それを嫌いになれないから

音楽、芝居、文学、自分が楽しめることを綴る場所

関ジャニ∞クロニクルって面白い

 2015年の春からスタートしたフジテレビの土曜午後1時半から放送中のバラエティ番組『関ジャニ∞クロニクル』。他では見られない関ジャニ∞の面白い部分が、ふんだんに盛り込まれたこの番組は、昼間の番組でありながら、ファンのみならず一般の視聴者にもある程度の支持を得ている点で、関ジャニ∞の人気上昇にも一役買っているのではないかと思います。これだけ面白いのにレギュラー放送を全国放送してくださらないのが本当に憎い。見れないものは仕方ありません。いけないとは分かっていながらも某動画サイトにアクセスしてしまう日々です。だって面白いんだもん。やめてほしければ早く全国放送してください。

 とは言いつつも、こういう面白い番組は全国放送になったり、放送時間が拡大したりなど、なにかリニューアルがあると、残念なことに改悪されることがよくあります。リニューアルがなくとも、時間が経つにつれ残念な形になって結局打ち切りということもよくあります(逆に面白くなくなっているのに、なかなか打ち切られないという番組も過去にはありましたが)。その点、『関ジャニ∞クロニクル』は、3年という月日が経過してもなお、その面白さを保持しながらさらに進化を遂げている素晴らしい番組です。

 これまでの関ジャニ∞の番組といえば、ゲストを招く番組が多かったかと思います。現在放送中の『関ジャニ∞のジャニ勉』(関西テレビ)や『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日)は、どちらもゲストを招きゲストの話を掘り下げるのがメインの番組です。対して『関ジャニ∞クロニクル』は、あくまで関ジャニ∞がメイン。「関ジャニ∞が○○した結果〜だと分かった」というナレーションが入るように、関ジャニ∞が何かをすることが番組の主旨です。時にゲストも来ますが、ゲストに焦点を当てるのではなく、関ジャニ∞と同等の立場でそのコーナーに参加するという形を取っているように思います。よってゲストに気を遣っているとなかなか発揮できない面白さが全面に出ることになります。ファンとしては、関ジャニ∞がメインの番組は嬉しい限りですし、普段はライブなどでしか見られない(とはいってもライブと『クロニクル』でも多少は違うのですが他番組に比べればライブに近いという意味)関ジャニ∞の和気あいあいとした雰囲気や笑いセンスの真骨頂が一般の方々にも広く知れ渡ることになり、こちらも嬉しいことです。

  ライブという空間は、関ジャニ∞関ジャニ∞のファンのみの空間です。そこで見られる関ジャニ∞と世間一般に向けたテレビでの関ジャニ∞とはやはり違うものがあると思います。ですから、世間的に見ると本当に意外な関ジャニ∞の姿が『関ジャニ∞クロニクル』では見られると思います。例えば、渋谷すばるさんはおそらく物静かでクールでどこか近寄りがたいイメージを抱かれることが多いと思います。しかし、誰よりも笑いのセンスに長けていて実は変態キャラであるというのはファンとしては周知と事実ですが、世間的には意外ではないでしょうか。また、錦戸亮さんや大倉忠義さんは言わずと知れた二枚目キャラですが、そのイメージを覆すかのような行動の数々が番組では見られます。MC業で活躍し、ツッコミ担当でしっかりしているというイメージを持たれがちな村上信五さんも、意天然を炸裂させてメンバーからツッコミを受ける姿は他ではなかなか見られません。特に「いきなりドッジ」のコーナーはメンバーのちょっとした絡みや行動なども「性格ポイント」として取り上げられるので、ファンとしてもレアな姿が見られます。

 そんなテレビ的には意外な関ジャニ∞の面白さによって、どんどん面白くなる『関ジャニ∞クロニクル』ですが、その秘密は総合演出を務められる福山晋司さんにあるのではないかと思います。以前、福山さんがこのようなことをおっしゃっていました。

