それを嫌いになれないから

音楽、芝居、文学、自分が楽しめることを綴る場所

時代遅れの感想 ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』

 明けましておめでとうございます。この年末年始は炬燵に入ってただひたすらテレビを見るというグータラ生活を送っておりました。そんな中で見たのが再放送をしていた『逃げるは恥だが役に立つ』でした。

 2016年10月から放送されていたTBS火曜ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』。一大ブームを巻き起こしたこのドラマの初回を当時、私は見ていたのですが、その頃は受験勉強で忙しくて結局すべて見ることはできませんでした。そんな中で、どんどんどんどん話題になっていく『逃げ恥』。これはいつか必ず見なければならないと思っていました。そして、先日の一挙放送にて、ついに『逃げ恥』を見るという夢を達成しました。

 なんて可愛いドラマなんでしょう。新垣結衣さん演じるみくりの可愛さが終始溢れていて、同性の私でさえもその可愛さに思わず悶えてしまうほど胸キュンでした。星野源さん演じる平匡が、みくりの「いってらっしゃい」を聞いて悶絶する気持ち、痛いほどわかります。時々登場するみくりの妄想もみくりの可愛さ爆発でした。特にチアガールコスとバスガイドコスのミニチュアみくりは半端なく可愛かったです。10話でみくりが言ったように平匡も可愛いですよね。でも、バックハグを決めたみくりのほうが何倍も可愛かったですけど。

 そんな可愛さ満点の中に面白さもふんだんに盛り込まれていて終始楽しいドラマですね。ありえないくらい曲の垣根を超えたパロディ(海野つなみ先生の原作も読みましたが、こちらもパロディ満載でその再現力に驚きました)や、みくりの妄想も突拍子のない言動も面白いですし、恋に不器用な平匡の挙動不審な動きは面白すぎて何度見ても笑えます。そして、一番面白いのは3Iシステムソリューションズの面々。というか主に、古田新太さん演じる沼田と藤井隆さん演じる日野ですね。ふたりの会話はアドリブだったといいますし、いいキャラしている上に、面白いやり取りはお腹がよじれるほど笑いました。

 可愛さや面白さ溢れる中に、社会的な問題も取り込まれているのがこの物語のうまいところです。題材にもなっている事実婚や主婦の対価については全話通して描かれています。私の母も専業主婦で、その後、私や姉弟の進学に伴って少しずつ仕事もするようになりましたが、家事は母がやって当たり前という考えがどうしても父や私たち子どもにあって、母の負担を思い知らされました。みくりの言うように「仕事だから、対価をもらえるから、家事をきちんとこなそう」と思えるわけで、無料奉仕では上手くいかないのもある意味当然だなと感じました。その他にも文系の大学院出のみくりに働き口がないことや、雇用のグローバル化によって国内の雇用がないこと、働く女性の子育てについてなど、みくりの仕事として専業主婦をしているという状況に絡めながら何気なく触れられていました。また、石田ゆり子さん演じる百合の会社関係でも、女性管理職の少なさや、帰国子女の働きづらさについて触れられていたり、恋愛模様に絡めてゲイの人やシングルファザーの人など多種多様な人がいる様子が描かれていたりしました。その触れ方はとても自然でまったく重くなく、それでいてハッとさせられたり、考えさせられたりしました。

 EDの恋ダンスも話題になりましたが、みくり可愛いですね。それに尽きます。劇中の恰好で劇中の部屋の中にいつつも物語とは一つ切り離されたED部分は、物語がどんな終わり方であれ、楽しく終われてとてもよかったですね。だってあの10話の最後、平匡のプロポーズを「好きの搾取」とみくりが言い放ったあとでも、笑顔のみくりと他キャストの面白可愛いダンスで終われるのですから。特にこの回のEDはどういうわけかTBSアナウンサーの安住紳一郎さんが現れるし、ロングバージョンでメイキングっぽい映像も流れるし、遊び心満点で大好きです。

 もともと恋愛物語は苦手なのですが、そこは可愛さと面白さで癒され、社会問題的なところ、特に主婦について深く扱われている点においては興味と関心がいっぱいで、とても楽しませていただきました。続編も期待されていますが、もしあるならその時は今度こそリアルタイムで鑑賞したいと思います。

2017年の現場を振り返る

 今日は大晦日ですね。2017年も終わりを迎えました。そんな日ですが、ちょっとした身の上話をしましょう。

 私は地方のさらに田舎の地に生まれました。家の近くに駅はなく、イオンなどがある県内の都会な地域まで車や電車を駆使しても1時間半以上かかります。もちろん、大阪や東京みたいな大都会に安安と行けるものではなく、ライブに行くとなるともう旅行気分です。ですから、昨年までにライブに行った回数はたったの3回でした。

