジャニ∞クロニクル』は潰さずに拾い上げています。だからこそ、他の番組では見られない関ジャニ∞の面白さが出ているのでしょう。

 番組開始から3年が経ち内容も変化した部分はありますが、関ジャニ∞の面白さは開始当初から変わらず、いや、むしろ、以前よりも増していると思います。それは時間の流れとともに、関ジャニ∞と福山さんはじめスタッフの方々との繋がりが深まることで、さらに関ジャニ∞の面白さが全面に出されるようになったのではないでしょうか。本当に改悪されることなく続く『関ジャニ∞クロニクル』は素晴らしいと思います。

 強いて言うならば、コントパートが減ってしまったのは少し残念ですかね。自由な笑いを優先させたら、ストーリーのあるコントはなかなか難しいかもしれません。しかし、俳優業も数多くこなしているメンバーですから、コントもいいものになると思うんですよね。メンバー自身で台本を作ってもいいですよね(「TOGAKI HOUSE」が若干それに近いか)。番組開始当初にあった、恋園亮(錦戸亮)と安猫田章大(安田章大)の個性の強い評論家たちの討論コント、あれ面白かったのになあ。渋谷さんと渡辺直美さんの「すばるとなーみ」や、大倉さんの「妄想ぼっちメシ」も大好きだったのですが、最近見ませんよね。そういうの、久しぶりに見たいです。それから、コントではないですが丸山隆平さんの「絶対に失敗しない男」も久しぶりに見たいなあ。

 日々進化する『関ジャニ∞クロニクル』これからもその面白さは変わらず、人気長寿番組になることを願っております。とりあえず、まずは全国放送をぜひよろしくお願いします。

 

headlines.yahoo.co.jp