『クロニクル』では、メンバーにほとんど台本を見せていないし、あえて建て付けの甘い台本にしていて(笑)。台本からはみ出してもいいし、何なら台本をつぶしてもいい。とにかくメンバーたちには好きにやってもらおうと。

番組作りにおいては『何、これ?』という“違和感”も大切にしています。(中略)だから普通はカットするようなシーンなんですが、この番組では、そのくだりを延々と5分ぐらい見せてしまうわけです。それが『関ジャニ∞クロニクル』という番組ならではの面白がり方だと思うし、そうやって違和感のあるシーンも編集で残すから、メンバーたちも『ありのままの自分らでええんや』と思って、さらに自由に立ち振る舞うことができる。そのあたりの“あうん”の呼吸は、最近特にイイ感じになってきたかなと思ってます(笑)

 

引用元:【テレビの開拓者たち / 福山晋司】「関ジャニ∞クロニクル」演出家が語る“震災以降のテレビバラエティー” (ザテレビジョン) - Yahoo!ニュース

 こうした台本からはみ出た笑いこそが関ジャニ∞の面白さであり、それを理解して活かしてくれる福山さんがいるから、『関ジャニ∞クロニクル』はどんどん面白くなっているのではないでしょうか。思えば、ライブのMCはその時その時自由に喋っているといいますし、コントはメンバーの横山裕さんが手掛け、アドリブも満載。そうした彼ら自身から出た自由な笑いを『関ジャニ∞クロニクル』は潰さずに拾い上げています。だからこそ、他の番組では見られない関ジャニ∞の面白さが出ているのでしょう。

 番組開始から3年が経ち内容も変化した部分はありますが、関ジャニ∞の面白さは開始当初から変わらず、いや、むしろ、以前よりも増していると思います。それは時間の流れとともに、関ジャニ∞と福山さんはじめスタッフの方々との繋がりが深まることで、さらに関ジャニ∞の面白さが全面に出されるようになったのではないでしょうか。本当に改悪されることなく続く『関ジャニ∞クロニクル』は素晴らしいと思います。

 強いて言うならば、コントパートが減ってしまったのは少し残念ですかね。自由な笑いを優先させたら、ストーリーのあるコントはなかなか難しいかもしれません。しかし、俳優業も数多くこなしているメンバーですから、コントもいいものになると思うんですよね。メンバー自身で台本を作ってもいいですよね(「TOGAKI HOUSE」が若干それに近いか)。番組開始当初にあった、恋園亮(錦戸亮)と安猫田章大(安田章大)の個性の強い評論家たちの討論コント、あれ面白かったのになあ。渋谷さんと渡辺直美さんの「すばるとなーみ」や、大倉さんの「妄想ぼっちメシ」も大好きだったのですが、最近見ませんよね。そういうの、久しぶりに見たいです。それから、コントではないですが丸山隆平さんの「絶対に失敗しない男」も久しぶりに見たいなあ。

 日々進化する『関ジャニ∞クロニクル』これからもその面白さは変わらず、人気長寿番組になることを願っております。とりあえず、まずは全国放送をぜひよろしくお願いします。

 

headlines.yahoo.co.jp

Twitterをやめて4か月

  私のジャニーズ用アカウントをフォローしてくださっていた方が、どれほどこのブログを見てくださっているか分かりませんが、Twitterをやめて4か月経ちました。

 いや、厳密にはやめておらず、いわゆるリア垢は存在しているのですが、ジャニーズ用のアカウントを削除するということは、もはやTwitterをやめたも同然のことでした。やめる前は「Twitterは絶対やめられない。やめたら生きていけない」と思っていましたが、やめてみると、ご覧の通り生きています。意外とイケてしまい、現在までTwitterなしの生活を継続できています。