 しかし今年から、晴れて大学生になり、現在は都会にいます。高校生の頃に友達と遊びにイオンへ行く感覚でライブに行けるような場所にいます。さらに、一人暮らしを始めたので、親のご機嫌を伺わずとも時間は自由、バイトを始めてお金も自由。そんな幸せな大学生活のおかげで今年はジャニーズの現場へ3回、野外フェスに1回参加しました。

 話は冒頭に戻しまして、2017年も終わりということで、今年の現場を振り返ってみようと思います。今までならば年に1回行くか行かないかの現場なので振り返りようがなかったわけです。でも今年は4回も。振り返ってみたくなったのです。どうぞお付き合いください。

 「2017年は4回も」と言いつつ、そのすべては下半期です。まず7月に関ジャニ∞のライブツアー「関ジャニ’sエイターテインメント ジャム」に参加しました。関ジャニ∞のライブは実に2年半ぶり。しかも前回より席も良く、何よりライブの内容が最高でした。大好きなバンドで1時間ぶっ通し、ダンスも盛りだくさん、久しぶりの関西ジャニーズJr.のバック。久しぶりの生エイトの感動と最高のセットリストと演出への感動と色々混ざって本当に最高でした。

 続いて8月に野外フェス「MONSTER baSH 2017」に参加しました。ジャニーズにキャーキャー言っている傍ら、ロックバンドも好きで野外フェスにはずっと行ってみたいと思っていました。待望のフェスはとても楽しかったです。お目当てのアーティストだけでなく、知らない音楽との出会いもあり、何より全員が一体となって騒いで暴れて、1日ずっと楽しめるこの空間は、一度知ってしまったらもう抜け出せません。来年も絶対に参加してやろうと意気込んでいます。

 そして9月、堂本光一主演舞台「Endless SHOCK」を観劇しました。ジャニーズファンなら一度は見たい人気の舞台は、語彙力そがれて「光一さん凄い」しか言えなくなるくらいに圧倒されました。とにかく華やか。これぞジャニーズ。歌もダンスも魅せるために磨き上げられており、その一方で物語としても素晴らしい。最高のエンターテインメントでした。

 ここまで立て続けでしたが、少し空いて12月、屋良朝幸主演ミュージカル「DOG FIGHT」を観劇しました。「SHOCK」もミュージカルではありますが、あちらはショートして魅せる演出がメイン。一方「DOG FIGHT」はオフブロードウェイで上演されたまさしくミュージカル。歌の迫力、ダンスのキレ、迫真の演技、すべてにおいて惹きつけられ、ドラマや映画では味わうことのできない生の空気感に驚かされました。2015年の初演時から見たかった舞台が再演され、ついに観られたという嬉しさもも相まって、大変感動しました。

 これまででは絶対に考えられなかったスパンで年に4回もの現場を経験し、感じたことは、やはり「生」「ライブ」の良さです。映像にも映像の良さはありますが、同じ空間で同じ空気感を体感できる現場は病みつきになってしまいます。中毒性あります。危ないと分かっていても、やっぱり生で見たい!!という欲がどんどんどんどん溢れ出てきます。そんなわけで2018年もすでに4つの現場が決まっております。オタク人生数年間で3回しか経験していなかった現場を、今年一年で優に超え4回も経験し、それをまた来年は半年で越えてしまいそうな勢いです。2018年も全力でオタクやっていきたいと思います。

 今夜は紅白歌合戦、そしてジャニーズカウントダウンで、皆さま、良いお年をどうかお迎えくださいませ。

 

 

sky8ekj.hatenablog.com

 

sky8ekj.hatenablog.com

 

sky8ekj.hatenablog.com

 

sky8ekj.hatenablog.com

 

残り3か月で見始めた大河ドラマ『おんな城主 直虎』最終回にまんまと泣かされた

 ついに迷走を始めた私です。まだまだ短い私の人生ですが、そのうちのおよそ半分をジャニーズに捧げてきました。そんな私が時代劇にハマる日が来るとは、いったい誰が想像したでしょう。