 Twitterをやめる前、やめる理由を話したかあまり記憶にありませんが、やめた理由は簡単に言うと「疲れた」ということです。

 Twitterを通して、同じ人を好きな者同士、情報を共有し合い、互いの感想を言い合い、喜びを分かち合えるのが楽しみでした。ブログよりも簡単に投稿できるので、かなりリアルタイムで感想をツイートしたり、フォロワーさんとやりとりをしたりすることができました。しかし、その代わりに、投稿内容の推敲をすることが少なく、良くも悪くも思ったことがそのままツイートされる世界でした。私も深く考えずに、思ったままに良いことも悪いこともツイートしていましたし、他人のツイートが自分の気に障ることも多々ありました。

 Twitterを始めた当初は、好きなことを共有できることを楽しむ一方、嫌なものもそのままツイートするし、他人のツイートに対しても分かりやすく反応していました。謎の持論を展開してみたり、嫌いなものをとことんまで批判してみたりと、偉そうなツイートをすることが多かったです。それに共感してくれる人が増えると、今度は天邪鬼な人間になっていき、人が批判しているものを褒めちぎるようになりました。同時に批判することに嫌気がさして、嫌なものは無視、好きなものや楽しいこと嬉しいことを共有しようと思うようになりました。しかし、それによって批判している人を見るのが嫌になっていきました。特に私は、人が批判しているものを好きになることが多かったので、自分の好きなものを否定されたような気分になることが多々ありました(本当に勝手な話ですが)。

 自分の気分がたかがインターネットサービスのTwitterに振り回されているのが、馬鹿らしく思えてきて、「嫌なものは見るな」ということで、快適なタイムラインを作ろうとフォローを外したりミュートしたり、思い切ってアカウントを作り直したりと試行錯誤しました。しかし、完全に自分と意見が同じ人なんてこの世にいるはずないわけで、いくら頑張っても快適なタイムラインができませんでした。思い切ってアカウント削除を考えると、やめたときのデメリットばかりが気になり、なかなか実行に移せませんでした。私にってTwitterは、リアルタイムな情報収集手段と自分の思いの吐き出し口でした。これらがなくなることはかなり不便に感じられ、アカウント削除の足枷になっていました。

 結局はアカウント削除に乗り出したわけですが、そのきっかけは突如現れ、あっというまに実行に繋がりました。関ジャニ∞のアルバム『ジャム』が発売されてまもなく、その内容についての感想がタイムラインを埋め尽くしました。もちろんポジティブな感想もたくさんありましたが、中にはネガティブな感想もありました。それはいつものことなので目をつぶっていられたのですが、その時は少し違ったのです。ああ、なんて言ったらいいんだろう。具体的に言ってもいいのですが、あまり言いたくないんですよね。私の(というか、おそらく書いたその本人も)好きなものを加害者に捉え、好きなものを被害者に捉えたようなことを書いている方が、かなり多くいらっしゃったのです。加害者として見ている点も嫌だったんですが、それによって勝手に人の気持ちをこうだと思い込んで被害者に仕立て上げているのに腹が立ったんですよね。その後、『ジャム』とは関係ないところでも同じような構図のツイートを目にし、再び苛立ちが募りました。これ伝わっていますかね。とにかくそれを見てから、もうこんなの見ていられないと思い、アカウント削除を決意しました。

 Twitterをやめようと決意すると、弊害をどうカバーするかが問題になりました。しかし、よく考えてみると、情報収集は情報アカウントや公式アカウントなどをリア垢でフォローしたり、リストを作ったりすることであっという間に代用が可能なことに気づきました。自分の感想の吐き出し口も、こうやってブログで投稿することで、Twitterで吐くより数とリアルタイム度は減りますが、より吟味してしっかりと書くことができます。こうして、4ヶ月前、ついに長年続けていたTwitterをやめたのです。

 結果として、とてもよかったです。ブログで感想を見て回るのも楽しいですし、自分に合わなそうだなと思ったら開かなければ良いだけなので(Twitterでも上手く回避して使っている方もいるとは思いますが)以前より回避しやすく、無用な気分の変化もなくなり、純粋に好きなものを楽しめています。おかげでブログの更新頻度も増えましたし、長文を書くのも楽しいので、まさに一石二鳥という感じです。Twitterは必要に応じてリア垢で活用しているので、情報収集もしっかりできていますし、当分はこの方法でジャニヲタ生活を続けていこうと思います。

 好きなものは楽しく味わいたい。私には今の生活のほうが合っているのかなと思います。皆様もそれぞれに合った素敵なジャニヲタライフをお送りください。

 

俳優にハマるという一大事

 俳優のファンって大変ですね。

 長年、ジャニーズを応援してきた身としてはタレント一人一人のお芝居の仕事は年に1回から数回ほどだというのは当たり前。曲の発売やツアー、レギュラーのバラエティ番組など、様々な仕事を抱えるアイドルには仕方のないことです。だからこそ、応援するタレントの出演作品はすべてチェックするし(できるし)、そのタレントに出会う前の作品も気合を入れれば遡ることも容易です。言っても数が少ないので。

 そんな世界で生きてきたので、俳優さん一人の出演作品リストを見た瞬間に度肝を抜かれました。作品数が多すぎる。何クールも連続してのドラマ出演もざらにあり、時には1クールで2作品に出演したり、映画があったり、舞台があったり、俳優さんって凄い。新しい作品を追うだけでも精一杯なのに、加えて過去のものも遡るとなるとかなりの時間と労力を要します。俳優というお仕事がいかに凄いか思い知らされました。

 突然、こんな話を始めたのは、また新たな世界に踏み出しかけているからです。先日、「高橋優にハマりジャニーズ以外の世界に足を踏み入れた」という投稿*1をしたのですが、3つ目の世界に足を踏み入れかけています。芸能界って奥が深い(←違う)。しかし、この3つ目の世界になりそうな「俳優」の世界はかなりミーハーなところがあるので、今のところはゆるゆるとやっております。

 俳優さんに関しては昔からミーハーではあるものの割と好きなところがありました。ジャニーズにハマる前は上地雄輔さん大好き人間でしたし。某クイズ番組も大好きで「羞恥心」も大好きでした。この前カラオケで『羞恥心』を歌って改めて興奮しましたし。

 ジャニーズにハマってからも見るドラマ見るドラマで、いろいろな俳優さんに興味を持ちました。親世代くらい年上の方が好きで、遠藤憲一さんや椎名桔平さん、堺雅人さん大好きです。基本はギャップ萌えです。遠藤さんは、ずっと強面で笑わないかっこいい役柄のイメージがあったところへ、急に可愛い役なんかが来るとたまりません。ドラマ『民王』の息子・翔の魂が入っているときの武藤泰山は本当に可愛かったです。椎名さんは、ドラマ『謎解きはディナーの後で』で演じた風祭警部が、椎名さんを始めて認識した役でした。そのおふざけ風祭のイメージを持ったまま、映画『ワイルドセブン』を見てしまったために、娘を守るために撃たれ死んでいったかっこよすぎるセカイとのギャップに完全にやられました。堺さんはドラマ『ジョーカー許されざる捜査官』で演じた仏の伊達さんを見て、かっこいい人だと思っていたのに、ドラマ『リーガルハイ』の小見門先生のあのとんでもないキャラにまんまとハマりました。皆さん、大好きなことはもちろん、「凄い俳優さんだ」と崇めております。

 ギャップではありませんが、ムロツヨシさんは面白いので無条件に好きです。ドラマ『勇者ヨシヒコ』のメレブは第1シリーズからのファンです。NHKのコント番組『LIFE 人生に捧げるコント』も欠かさず見ています。そろそろキャラが定着してくれるといいのですが(笑)

 若い俳優さんにも興味はあります。特に菅田将暉さんです。私には7つ下の弟がおり、弟が幼稚園の頃見ていた『仮面ライダーW』を当時小6だった私も一緒になって見ていたら、フィリップ大好きになりました。だからその後、菅田さんが出演されているドラマを見かけると嬉しかったのを覚えています。特にドラマ『民王』は可愛い遠藤さんとは対照的に、泰山の魂が入っているときの翔の破天荒さが最高でした。そして翔に戻ったときの可愛さとのギャップにもやられました。ひとつのドラマであれほどまでに両極端の役柄を見られるとは『民王』は神。遠藤さんも菅田さんも瞬時に演技が切り替えられるなんて、俳優さんって凄い。