 事の発端は、錦戸亮さんの来年2018年大河ドラマ『西郷どん』出演が発表されたことでした。友人に大河ドラマファン(ジャニヲタではないが私がジャニヲタであることはよく知っている)がいたので、彼女にその喜びを一方的にぶつけていたら、いつの間にやら現在の大河ドラマの話になり、逆にその面白さを力説されることになりました。キャスト陣が気になる方ばかりだったことと、ちょうどその頃菅田将暉さん演じる虎松が登場する最終章が始まったばかりということもあり、来年見始めることになる大河ドラマの予習のつもり(時代が違いすぎてあまり予習にならないことには後に気づきました)で見始めました。

 もちろん突然見始めたのでは話が全く分からないので、友人から解説を聞きながら、公式HPの『5分でわかるおんな城主 直虎』を一気に見ました。5分ということで超スピーディーに物語が進んでいく訳ですが、これだけでも十分楽しめてしまった自分にとても驚きました。時代劇というと古臭くて堅苦しいイメージがあり、物語も難しくて近づきにくいと感じていましたが、もともと日本史は嫌いではなかったですし、旬な俳優さんもたくさん出演されていて、すんなりと受け入れられてしまいました。そして、追いついた個人的初回は40回「天正の草履番」でした。最終回までおよそ10回、3か月という個人的には短い大河ドラマでしたが、すっかり引き込まれた私は最終回で大号泣(それまでにも幾度となく号泣してきましたが)。なぜもっと早くに大河ドラマと出会えなかったのかと後悔の日々で、とりあえず1回から12回はレンタルして既に視聴済みです。また新しくレンタルが開始されているので、早く借りねばと思っています。

 何がこれほどまでに私を惹きつけたのでしょうか。最初はキャストも好きな方が多かったし、物語も分かりやすくて、『おんな城主 直虎』がたまたま肌に合ったのかなと思いました。しかし、『おんな城主 直虎』を面白いと思ってから、同時進行で昨年2016年の大河ドラマ真田丸』も観てみました。こちらもキャストに好きな方が多く、何よりかなり話題になっていましたから、見る価値はあると思いました。実際に見た感想としては、物語は『おんな城主 直虎』より複雑だと感じました。理解するのにかなり時間を要しましたが、こちらも大変面白かったです。そうして大河ドラマを2作観て、おそらく戦の時代の人の情に惹きつけられたのかなと思います。

 たくさんの命が奪われることが不思議でない時代。それは現代の私たちには到底理解しにくい価値観です。しかし、そういった時代だからこその人の情というものがあるように思えて、それが私は羨ましく思えました。戦で命を落とす者は多くいて、対照的にたくさん斬り殺してきた人もいる。それが当たり前の時代でも、命の重さはいつの時代も同じで、いやその分さらに重く、むしろ人を殺したら罪に問われ場合によっては死刑にもなる現代のほうが、簡単に殺人事件が起きたり自殺したりと、よほど命を軽く扱っているように思えます。それだけ重たいものだから、政次や瀬名のように自ら差し出して大切なものを守ろうとしたり、亀之丞や虎松のように皆に必死で守られたり、直虎や家康のように本気で戦のない世を作ろうとしたりする。そういった人たちの思いは、現代とは少し違った温かさがあるなと感じました。

 それから、これは現代だってそうであってほしいのですが、上下関係の中の信頼や絆も羨ましいものがあります。政次も含めた井伊家の者たちや井伊谷の民たちらが直虎のために尽くしたり(『真田丸』だと幸村の秀吉への忠誠心)、直虎もまた皆のために動いたりする、上下関係の中で生まれる絆に感動しました。家康が万千代のことを正しく評価していたり、源太郎が井伊を名乗る万千代に理解を示していたり、上の者から下の者への優しさは、下の者にとってこれほどありがたいものはないと思います。これらのシーンで一体何度泣かされたことか。

 戦う姿が好きとか甲冑がかっこいいとか、そういった趣味ではないので、戦のシーンが少なかったという『おんな城主 直虎』ですが、戦国時代の人々の精神に触れられて、大いに楽しむことができました。とは言っても実際に見たのは1~12回と39~50回で真ん中がごっそり抜け落ちているので、まだまだ『おんな城主 直虎』の世界を堪能しようと思います。とりあえずは12月30日の総集編で改めておさらいと致しましょう。

 その傍ら、もう2週間もすれば2018年1月7日に『西郷どん』が始まります。時代は全く違いますが、時代劇という大きなくくりで考えれば、受け入れ準備は完了しました。幕末から明治の勉強をしつつ、2018年大河ドラマ『西郷どん』楽しみにしています。

 『おんな城主 直虎』私に時代劇の楽しさを教えてくれてありがとう。