 そして私が基本的にもっともよくハマる現30代の男性陣。関ジャニ∞も高橋優さんもこの世代ですからね。最近やたらと人気な高橋一生さんも気になる一人です。彼を初めて認識したのは、またも登場しました神ドラマ『民王』です。『民王』本当に神だな。秘書・貝原の冷徹なツッコミと何とも言えないキャラクターにすっかり心奪われました。気に入った登場人物がいると、すぐ演じている俳優さんを確認する癖があるので、この時も「何この貝原!面白い!!」と思い、すぐに高橋一生という名を確認しました。その後、ドラマ『カルテット』の家森も変わったキャラクターでものの見事に虜になり、大河ドラマおんな城主 直虎』で悪役ながらも根は直虎を思いやっている政次に惚れました。どの俳優さんもそうで、当たり前のことなのですが、いくら俳優さんの名前を知っていて演技をしていない姿をテレビなどで拝見していたとしても、お芝居の中ではもうその登場人物にしか見えないんですよね。高橋さんは特にそう。いやー面白い俳優さんですよね。

 面白いと言えば星野源さんも。昨年ブームを巻き起こしたドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』で演じたプロの独身こと津崎平匡は、森山みくりを演じた新垣結衣さんに負けず劣らず可愛かったです(いやガッキーのほうが可愛いけど)。そしてNHKの『LIFE 人生に捧げるコント』でのオモえもんやウソ太郎などの吹っ切れたおふざけキャラを見事に演じられるギャップは素晴らしいです。

 こうして演じられる役柄のギャップによって、好きになった俳優さんはたくさんいますが、同時に俳優さんの凄さを感じます。途中にも所々で書きましたが、そうしたギャップを感じるほど、様々な役柄を演じられていて、なおかつその様々な役柄をそれぞれ個々の人間として視聴者が見られるのは、俳優さんの演技力があってこそです。何度でも言いましょう。俳優さんって凄い。

 それにしても、こう見ると、やはりミーハーですね(笑)他にも濱田岳さんや竹内涼真さんなども可愛くて好きです(好きになる理由がギャップまたは可愛いである問題)。そんなミーハーでありながらも、最近その熱が少し以前よりも熱くなりつつあります。なりつつあるというか、熱くなりそうな予感がしているのです。過去にも経験した何かに深くのめり込む前兆のようなものを感じるのです。

 そう思ったとき、「俳優のファンって大変ですね」と冒頭で述べましたが撤回します。俳優のファンってもしかして今より楽なんじゃね?と思いました。CDやグッズやツアーに金をかけなくてもいい。映画鑑賞費用はたかが知れているし、舞台はそう多くはないだろうし。レギュラー番組もそうそうないだろうからドラマさえ追うことができれば、時間もあまり使わないような気がする。と、ここまで書いて円盤化した時の出費がと思いましたが、そこは今と変わらず買ったり買わなかったりでよいだろうということにして、そうすると金と時間が大幅カットされること間違いなし。そして楽しい。現に今、上記の俳優のうち一人をターゲットに過去作品を漁っていますが、とても楽しい。なにこれ省エネでかつ楽しいって俳優の世界はパラダイスかよ。私ジャニヲタ辞めます!

 ...とは、ならないのが悔しくもあり安心もしているのですが、そういう別世界もアリだなと思った話でした。今のところはジャニヲタ熱のほうがはるかに熱いので、ジャニヲタ卒業の予定はまったくありません。関ジャニ∞のツアー発表を心より待ち望んでおります(メンバーの話しぶりと現状から冬ツアーはもうないですね。残念です)。

 以上、大変急でしたが、最近ハマっていることでした。ちなみに、こうなったきっかけであり、なおかつ過去作品漁りのターゲットになっているのは高橋一生さんでした。はい、ミーハー(笑)